Tag Archives: OS X

Xcode集中連載(2):Xcode 4.3以降のインストール、アンインストール

1
Filed under Xcode
Tagged as , , ,

Xcodeについての集中連載第2回。
今回のエントリは、4.3以降のXcodeのインストール、アンインストール手順について書いています。

Xcode 4.3.x インストール

前回も書いたように、Xcodeは、4.3で大幅な開発環境の構造改革を行いました。
一番の特徴は、それまで全てを持っていた /Developer ディレクトリが無く、ほとんどのツールやデータがApplicationsディレクトリ内の、Xcode.appの中に移動したことです。
4.3以降のものも下記ダウンロードサイトからダウンロード可能です。

アプリのパッケージ内に全てがあるため、ダウンロードしたディスクイメージを開いてみると、ゴロンとアプリが置いてあるだけのシンプル構造!

これをApplicationsフォルダにコピーすればインストール完了

Xcode 4.3.x アンインストール

で、簡単にインストールできたXcodeですが、アンインストールはどうすればいいのでしょうか?
アプリファイルを削除すればいいだけだとは思いますので、アプリを削除すればいいのですが、関連ファイルが本当に消えているのか?という心配が残ります。
そこで便利なのが、AppCleanerというアプリ。


FreeMacSoft – AppCleaner

Xcodeにかぎらず、Macにインストールされたアプリを削除したい場合、このアプリで開いたウィンドウに削除したいアプリをドロップすると関連ファイルを探してくれ一緒に削除できるのです。
Xcodeの場合もこれで大体問題ないと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ

[AD]

Xcode 4ではじめるObjective-Cプログラミング

著者/訳者:大津 真

出版社:ラトルズ( 2012-01-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,110

単行本(ソフトカバー) ( 344 ページ )

ISBN-10 : 4899772998

ISBN-13 : 9784899772996


はじめてのXcode4プログラミング

著者/訳者:まえだひさこ 佐藤 伸吾

出版社:インプレスジャパン( 2012-05-24 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,808

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 484433204X

ISBN-13 : 9784844332046


Xcode集中連載(1):Xcode 4.2.x以前のインストール、アンインストール

1
Filed under Xcode
Tagged as , , ,

ちょっとした作業のため、Xcodeをアンインストールしたり、インストールしたりしまくりました。
その過程で調べたXcode関係のメモを、連載として何回かのエントリにかけて書いていきたいと思います。

連載第1回の今回は、「バージョン4.2.x以前のXcode」について書いています。

Xcode 4.3 での大変更について

Xcodeは、4.3で大幅な開発環境の構造改革が行われました。
4.2.xまでは開発環境のインストール時点でルート直下に /Developer フォルダを作り、そこに各種ライブラリやツールがあったのですが、 4.3 で全てが Xcode.app 内に入ってしまいました
それまで /Developer/ となっていたものは、 /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/ を基本としています。(アプリやツールのパスは違ったりしています)
こういうことでXcodeのバージョンの差異によりネットで拾ってきた情報が使えたり使えなかったりしますし、また、このことを念頭に置いて考えると解決することが多々ありますので、是非覚えておきましょう。

Xcodeのダウンロード先

最近のXcodeはMac App Store経由でインストーラをダウンロードできますが最新版しかありません。
しかしAppleの開発者サイトでは、ほとんどのバージョンをダウンロード可能であり、Developerサイトにログインした状態で、下記リンクに行くとファイルリストがあります。


2006年のバージョン1からありますし、App Storeでリリースするようになった4.2以降のバージョンもありますので、このリンクを覚えておくといいでしょう。

Lion で古い Xcode 3.2.6 をインストールする

Mac OS X 10.7、通称Lionに、「Xcode 3.2.6 for Mac OS X 10.6 and iOS 4.3」を上記サイトからダウンロードして普通にインストールすると、ちょっと問題が出てきます。
/Developer以下にいろいろインストールされるはずなのですが、/Developer/Applications/Xcode.appなどが見つからないのです。
下記のページを参考にして見るとインストールする方法が分かります。

手順は以下のとおりになります。

  • インストーラのディスクイメージをダブルクリックで開く(マウントする)
  • Terminalで下記コマンドを入力する
$ export COMMAND_LINE_INSTALL=1
$ open "/Volumes/Xcode and iOS SDK/Xcode and iOS SDK.mpkg"

これでインストーラが開き、そのままインストールを続けるとアプリもインストールできます。
既存プロジェクトを開いたときにエラーが出て起動しない場合、後述するアンインストール処理をしてからもう一度インストールしてみるといけるかもしれません。(私の環境で発生しました)

Xcodeをアンインストールする(4.2以前)

4.2より前のバージョンは、/Developer/Applications/Xcode.app という構成となっています。
次のようにコマンドを入力し、このインストール環境にあるアンインストールスクリプトを実行します。

$ sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all

これだけで完了です!
もし、上記パスにuninstall-devtoolsが無い場合、このスクリプトは下記のスクリプトを実行しているようですので、直接これらを使ってもよさそうです。

$ /Library/Developer/Shared/uninstall-devtools
$ /Library/Developer/4.1/uninstall-devtools
$ /Developer/Library/uninstall-developer-folder

おまけ:過去のXcodeエントリ

以前に書いたXcodeに関する記事へリンクを張っておきます。


たまに見返すと忘れていることがあり、それを思い出すことで仕事も加速しますよ!

にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ

[AD]

Xcode 4 完全攻略

著者/訳者:STUDIO SHIN

出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2012-03-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,916

大型本 ( 420 ページ )

ISBN-10 : 4797367717

ISBN-13 : 9784797367713


Xcode 4ではじめるObjective-Cプログラミング

著者/訳者:大津 真

出版社:ラトルズ( 2012-01-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,110

単行本(ソフトカバー) ( 344 ページ )

ISBN-10 : 4899772998

ISBN-13 : 9784899772996


Mercurial(hg):もう一つの分散型バージョン管理システム

0
Filed under 仕事ツール
Tagged as , , ,

Mercurialとは

Mercurial(マーキュリアル)は分散型のバージョン管理システムです。
分散型のバージョン管理システムと言えば、gitが有名ですが、未だにgitをちゃんと使ったことはありません(オープンソースライブラリを落とす時くらい)。

実は今回もGoogle Codeにホスティングされているオープンソースライブラリを落とすためにMercurialを使おうとしたのですが、インストールしていなかったので、本エントリでは、その手順のメモしておきます。
今回は深く突っ込みませんが、分散型バージョン管理システムの特徴についてはこの記事が良いですね。

開発者同士のリポジトリを中央リポジトリを介さずにpush/pull出来るのとか便利そうです。

ダウンロード&インストール

上記サイトからインストーラをダウンロードします。
今回ダウンロードしたのはMercurial 2.1.2 for MacOS X 10.7です。

ダウンロードしたzipを展開するとインストーラ(.mpkgファイル)がありますので、ダブルクリックでたちあげてインストールを進めます。特に問題はないと思います。

コンソールでバージョン確認

コンソールで実行できるか試してみましょう。
ここで注意が必要ですが、Mercurialのコマンド名はhgです

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
$ which hg
/usr/local/bin/hg
$ hg --version
Mercurial - 分散構成管理ツール(バージョン 2.1.2+20120401)
(詳細は http://mercurial.selenic.com を参照してください)
 
Copyright (C) 2005-2012 Matt Mackall 他
本製品はフリーソフトウェアです。
頒布条件に関しては同梱されるライセンス条項をお読みください。
市場適合性や特定用途への可否を含め、 本製品は無保証です。

大丈夫そうですね!

XP-Dev.comでも使えます

私が愛用しているクラウドリポジトリサービスXP-Dev.comでもMercurialは使えます。

Mercurialのいいところ

で、何がいいのか?とちょっと調べてみたら、結構良さそう!

gitの欠点

まず、上記ブログ記事でも書いたのですが、Gitの唯一の問題は、リポジトリサイズが大きくなるところ。GitHubではリポジトリサイズによる料金の違いはないようですが(参考:github Plans,Pricing)、リポジトリサイズで料金が変わるXP-Dev.comとか、自前サーバでやる場合には問題になってくると思います。
その点、第3の分散型バージョン管理システムであるBazzarよりもリポジトリサイズが小さくてすむらしいMercurialは安心して使えそうかな、と思います。

svnの欠点

その前にSVNとかじゃ問題なの?と自分は思っていて、自分のプロジェクトはSVNなのですが、先日とある大規模プロジェクトをやっておられる方に聞いたところ、いろいろなファイルがロックされていることが問題になるようです。いつも数人レベルでしか開発していない自分では得られない情報でした。(その方はGitを選ぶようですが)

ツールが揃っている

GUIツールがないと、ちょっとね。という自分のような開発者のためにHgは結構ちゃんとしたツールが揃っているようです!
Windows向けにはTortoiseHg、Mac OS X向けにはMacHgがあります!
MacHg、画面も綺麗な感じで、しかもオープンソースアプリ!

今すぐ切り替えてみる!

「分かった分かった、じゃぁ、次のプロジェクトを始めるときに検討してみるよ」というあなた!(自分!)

なんと、Hgには他のバージョン管理システムのリポジトリを取り込む機能もあるようです!(他のにもあるかもしれませんが)
マジで移行を考えてみようかな。

参考サイト:

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

[AD]

↓『簡単なファイル管理から、複数人でのプロジェクト、そして大規模システム開発やオープンソースシステム開発、という3つのシチュエーション』で説明しているとのこと!良書の予感!

