Firefoxでレスポンシブデザインを確認する方法

0
Filed under Firefox
Tagged as , ,

レスポンシブデザインビュー

今までPCのメインブラウザをFirefoxにしていて、ちょっとウェブデザイン的なこともやったりしていたのですが、これは知らなかった!!
「レスポンシブデザインビュー」!!
Firefox Responsive Design View
ウィンドウのサイズを変えることなくレスポンシブデザインを確認できる機能です。
結局ウィンドウを拡大縮小させればいいから、特に探したりしてませんでした。。
でも、レスポンシブデザインを実装しているとき、別の普通に見ているページまでリサイズしてしまったりするので面倒に感じていたり、場合によっては別ウィンドウで開いていたりしていたのですが、、まさか標準でこんな機能があったなんて!
ショートカットは、⌘ + ⌥ + M、コマンド オプション えむ!
レッツ!チェック、レスポンシブデザイン!

Macでネットワークの調子が悪い時の対策の一つ

0
Filed under Mac, トラブルシューティング
Tagged as ,

以前から、家のWiFi経由でのみ、一部のネットワークに繋がらない、という現象がずっとありました。
モバイルWiFiルーターとか別のネットワーク経由では繋がるので、家のWiFiルーターの設定かISPが悪いのかと思っていましたが、Macのネットワークの設定を修正したら直ったのでメモしておきます。

解決策

最初に結論。うちの場合では「”ネットワーク”環境設定」の「プロキシ」タブにある「自動プロキシ検出」、これのチェックマークを外したら解決しました!
ネットワークダイアログ 自動プロキシ検出

つながらなかったサイト

これまで「チェックが入っていた状態で、且つ、家のネットワーク(JCOM)を使っていた」のですが、この組み合わせでダメだったネットワークとは次のようなものがありました。

  • iTunes Connect(アプリ開発では必須のサイト!)
  • Slack(Macアプリのみ、ウェブブラウザからは大丈夫だった)
  • iTunesのCDDBサーバー(CD情報を取得できない)

特に最後のとかは、逆に「チェックを入れたほうが良い」という情報もあるので、不思議な感じですが、うちの場合は逆でした。

快適〜!

いやー、これまでのモヤモヤしていた感じが解決してすっきりぽん!ですわ!

WordPressをサブディレクトリにインストールしたときのメモ

0
Filed under WordPress
Tagged as

レンタルサーバ等で、WordPressをサブディレクトリとして公開したいときの設定にハマったので、解決方法をメモしておきます。
例えば、下記のようなドメインで公開したい、という時の話になります。
http://my_account.sakura.ne.jp/blog2/
いろいろな設定が必要だとは思いますが、私のケースで、最後までわからなかったところです。。

.htaccessのrewrite設定

WordPressを入れた時に.htaccessの初期設定は下記のようになっています。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
 
# END WordPress

これを上記の場合(http://my_account.sakura.ne.jp/blog2/)は下記のように修正します。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /blog2/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /blog2/index.php [L]
</IfModule>
 
# END WordPress

RewriteBaseと、RewriteRuleの2箇所を修正しています。
分かってしまえば簡単ですが、、個別のページが表示されない(Not Found)となってしまうのに、トップは表示されたりして、結構ハマりました。

RICOH THETA Sと併せて買いたいアイテムメモ

0
Filed under ガジェット
Tagged as , ,

RICOH THETA S

RICOH THETA Sが去年末に発表されましたが、VRコンテンツ制作の可能性を広げるガジェットとしてTHETA m15に続き購入していました。

これは第3世代目のTHETAで、基本的な形は前2世代と同じですが、中身がかなり変わった最新版です。

新宿南口 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


撮像素子が大きくなり、レンズも再設計されたとのことで、実際使ってみても、若干暗めのところで撮影した時に旧機種(m15)に比べて綺麗さが際立つ気がします。
そんなRICOH THETAですが、本体だけでは、ちょっと使いにくいのが現実。買ってよかったアクセサリ等を紹介したいと思います。

ケース

THETA Sを買った人に一番のオススメはこのケース!

m15のときには付属ケースを使っていたのですが、THETA Sの付属ケースはm15より質感が落ちた上に、本体もマットな質感になりケースの出し入れが大変になってしまいました。。
しかし、このぴったり入るケースは出し入れに便利な上、レンズ保護/レンズクリーナー的な役割も果たすので、本当に役にたっています!
オフィシャルでサポートするべきアクセサリですよ!
「今回紹介するアクセサリーの中で一つだけ買うとしたら?」と聞かれたら、オススメするのはこれです!

ミニ三脚

THETAの底面は平らになっているので、普通のテーブルとかであれば立てることは簡単です。
ただ、レンズカバーがむき出しなので倒れたら傷がついてしまうのがとても怖い製品。
ということを考えると小さくて使い勝手の良い三脚が欲しくなります。

これでちょっとしたところであれば安心して置いたまま、スマホで撮影できるようになります!
手軽に雲台をロック/ロック解除できるのもポイント高いです。
Manfrottoというメーカーの安心感もありますね。

グリップ付き一脚

THETAを手持ちで取ると手が入るし、どうしても自分自身が大きく入りがちになってしまいます。
そこで欲しくなるのがセルフィー棒のように手持ちで遠くもっていけるグリップ付き一脚。

類似品の中でもこの「monopod グリップ付き一脚」は、グリップの下にも三脚穴があるから、三脚の上に延長一脚として使うことが出来るというのが最大の特徴です!
ちょっと高めの位置で撮影したい場合、大きめの三脚でも良いのですが、THETAの場合どうしても写ってしまう三脚の脚はなるべく小さくしたいので、上記のような小さめの三脚と組み合わせると便利です!

ストラップ

首から下げる派の人にオススメなのが、このストラップ。

先端が三脚穴にはまるので、しっかりTHETAに固定され落下防止となります。
THETA用というか、コンデジとかでも使えるので、一つ持っておいて損はありません。

その他


これは購入したきりでまだ試していませんがこういうので、自転車とかに固定すると面白い絵が撮れそうです。


これは未購入ですが、屋外でインターバル撮影をやるときには欲しいですね。
このケースがどう画質に影響するかは気になるところですが、オフィシャル製品だから大丈夫なのかな。