メニュー 閉じる

M1 Macの音声キャプチャ設定

M1 Macでデスクトップ音声をOBS Studioでキャプチャしようとして、(Windowsと違い?)ちょっと時間かかったので作業記録のメモ。

macOSのオーディオの出力は通常スピーカー等のデバイスに出ていますが、それを分岐して、仮想オーディオデバイスにも流し、OBSにはその仮想オーディオデバイスから音をもらう、という流れにすると良いようです。

以前はSoundFlowerというアプリがあり、昔使った記憶がありましたが、M1 Macには対応していない様子。

最近は、仮想オーディオデバイスにはBlackHoleという無料アプリが良いようです。

https://github.com/ExistentialAudio/BlackHole

上記URLの「Download Installer」をクリックすると、メアド登録ページにジャンプします。

登録したメアドにインストールURLが届きます。そのURLをクリックするとダウンロードページが開きます。

複数のバージョン違いのダウンロードが出来ますが、違いはチャンネル数。今回は2chで問題ないので、2chバージョンをダウンロードし、インストールしました。

上記のように、audio MIDI 設定アプリを開きます。

左下にある「+ボタン」から、「複数出力装置を作成」を選択します。

上図のように、”macのスピーカー”と同時に”BlackHole 2ch”にも出力するように「使用」にチェックを入れます。

macの「設定→サウンド」で出力を下図のように、作成した「複数出力装置」に設定します。

macを再起動し、OBSを起動し設定画面を開くと、下図のようにBlackHoleが選択できるようになります。

作業の順番は、ちょっと曖昧ですが、これで大丈夫なはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。