ディープラーニングの概要把握に最適な本!

0
Filed under
Tagged as ,

前からKindleで購入していたけど、先日出張中に読了した人工知能の本、これはかなりよかった!
Kindle Paperwhite AI 人工知能は人間を超えるか
それが、「人工知能は人間を超えるか」

なんとなく分かっていたディープラーニングの仕組みがしっかり分かり、且つ、ディープラーニングがこれからの世界でどれほどインパクトがあるものなのか、それが理解できました!
「特徴量を見つけ出す」ディープラーニングのすごさの例として「天気予報」をサンプルにした第5章は秀逸だと思います。

詳しくは引用しませんが、その他にも結構視点がニュートラルなので、これからディープラーニングとかAIとか知りたい人にはおすすめとして覚えておきたい書籍です!

思い出話

私のバックグラウンドですが、20年ぐらい前に大学在学中にいた研究室では、とある研究に「遺伝的アルゴリズム」とか「ニューラルネットワーク」とか使っていました。
ただ、それらの研究報告が「パラメータをこうしたらチョット良くなった」「ローカルミニマムに陥っているかもしれない」とかそういう進捗ばかりで、、正直そのときに感じた違和感の正体はこれだったのか!と、本書を読んで、再度確認できました。
あのときの研究で出したパラメータとかはある程度正しかったのだろうし、ローカルミニマムについてはしょうがないのだけど、それでも計算量自体が高速化、並列化されていけば人間が調整している事自体が無意味になっていくわけですし。
ただ、あの時の感覚があるから、今のディープラーニングの凄さも肌感覚として理解できているメリットもありますが。

ちょっと話がずれますが、Kindle Paperwhite、いつも室内で読んでたのですが、今回外出時に読んで、太陽光下での視認性のよさに感動しました!バックライト付けなくていいし、飛行機の消灯時とかでもバックライト付けるだけでいいし。今更だけど。

Kindle Paperwhite持って外出っていいですね!

ERROR ITMS-4088への対応

0
Filed under Xcode
Tagged as ,

Xcodeでビルド後、Archiveし、App Storeにアップロードする際に出てくるエラーに悩まされました。

20171002 Xcode Error ITMS 4088

ERROR ITMS-4088: “The organization XXXXXXXXX does not have permission to modify the application with the Apple ID 1234567890. Please try again, using an account for an organization with access to this application.” at SoftwareAssets

<環境>
– macOS 10.12.6
– Xcode 9.0

検索してみたら、“Xcode 9 GM doesn’t recognize me as part of a team (ITMS-4088)”というページが引っかかりました。

結論:reboot!

読んでみると、macを立ち上げ直せばいい、という話。
ホントかよ?と思うのですが、ホントでした!!

Xcodeって、こういうの結構多い。。
悩む前にリブートしよう、という落ちでした。

UnityにTeddyが来た!!

0
Filed under Unity
Tagged as ,

Unityのアセットに「Teddy」が来た!!

Teddy

Teddyとは、約20年前に話題になったCGのモデリングプログラムです。
3DCGのモデリングは難しい、というところに「輪郭を描けば立体化される」という画期的な仕組みです!
東大の五十嵐健夫教授(当時はどうだったかな)の研究室でつくられ、windowsで動かして「おー!」と叫んでいました。
http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~takeo/teddy/teddy-j.htm
しばらくして、そのアルゴリズムが組み込まれ、販売されたPlayStation2用のゲームが「ラクガキ王国」↓

PC/Mac用ソフトとしては「マジカルスケッチ 3D」として販売されています。

Unity Asset!

そんなTeddyが、UnityのAssetとして帰ってきました!

これは基本的にモデリングが出来ないUnityにおいて、画期的なアセットになると思います!
しかも、Unityエディタ上で使えるだけではなく、Runtime APIもあるので実行時にも使えることになります!!
これで$30は安い!(+消費税がかかります)
「俺のラクガキ王国」が作れちゃう!!?

今日のUnityお勧めアセット!

0
Filed under Unity
Tagged as ,

これはいい!というアセットを見つけて感動したので、シェアします!

スマホアプリ製作ならこれ!

Unityを使ってスマホアプリをつくる人も多いと思いますが、そのUIは、Unity GUI、通称UGUIを使って実装すると思います。
最近はフラットデザインが流行ということもあり、素材無くてもベタな色だけでデザインが出来てしまいますが、
「角丸のウィンドウとか出そうと思ったら、ちょっと面倒。。」
と思ってたときに見つけたのがこのアセットです!

Procedural UI Image

UGUIのImageを拡張したようなもので、きちんとEditor上でパラメータを設定でき、見た目を調整できるので、普通のパーツと何ら変わらないUIパーツです!

Imageを角丸にしたり、ボーダーのみの描画をできるものなんですが、シェーダーで書かれているのでリソース増大も無いし、クリーン!

ホント、これは$15だけど、サクッと買っておきました!
そして早速、制作中の製品で使っています!
速度低下が気になるゲーム系コンテンツでないなら、問題ない速度だと思います!

使ってみて

一点だけ不満が出てきた。このProcedural UI Imageで出来た形(角丸矩形)でImageをMaskしても、角丸が適用されないことがわかりました。。
うーむ。。惜しい!

マウスコンピューター/G-Tune