メニュー 閉じる

rubyのshebang

% touch test.rb

test.rb というファイルを作成して、次の内容を書きます。

#! /user/bin/env ruby
p RUBY_VERSION

RUBY_VERSIONという定数には使用しているrubyのバージョンが入っているはずですので、実行テストしてみます。

% ruby ./test.rb 
"3.1.2"

shebangは次のようにしておけば、rbenvの設定を引き継いでキチンとrubyのバージョンを利用できます。

% cat test.rb 
#! /usr/bin/env ruby
p RUBY_VERSION

% chmod +x test.rb

% ./test.rb 
"3.1.2"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。