Tag Archives: iPhone

iOS8 4つのイケてる小ネタ

0
Filed under iPhone
Tagged as ,

iOS 8が正式リリースされましたね!
iOS 8を使っていて、これは良いな!と思った小ネタ4つを紹介したいと思います。
※あえての小ネタばかりなので、そこはご了承いただきたいです 🙂

検索窓を開いた時のブラー

まずは一番の小さな小ネタ。
iOS7から検索の仕方が変わって、スプリングボードと呼ばれるアプリのアイコンが並ぶ画面で、画面中央あたりで上から下にスワイプで出てくるようになりました。
この機能自体は変わっていないのですが、iOS7ではそのままアイコンが表示されていて画面がゴチャっとしていたのが、iOS8ではアイコン部分にブラーがかかり、見た目がすっきりするようになりました。
ios8 blur

Tipsアプリ

Tipsを表示してくれるアプリ、これはいいですね!
同様のウェブサイトもありますが、気付かなかった便利機能とかに気づけたりして、ちょっとうれしい。
ios8 Tips

Hey, Siri

「ヘイ、シリ」と言うとSiriが立ち上がる。
Tipsアプリで知って試してみたのですが、そんなに大きな声で言わなくても、iPhoneを人だと思ってしゃべる程度のボリュームでも反応してくれるのに驚いた。
あと、Siriで言った音声がどんどん解析されている様子が出てくるんだけど、認識の精度が格段に上がっているような気がします。

写真アプリ

今回のブログで一番書きたかったのがこれ。
標準の写真アプリで一覧して見るときに、その写真の撮影日とかが出てこないが、ずーーーーーっと不満でした
iOS7までそうだったので、iOSの哲学としてそういうものなんだろうな、自分でアプリを作るしか無いかな、と思っていたのでした。(実はちょっとだけ作りかけていた…)
ですが、iOS8では、撮影日と1日以上前の写真なら場所も表示されるようになりました!
ios8 Photos
これはいいですよね、やっぱり!

iOS8に期待!

という感じで、細かいところのサポートがされるようになってきているので、iOS8はとても好印象です!

I-O DATA iOS用Lightningコネクター搭載 USBメモリー「iStick」 8GB GH07B-008

I-O DATA iOS用Lightningコネクター搭載 USBメモリー「iStick」 8GB GH07B-008

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2014-09-10



カテゴリ:



週刊アスキー 2014年 9/23号 [雑誌]

週刊アスキー 2014年 9/23号 [雑誌]

カテゴリ:Kindle版

発売日:2014-09-09


iPhone 6と6 Plusは全然違う!(開発者視点で)

0
Filed under iOS SDK, iPhone
Tagged as ,

iPhone 6、6 Plus の解像度と、デザインの話。
当初、ざっくり調べた感じで、だいたい、iPhone5と同じアスペクト比だから特に問題ないかな?と軽く考えていたのですが、実際は、ちょっと様子が違うようです。。
しかも、6とPlusの間で!

PaintCodeブログより

PaintCodeというアプリのブログによると、iPhone 6と、iPhone 6 Plusの間には大きな差があるようです!

http://www.paintcodeapp.com/news/iphone-6-screens-demystified
iPhone 6と6 Plus

iPhone 6は、スケールファクタがx2のまま画面サイズが大きくなったのですが、iPhone 6 Plusは、スケールファクタがx3でレンダリングし、実際のデバイスサイズに縮小しているようです。。
要は、iPhone 6 Plusは、ドットバイドットで画像を指定することが不可能なのです!
まぁ、6 Plusは、Appleデバイスで最大密度の解像度なのでそれはわからないであろう、というか、ドットバイドットで画像を用意する時代じゃないんだよ、ということかな。。。(SVGを使うべきかな、という気もしてくる)

まとめ

まとめると次のようになる。

iPhone 5 では、320×568にレイアウトし、スケールファクタはx2。
iPhone 6 では、375×667にレイアウトし、スケールファクタはx2。
iPhone 6 Plus では、414×736にレイアウトし、スケールファクタはx3、デバイスレンダリング時に縮小処理がかかる。

テストにも使えるよう、今回は端末を購入するのですが、開発のことを考えると、iPhone 6 Plusなんだけど、、実際に持つには大きそうだなー、と悩みが復活。。

とりあえず、iPhone 6かiPhone 6 PlusサイズのiPod touchが出て欲しい。

プロトタイピング実践ガイド スマホアプリの効率的なデザイン手法

著者/訳者:深津 貴之 荻野 博章

出版社:インプレス( 2014-07-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,970

単行本(ソフトカバー) ( 240 ページ )

ISBN-10 : 484433624X

ISBN-13 : 9784844336242



UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発

著者/訳者:西方 夏子

出版社:インプレス( 2014-06-13 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,104

単行本(ソフトカバー) ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4844336088

ISBN-13 : 9784844336082




PaintCodeは超オススメアプリ!→

新iPhoneのアスペクト比(縦横比)まとめ:Swiftで計算してみた

1
Filed under iPhone, Swift
Tagged as , ,

今年のiPhone

日本時間の今朝2:00、事前の噂通り、大画面化したiPhoneが発表されました!
iPhone 6 アスペクト比
しかも、新しい2機種ともこれまでと違う画面サイズ(iPhone 6: 750×1334、iPhone 6 Plus: 1080×1920)!
アプリを作る開発者としては、一番気になるのはそのアスペクト比なのですが、アスペクト比を計算し、デザインについての考察をまとめました。

アスペクト比は変わらないがデザインは再検討必須!