Gitによるバージョン管理

著者/訳者:岩松 信洋 上川 純一 まえだこうへい 小川 伸一郎

出版社:オーム社( 2011-10-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

単行本(ソフトカバー) ( 320 ページ )

ISBN-10 : 4274068641

ISBN-13 : 9784274068645


↓日本語のMercurial本はこれぐらいかな?コマンドラインメインで使うのであれば特に問題はないでしょう。

入門Mercurial Linux/Windows対応

著者/訳者:藤原 克則

出版社:秀和システム( 2009-01-20 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,376

単行本 ( 307 ページ )

ISBN-10 : 4798021741

ISBN-13 : 9784798021744


晴れときどきMacRubyインストール

0
Filed under Mac, Ruby
Tagged as , , , ,

MacRubyというツールで、Xcode+Rubyという環境でMacアプリを簡単に作れるらしいので、ちょっとどれほどのものか、とりあえずテストプロジェクトのビルドまでをやってみました!
作業環境は、Mac OS X 10.7.3、Xcode 4.3.2、MacRuby 0.10 です。
最近のMacRubyは、Intel 64bitのMac OS X 10.6以上、という環境でないと動かないので注意。

参考サイト

いくつかのチュートリアルページを見て、設定も簡単そうなので、試してみました。

ここを読む限り、簡単に出来そうで始めたわけです。
が!最新事情はちょっと変わっていて、ちょっとハマったので、下記にその解決策も書いておきます。

なにはともあれダウンロード

まず、公式サイト(http://www.macruby.org/)より、インストーラ(.zip)をダウンロードします。

インストーラパッケージ「MacRuby 0.10」をダブルクリックしてインストール。

完了したら、ターミナルで下記のようにコマンドの存在を確認できます。

Xcode 4.3対応

チュートリアルページを見てもこれで完了のハズですが、Xcodeで新規プロジェクトのダイアログを開いても、MacRubyが出てきません

あれ?と思っていろいろ考えてみたら、Xcode 4.3でフォルダ構成がガラっと変わったことを思い出しました。
Xcode 4.2.x までは、 /Developer というフォルダにすべてが入っていたのですが、4.3からは、Xcode.app内に移動したのです。

で、探ってみたら、やはりMacRubyインストーラは/Developer フォルダにいろいろと入れているので、これを移動します。
Finder上でやってもうまくいかないところが出てくるので、ターミナルでsudoコマンドで実行しましょう。
MacRubyがインストールしたのは、/Developer/ 以下の Library、Examplesというフォルダと、binの3つのフォルダ。
まずは下記のように、Library、Examplesフォルダをコピーします。

1
2
$ sudo cpmac -r /Developer/Library /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/
$ sudo cpmac -r /Developer/Examples /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/

もう一つのbinフォルダですが、この中に入っているのはrb_nibtoolというシンボリックリンク一つです。
シンボリックリンクをそのままコピーすると問題が出てくるので、改めてシンボリックリンクを作成します。
rb_nibtool ですが、 /Library/Frameworks/MacRuby.framework/Versions/0.10/usr/bin/rb_nibtool へリンクが貼られていたので、そのようにシンボリックリンクを作成します。
※このシンボリックリンクがうまく貼れないと、Xcode上で、xibファイルを見るときにXcodeが落ちたりします。

1
$ sudo ln -s /Library/Frameworks/MacRuby.framework/Versions/0.10/usr/bin/rb_nibtool /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/

以上でインストール完了です!
改めてXcodeを開いてみると、下図のようにMacRuby Applicationのテンプレートが追加されています!

テストプロジェクトのビルド

ちょっとテストなので、ドキュメントベースでもなく、CoreDataも使わない設定でプロジェクトを作ります。

プロジェクトが作られたら「⌘+R」でそのままビルド、実行できました!

さて、何しよう!?

関連エントリ:exerb

Windowsでも、CUIアプリ(.exe)なら簡単に作れます。
というエントリを以前書いていたので、改めて紹介。

.rbファイルをコンバートし、.exeにする、というものです。
最新版は2011年12月末にリリースされているので、その後もきちんとメンテされているようですね!
オープンソースプロジェクトでメンテナンスって一番重要だと思うので、とても評価できるプロジェクトだと思います。


[AD]

↓ヒレガス氏の著書。結構評判いいらしい。

Mac OS X Cocoaプログラミング 第三版

著者/訳者:Aaron Hillegass アーロン ヒレガス

出版社:ピアソン桐原( 2009-11-01 )

定価:

単行本 ( 479 ページ )

ISBN-10 : 4894714469

ISBN-13 : 9784894714465


↓英語だけど、比較的新しい著書なので内容は参考になりそうですね!

MacRuby: The Definitive Guide. Ruby and Cocoa on OS X, the Iphone, and the Ipad

著者/訳者:Matt Aimonetti

出版社:Oreilly & Associates Inc( 2011-11-03 )

定価:¥ 4,805

Amazon価格:¥ 3,776

ペーパーバック ( 223 ページ )

ISBN-10 : 1449380379

ISBN-13 : 9781449380373