Tag Archives: svn

Mac向けsvnクライアントはRapidSVNで決まり!

5
Filed under Mac, Subversion, 仕事ツール
Tagged as , , , , ,

subversionクライアント、WindowsではTortoiseSVNがデファクトスタンダードの座を譲りません。いや、実際Explorerと一体化した使い勝手はホント便利ですからね。
翻って、Mac OS Xです。
こちらでもsubversionクライアント環境を整えたいと思い、あれこれ試してみた話です

Mac OS X 10.7 通称Lionでは、現在のRapidSVN(バージョン(0.12とか0.13))は動作しません。Ed Danleyという方が移植しようとしているようですが、すぐには出来なさそうです。Ed、ガンバレ!!自分も余裕があれば是非移植したいのですが、、時間が全くない。。誰かヘ〜ルプ!(2011/08/15更新)

SCPlugin?

SCPlugin、というMac用アプリがあります。これをインストールして、Finderのウィンドウ上部にそのアプリのエイリアスを置いておけばかなり便利です。
ただ、今の状態とか一見して分からない。ここが致命的。
ターミナルで “svn up”とか打っていても、いいんですが、何かいまいちだな、と思っていました。
で、Xcodeからやってみたり、あれこれ試してみたり、みなかったり(有償のものは基本スルー)したところ、RapidSVNが最高じゃないか?というところに落ち着きました!

RapidSVN!

このアプリ、全然その名前が世の中に出てきていない気がするのですが、いやはや、これ、かなりいい感じですよ!

RapidSVNは、オープンソース(GNU GPL v3)なので、無料で使えます。
GUIはwxWidgetsということで見た目は正直100点じゃありませんが、C++で書かれていることもあり、十分な速度と、使い心地を提供してくれます!

RapidSVNの場合、特殊なリポジトリ管理をする、ということではなくて、単にブックマークを管理するという仕組みなので、やるべき設定はとてもシンプル
作業コピーのブックマークを追加するだけでOK。
『ブックマーク(B)』メニューから『既存の作業コピーを追加(A)…』で、すでにSubversion管理されている作業コピーの好きなディレクトリを指定するだけです!
subversionの特徴として各ディレクトリごとに個別管理されている、ということがあるのですが、そのどこにでもブックマークを付けられるのです。

補足(2011/02/07)

2009年にリリースされた最新バージョンの0.12.0では、Subversion 1.6.5用にビルドされていますが、Subversion 1.2.3以上であれば問題なさそうです。
上記オフィシャルサイトのwikiが荒らされてしまったのですが、ちょっと前のページはHistoryから見れますので、詳細を見たい人はそちらか見てください。
あと、Tigris.org内のサイトのほうがいろいろ詳細は揃っていまし、ソースもあります。
2009年Q4に予定されている0.14も出てきていないので開発は止まってしまったかもしれませんが、このプロジェクト内のSvnCppというSubversionのC++ APIライブラリを使ってオリジナルのクライアントをつくってしまうのもありかもしれません!(GPLですが)

差分ツール DiffMerge

差分ツールとして自由に設定できるはずなのですが、私の環境ではFileMergeを指定してもうまくいきませんでした。
そこで、RapidSVNのページでも紹介されていたDiffMergeを設定しました。

ダウンロードしてきたdmgを開き、DiffMerge.appをアプリケーションフォルダにコピーします。
次に、dmg内の CommandLine/diffmerge.sh を /usr/bin/ とかパスが通っているところにコピーします。
これで、ターミナルで下記のように入力すればDiffMergeを使えます。
% diffmerge file1.txt file2.txt
これでDiffMergenのインストールは完了です。
最後にRapidSVNの設定を行ないます。
『RapidSVN』メニューの『Preferences…』を選び、『プログラム』→『比較ツール』を選びます。
そして、/usr/bin/diffmerge.sh を設定し、引数に『”%2″ “%1″』と入力します。
これで差分が見れるようになります。
ただ、日本語が化けるのですが、DiffMergeの設定ではうまくフォント切り替えが出来ませんでした。そこは我慢することにして、作業完了です。(フォントパネルが一瞬で閉じてしまう…。どうにかしてフォント設定できないかな?)

RapidSVNショートカットメモ

最後にRapidSVNでよく使うショートカットをメモしておきます。

  • フォルダ、ファイルを選択して ⌘+U で更新(Update)
  • フォルダ、ファイルを選択して ⌘+↩ でコミット(Commit)
  • フォルダ、ファイルを選択して ⌘+V で元に戻す(Revert)
  • ファイルを選択して ⌘+H でリポジトリの最新(Head)とローカルの差分を見る

[AD]

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↓Redmine+Subversionを使ってチケット駆動開発!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↓テストの自動化や、継続的開発について書かれており評判も良いみたい。この辺り、自分も知識不足なので本書で学びたい!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

↓BTキーボードがあれば、ノートで開発していても手元の暑さから開放され、開発の集中力が途切れない!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

TortoiseSVNアップデートでトラブったら、、

0
Filed under Subversion, トラブルシューティング, 仕事ツール
Tagged as , ,

TortoiseSVNのアップデートについて、ちょっとトラブったのと、それが解決したので、そのメモです。

コンテキストメニューに出てこない!