ちょっと前なら、rubyとかperlで書くようなコードですが、今ならXcodeのPlayground(Swift)ですよね!
ソースコードはgistにアップしましたが、次節で説明します。
まずは結果を書いておきます。

iPhone 4 (S) : [640:960] => [2:3](0.666666686534882)
iPhone 5 (C|S) : [640:1136] => [40:71](0.563380300998688)
iPhone 6 : [750:1334] => [375:667](0.562218904495239)
iPhone 6 Plus : [1080:1920] => [9:16](0.5625)
iPad (all) : [1536:2048] => [3:4](0.75)

こんな感じで、厳密にはiPhoneだけで4パターンとなるのですが、「大抵のものなら、iPhone5のアスペクト比と同じ」ということで良いのではないのでしょうか。
ただ、デザインにこだわるなら、パーツのレイアウトは、ちょっと考えたほうが良いかもしれません。
それは上記の各端末のスクリーンショットが並んでいる様子を見るとわかるのですが、アイコンのサイズは変わらず、各アイコンの間隔が広がるようなレイアウトになっています。これは参考にすべきでしょう。
アスペクト比が同じだからと言って、そのまま大きな画面ではボタンも大きくなるレイアウト、ではかっこわるくなりそうです。
結論:UIにこだわるアプリデザイナーは、autolayoutを設定できるようになるか、それを考慮したレイアウト指定ができるようになる必要がある。

アスペクト比計算.swift

さて、上記計算をしたコードを下記に貼り付けます。
ユークリッドの互除法で最大公約数を計算できれば、特に難しくないコードですね。

えぇ、タプルを返す関数を書きたかっただけです。:-)


折紙の数学―ユークリッドの作図法を超えて

著者/訳者:ロベルト ゲレトシュレーガー

出版社:森北出版( 2002-04 )

定価:

単行本 ( 206 ページ )

ISBN-10 : 4627016816

ISBN-13 : 9784627016811


Torques Pics 2.7リリースしました!

0
Filed under iPhoneアプリ, Torques
Tagged as , , , , , , ,

iOS 7に切り替えたiPhone/iPod touchユーザーの皆様、お待たせ致しました!
3年前より開発/配布を続けていますiPhone/iPod touch用壁紙生成アプリ「Torques Pics」の新しいバージョンをリリースできました!
badge_AppStore←Torques Pics

今回の目玉は iOS 7対応!
Designed for iOS 7!
Torques Pics 2.7 on iphone 5c red

iOS 7に合わせてUIも修正したりしましたが、それだけではなく、機能も追加しました!

新機能:フィルタ(iOS 7専用)

iOS 7専用機能の1つ目は「画像のフィルタ機能」です。
iOS 7では標準アプリのカメラにフィルタ機能が追加されました。これをTorques Picsでも採用しています。
今回のバージョンアップでは画像は5枚しか追加されていないのですが、すべての写真についてフィルタ機能を適用できますので、これまで使っていた壁紙もまた違った風景に見えるかもしれません!
基本的にフィルタ無しでも良いと思っている写真を選択しているのですが、フィルタを適用すると「お!」と思う写真に変わったりして、なかなか楽しいですよ!
Torques Pics 2.7 Filters
(画像は追加は5枚ですが、これまでの画像も今回のバージョンアップに伴い、実は全て再トリミング+調整しています!)

新機能:視差効果対応(iOS 7専用)

iOS 7専用の機能の2つ目は「視差効果対応壁紙の書き出し機能」です。
(ちなみに「視差効果」は英語だと “Parallax Effect” と呼ぶらしいです)
Torques Pics 2.7 Parallax Effect
これで書きだした画像は画面サイズより大きめに出力し、iOS 7の「視差効果」を有効にしているときにホーム画面で端末を傾けると、壁紙が動くようになります。
(「視差効果」の有効/無効は、「設定」アプリの「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」で設定できます)

今後

今回、かなりアプリの基礎部分に手を入れ、対応OSバージョンを、思い切って6.0以降としました。(これまでは4.3以降でした)
iOSの場合、かなり多くのユーザーがOSをアップデートしてくれるので、古いOSへ無理して対応しなくても良く、iOS 6以降とすることが可能でした。
無理して古いOSに対応することも可能でしたが、それにより新機能の追加とかが難しくなることもあり、今回は古いところは切っていきました。
また、今回のアプリ作りなおしに伴い、Torques Picsをベースにした別アプリも作ってみようかと思うようになってきました。
badge_AppStore 無料なので、是非ダウンロードしてみてくださいー!

今後の株式会社トルクスのアプリにご期待ください!
株式会社トルクスのFacebookページを見る


[AD]

↓iOS 7には新機能が盛りだくさんです!まとまった情報源はかなり有用!

iOS7設定使いこなしガイド (三才ムック VOL. 645)

出版社:三才ブックス( 2013-10-19 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,296

ムック ( 127 ページ )

ISBN-10 : 4861996279

ISBN-13 : 9784861996276


↓フラットデザインってやってみると意外に難しい!やっぱり勉強しなおしたい。

アプリ/Web開発者のための フラットデザインガイドブック【iOS 7・Android・Windows 8対応】

著者/訳者:富士ソフト

出版社:マイナビ( 2013-10-17 )

定価:

Amazon価格:¥ 18,193

単行本(ソフトカバー) ( 160 ページ )

ISBN-10 : 4839948844

ISBN-13 : 9784839948849