Tag Archives: SocialGame

Hello New Year! Goodbye FarmVille.

0
Filed under facebook, games
Tagged as , , ,

あけましておめでとうございます!
去年の秋からいろいろ考えていることがありまして、今年はもっと自分の時間をコントロールしていくために、FarmVilleをやめることにしました。

Level 96

いきなりやめるよりも、自分の中に区切りを作ったほうがいいかなと思い、レベルが100に到達するか、2011年末でやめようと考えていました。
結局レベルは96までしかいきませんでしたが、2011年が終わりましたので、ここで一旦FarmVilleを終了します。Neighborとなってくれた方々ありがとうございました。

2 years

最初にプレイしたのが2009年の年末なので、トータルで2年チョットやっていたことになります。

この2年の間にzyngaもウノウを買収したり、2011年末にはIPOしたり、といろいろと変化があったりしましたが、当時見てたFacebookアプリのアクティビティ調査サイトもサイト名が変わっていたりしました。


このサイトを見ると、2012年1月2日でMAUが33,900,000と、アクティビティが2年前の半分位になっていますが、それでも大きなサービスであることは間違い無いですね。
zyngaはランキングでFarmVilleよりも上にある、CastleVilleやCityVille等も継続してリリースしているのがやっぱり数とスピードの強さですね。体裁を考えて練って練って数年に1本というリリースペースを行なっている企業とは違います。
IPO後、価格が微妙に下がっていますが、まぁ、期待値が高すぎたというのはあると思うので、一旦下がった後はそれほど下がることもないのではないでしょうか。

0 doller

リアルマネーを使うことでサクサクと農作物をつくることが出来る仕組みなのですが、私は結局リアルマネーは全く使わなかった。
レア作物は入手出来なかったけど、それ以外は大抵地道に進めることで対応できたし。
FarmVilleはバランスがいいのかもしれない。

2 points

そのバランスの良さについてもいろいろ考えてみたいとは思っていましたが、あまりうまくまとめることも出来なさそうなので、気になる2点だけピックアップしておきたいと思います。
一番重要だと思ったのが、ソーシャルゲームと呼ばれるものでだいたい入っているのですが、次のプレイ時間を考える仕組み。FarmVilleで言うと農作物が出来上がり、収穫可能になる時間。さらに言うと、放っておいたときに枯れるまでの時間。このゲームの面白さ、継続性とかはいろいろ考えるべき所があるとは思いますが、やっぱりこれが一番重要じゃないでしょうか。
あと、UIの使い勝手の悪さ、レスポンスの悪さは、あえてあのような出来にしているのかもしれない。という仮説を考えていたのですが、これはちょっとあまり考えが煮詰まりませんでした。ただ、苦労した感じを与える、というのはゲーム性、継続性に必要な要素かもしれない、と思っています。
この2点は同様のサービスを作っていく人は考えておくべきでしょう。

4 farms

現在、FarmVilleでは、4つの地域で農場を作ることができるようになっています。
まさかこういう展開でゲーム性の確保をするとは思いませんでしたが、MMOとかでもよくある新シナリオだと思えば納得のシステム。数年は持ちそうですね。
一番面白いのは、日本で普通に英語を勉強していたらなかなか出会えない言葉が多いこと。農作物、植物系の単語に偏った知識が増えていきます。
最後に現在の農場の様子をスクリーンショットを載せてFVとお別れしたいと思います。

Read More »

facebookのニュースフィード

1
Filed under facebook
Tagged as , ,

facebookアプリ

facebook、以前から登録そのものはしていたのですが、周りにアクティブに使っている人もいないことから自分もほとんど使っていませんでした。
しかし今年の8月から始まったmixiアプリがなかなか面白く、Socialゲームについて考えるようになってから、facebookにはもっといろいろなゲームがあると聞き、久しぶりにfacebookにログインし、とりあえず目についたものからアプリを試してみることにしました。
すると、同じくらいのタイミングで、昔は一緒に働いていた方も同じようにfacebookアプリでゲームをやっていました。そのこともモチベーションになり、今ではfacebookはゲームプラットフォームだと思うぐらいになっています。
というわけで、facebookで気になったゲームや仕組みについてメモエントリを残していくことにします。

facebookアプリ市場規模は、mixiアプリの10倍以上

mixiアプリでもっとも人気があるサンシャイン牧場のユーザー数は265万人(2009年11月12日現在:mixiアプリwatcher調べ)ですが、一方、facebookアプリでもっとも人気がある(ツールをのぞく)アプリはFarmVilleでは、1日のユニークユーザー数が2400万人(2009年11月12日現在:Facebook Application Leaderboard調べ)と、mixiアプリの約10倍の規模なのです。
facebookアプリをやらないにしても、mixiアプリを作ったりするためにも非常に参考になることが多いので、積極的にfacebookを使っていきたいと思います。
もし、facebookアプリを楽しみたいが、friendが少ないから、ということで困っている人がいましたら手伝いますので、是非friend申請してください。ゲームでFriendが多い方が便利だから、というだけでもOKです。botっぽくなければ(facebookにbotアカウントがあるかどうか知りませんが)、無条件でFriendになりますよ。

Facebook-profile

facebookのHome画面

facebookの基本画面「ホーム」の見方についてちょっとだけ説明しておきます。
Facebook-home
「ホーム」画面の真ん中にある一番大きなエリアがあります。私は、「ニュースフィード」と呼ばれるこのエリアがfacebookの肝である、と考えています。
いまなら自分の最新状況を公開するツールとしてtwitterとかあるのですが、このエリアはfacebookのtwitterタイムラインと思っても問題ありません。
自分に関する情報(友達の更新情報とか、アプリの情報など)がこのエリアでどんどん更新されます(iPhoneのfacebookアプリからも更新できます)。
Twitterと違うところは、facebookではfacebookアプリも積極的にこのエリアに自分が使っているところです。
mixiでいうところの、「ボイス」「アプリ更新情報」「最新日記情報」が全て一緒の枠内で表示されているのです。
facebookでもmixiのように、それぞれの更新情報を別々に見ることは出来るのですが、正直facebook方式のごちゃまぜ方式に慣れると、こちらの方が使いやすい。mixiでは、「あっち見て、こっち見て」という視線移動や画面スクロールを必要としますが、それがないからだと思います。
一つにまとめてしまえ!というおおざっぱ感がいい方向に出ているのですが、こういうのは、開発者が属する文化の違いですね。
最近、GREEがPC版のデザインを大きく変えて、それがtwitterに似ているといわれているのですが、あれはどちらかというとtwitterというよりも、facebookの方向性にシフトしたのだと思います。

正直、facebookアプリをやってからは、mixiアプリが出る前にもっといろいろやっておけば良かったとちょっと後悔しています。


[AD]

facebook完全活用本

著者/訳者:田中康英 フェイスブック研究会

出版社:青志社( 2010-06-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,260

単行本 ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4903853934

ISBN-13 : 9784903853932


ソーシャルストリーム・ビジネス Twitter、Facebook、iPhone時代の消費者を巻き込むビジネスの新ルール

著者/訳者:株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ

出版社:インプレス( 2010-07-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 5,088

単行本(ソフトカバー) ( 288 ページ )

ISBN-10 : 4844328956

ISBN-13 : 9784844328957