Tag Archives: twitter

twitterのタイムラインを取るrubyスクリプト

1
Filed under Ruby, ウェブサービス
Tagged as ,

twitterのタイムラインをガッツリ取得して、ローカルでそのデータをゴニョゴニョしたいな、と思いついて、ちょっと調べたら、簡単そうなライブラリがrubyにあることを知ったので、試してみました!

ruby用twitterライブラリ

ruby用twitterライブラリの存在を知ることが出来たのは、このページ「Greenbear Laboratory – Ruby Twitter Gem簡易リファレンス」のおかげです。このページを参考に作業を進めていきます。
その前に、次のコマンドでRubyGemsでtwitterに関係したライブラリを検索してみます。

$ gem search -r twitter
 
*** REMOTE GEMS ***
 
atok-twitter (0.1.0 x86-mswin32)
bcms_twitter_module (1.1.3)
devise-twitter (0.1.1)
(…略)
sml-twitter (0.7.3)
teejayvanslyke-twitter (0.6.11)
twitter (1.1.1)
twitter-auth (0.1.22)
twitter-auth-with-mongo-mapper (0.1.1)
(…以下略)

たくさん見つかりました!
atok-twitterなど気になるものもありますが、今回使うのは、最初に表示されたtwitterライブラリ(http://twitter.rubyforge.org/)。現在のバージョンは1.1.1の様子ですが、これをインストールします。
最新版をインストールするので、次のようにコマンドを叩きます。(Mac OS Xなので、sudoで実行)

$ sudo gem install twitter

寄り道:RubyGemsのアップデート

簡単にインストール出来た!と思ったら、自分の環境の場合、RubyGemsのバージョンが古いと言われましたので、次のコマンドでアップデートしておきます。

$ sudo gem update --system
Updating RubyGems
Updating rubygems-update
Successfully installed rubygems-update-1.4.2
Updating RubyGems to 1.4.2
Installing RubyGems 1.4.2
RubyGems 1.4.2 installed
File not found: README

OKだったみたいなので、再度上記コマンドを実行し、twitterライブラリをインストールします。

twitterライブラリを試してみる

問題なくインストール出来たら、下記のようなテキストファイルを testTwitter.rb として作成します。

1
2
3
4
require "rubygems"
require "twitter"
 
puts Twitter.user_timeline("octi").first.text

これで、上記テキストファイル保存し、次のコマンドを入力して実行してみます。

$ ruby testTwitter.rb
tweet for my test. (テスト中)<←ここに"octi"の最新のツイート>

出来ました!タイムラインを取るのは超簡単ですね!

その他の使い方や、詳しいライブラリリファレンスはこちら(http://rdoc.info/gems/twitter)

上記タイムラインの内容

上記メソッド Twitter.user_timeline で取れるのはつぶやきの配列(Array)なのですが、その1要素の中身を出力してみます。
このような使い方に便利なのはppメソッド。下記のコマンドの出力結果を、最後に記載しておきます。

1
2
3
4
5
require "rubygems"
require "twitter"
require "pp"
 
pp Twitter.user_timeline("octi").first

[AD]

↓Rubyでtwitter botを作る本。OAuth対応らしい。この本を参考にして、時間が空いたときに一つぐらいbotをつくっておきたいと思っています。

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせる

出版社:イーグルパブリシング( 2010-07-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 16,185

単行本(ソフトカバー) ( 192 ページ )

ISBN-10 : 486146188X

ISBN-13 : 9784861461880



↓ppメソッドで出力した結果。
Read More »

「稼げる超ソーシャルフィルタリング」読了

0
Filed under Google,
Tagged as , , , , ,

ホリエモンの「稼げる超ソーシャルフィルタリング」を読了。

稼げる 超ソーシャルフィルタリング

著者/訳者:堀江貴文

出版社:青志社( 2010-04-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,080

単行本 ( 160 ページ )

ISBN-10 : 490385387X

ISBN-13 : 9784903853871


良くも悪くも、タイトルと目次から期待できる通りの内容。
3つの章立てにそって感想をまとめてみました。

第1章:Twitter

この章タイトルの”Twitter”は釣りキーワードだが、Twitter中心に据え、iPhone/iPadなどのツールが出てきた今、情報収集はどのようにすべきか、という考え方について書かれています。
ちなみに本書で一箇所だけ付箋を貼った箇所はこの章でした。

「みんなで力を合わせて仕事する」という形態が、会社のようなトップダウンで物事が決まっていくヒエラルキー構造の組織ではなく、もっと個人同士がコラボレーションし合うフラットな組織が多くなってくるのではないだろうか。そうなると個人個人のリテラシーがより重要視される。
だから個人のリテラシーと能力を高め、会社に頼らなくても自分のスキルを高めていけるような生き方をしないとならなくなるだろう。

私も何となく感じていたことだが、ここではっきりと文字にされていたので、自分の意識を明確にすることが出来ました。

第2章:Gmail

Gmail への移行方法と、フィルタの使い方と、ショートカットについての記述。
数年前からGmailをメインにして、フィルタも設定して、受信トレイには 10通以下をキープする仕組みを実践しているような人(私)には必要ないかな。
実は一番期待していた章だったんだけど、あまりに変なハックは使ってないみたいで残念でした。

第3章:メーリングリスト

メーリングリストについては私も10年くらい前にあれこれ考えて、そのときの結論は「使わない」になり、それ以来、安易に仕事で使うことにはかなり抵抗があります。
もちろん代替するものを準備するわけですが、ホリエモンは積極的にメーリングリストをまだ使っているのかな?前作のコピペ?
ちなみに、個人的にはwiki的ツールがいいと思っています。
更新情報を PUSHして欲しい!というのであれば、そこの編集通知を送るようにするという方法もあるし、それでいて一覧性があるから。
メーリングリストの最大の欠点は、『自分が書いたメールは必ず読んでくれている、という前提があるのに、他人が書いたメールが多くなると読まなくなることがある』、ということだと思っています。
まぁ、どんなツールを使おうと使う人のリテラシーが一番大事、ということには代わりがないかもしれませんが。

自分の場合

というわけで、本書では、その章タイトル通り、以下の3点を満たしている人は余り得るモノがないでしょう

  • Twitter を使いリストを使いこなしている
  • Gmailを使いフィルタ設定を行っている
  • メーリングリストを使いこなしている

いつからかライフハック系の書籍や情報はほとんど目を通さなくなったので、久しぶりにこういう本を買いました。もちろん、「ホリエモン」という名前に期待して、だったのですが。
結局、特に取り入れてみよう、と言うこともなかったので、自分の情報処理方法は割と最適化されているのかな、と思うことにし、またしばらくライフハックというバズワードを避けて歩くことにしよう。
情報処理も大事だけど、今は自分の中で考えを練り上げていくところに時間を使いたいですし。


[AD]

↓ホリエモンの著書の中では、これを買って読んでおきたいと思っています。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↓そういえばこのwiki本を読んでいなかった!評判良いなぁ。

ウィキノミクス

著者/訳者:ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ

出版社:日経BP社( 2007-06-07 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,400

単行本 ( 504 ページ )

ISBN-10 : 482224587X

ISBN-13 : 9784822245870