以前、1.6.9から1.6.10にしたときにコンテキストメニューに全く出てこなくなり、使い物にならなかったので、すぐに1.6.9に戻していました。
で、最近、1.6.11が出て、今回は大丈夫だろうと思ってインストールしてみたのです。
すると、、、やっぱりコンテキストメニューに出てこない!

一度でダメならもう一度!?

でも、すぐに戻すのも悔しいのでネットで検索してみました。
すると、こんな情報を発見!

よくみるとダウンロードページに「インストーラーを2回実行して、2回目のときは『修復』を使え!」とか書かれているようです。

 [TortoiseSVN]バージョンアップしたら日本語パックがチェック通らない!⇒また【修復】で回復。 – Project Note
これは1.6.10のときにRelease Noteに書かれていたようです。
藁をもすがる思いで、もう一度インストーラを起動、そして、Repairを実行してみました。
すると!!なんとうまくいったではありませんか!
マジカヨ!!


[AD]

↓Subversionの本ではこれが評判いいですね!

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

著者/訳者:Mike Mason

出版社:オーム社( 2007-04-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,808

単行本(ソフトカバー) ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4274066800

ISBN-13 : 9784274066801


↓TortoiseSVNとRedmineの連携について書かれているようです!

オープンソースによるプロジェクト管理入門

著者/訳者:ファーエンドテクノロジー株式会社

出版社:秀和システム( 2010-02-12 )

定価:

単行本 ( 352 ページ )

ISBN-10 : 4798025208

ISBN-13 : 9784798025209


colordiffで違いが色づく

1
Filed under Subversion
Tagged as , ,

svnのdiffコマンドがそのままでは見にくいのだが、これに色を付けることができるcolordiffというのがあるらしい。以下はそれをインストールして使用するまでの顛末です。

MacPorts

まずはこれをインストールします。
これは様々なコマンドなどパッケージとして配布されているものをダウンロードしてインストールする仕組みのクライアントコマンドです。PerlでいうところのCPAN、RedHat Linux系のrpmとかと同様な仕組みです。
もともとDarwinPortsと呼ばれていたらしいが、Darwinプロジェクトが終了した現在ではMacPortsという名称に変わっているようです。

こちらにSnowLeopard用インストーラも配布されているので、ダウンロードしていつもの要領でインストールします。
私の環境では、以下の場所にportコマンドがインストールされました。
/opt/local/bin/port

colordiffをインストール

MacPortのコマンドを使えば簡単にインストールは完了します。
以下のようなコマンドを入力し、sudo用のパスワードを入力すれば無事完了すると思います。
$ sudo port install colordiff

diffを置き換え

次にsubversionで使用するdiffコマンドを置き換える設定を行います。
~/.subversion/configファイルの中の、以下のような場所(だいたい50行目辺り)を探し、1行追加して完了。
# diff-cmd = diff_program (diff, gdiff, etc.)
diff-cmd = colordiff

使ってみる

svn diffで比較してみると、下図のようにコンソール上に色付けされたdiffの結果が表示されています。かなり分かりやすくなります!
colordiff

参考サイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

svnをコマンドラインで使う

0
Filed under Subversion
Tagged as , ,

最近のMac OS XではSubversionが最初からコマンドに組み込まれているようなので、コマンドラインから使用してみる練習をしてみます。

作成

まずはリポジトリを作成します。/svn-prj というリポジトリを作成します。
svnadmin create /svn-prj

チェックアウト

次に、リポジトリから作業ディレクトリにチェックアウトします。
svn co /svn-prj prj
このとき、出力先のprjを作っておかないと、自動的にルートディレクトリは作ってくれません。

ディレクトリの追加

作業ディレクトリで作ったディレクトリ”hoge”を追加します。
svn add hoge/
しかし、上記のように入力とすると、hoge/以下のすべてのファイルがaddされてしまいます。
しまった!と思ったら、次のように入力すると、add予約が取り消されます。
svn revert --depth infinity hoge/
hoge/ディレクトリのみをaddし、hoge/以下のファイルをaddしたくない場合には、次のようにコマンドを入力します。
svn add -N hoge/
-Nというのは–non-recursiveのショートカットらしいです。

コミット

この後、commitコマンドを入力すると、無事”hoge”ディレクトリのみがバージョン管理に追加されます。(ディレクトリ内のファイルは追加されません)
svn commit -m "add hoge"

追加の状況をログで見る

続いて、先ほどのログがきちんと行われているかどうか、ログを見て確かめてみたいと思います。ログを見るのは次のようなコマンドになります。
svn log hoge/

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

著者/訳者:Mike Mason

出版社:オーム社( 2007-04-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,808

単行本(ソフトカバー) ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4274066800

ISBN-13 : 9784274066801