Tag Archives: Growl

Boxcar経由でMacからiPhoneへ通知する

1
Filed under iPhone, Ruby, ウェブサービス
Tagged as , , ,

Growlの真骨頂

Growlには画面表示の通知だけではなくメール送信などによる通知もできると、先日のブログエントリ「ターミナルから(Growl)通知するコマンド」で書きました。
このGrowlについて調べていくうちにさらに面白い機能について知ることになったので、検証してみます。その機能とは、GrowlでiPhoneに通知する、というものです。

iPhoneアプリ:Boxcar

iPhoneに通知するために、Boxcarというサービス+アプリを使います。
Instant Notifications for Facebook, Twitter, Email and More! — Boxcar



iPhoneにはPush Notificationというプッシュシステムがありますが、Boxcarはそれを使ったサービスで、twitterや各種通知を一手に引き受けてくれるものです。

設定は簡単で、アプリをインストールし、その中でtwitterやfacebookなど各種サービスの設定をしておくだけで、通知をしてくれるようになります。Boxcarアプリ自体は起動していなくても、通知してくれます。

growlnotify to Boxcar(iPhone)

このBoxcarには、Growlとの連携サービスが組み込まれていて、growlnotifyというコマンドと、BoxcarというiPhoneアプリの組み合わせると、MacのターミナルからiPhoneに通知できるようになります。
iPhoneアプリをダウンロードし、サービスにサインアップします。これがBoxcarのサービスを使うためのアカウントとなります。
次に、アプリ内で”Add a Service” → “Growl”を選び、右上の[Save]を押します。
これでiPhone側の設定は完了!

次に、Macに戻り、システム環境設定のGrowlを開き、growlnotifyの表示スタイルにBoxcarを選び、Boxcar E-mail、passwordを入力します。

Verify Loginでアカウントを確かめて、Great!とでたら、「プレビュー」を押してみます。問題なければ、これで通知されます!

いろいろなシステムと連携した活用方法が考えられますね。

Boxcar API

Boxcarには、各種APIが用意されており、Ruby Gemsにも公式ライブラリがあったります。

これを使えば、Growlを使わずに直接Boxcarを叩けます!
自分で作ったウェブサービスを簡単にiPhoneのPUSH通知に対応させるときにはBoxcarの使用を検討することもアリかもしれません。


[AD]

↓マルチタッチには非対応だが、カメラ有りでAndroid 2.1が載っているので、ちょっとした開発に面白そう!

【Android 2.2】 Creative ZiiO 7 インチ Android タブレット 8GB ZO-7S8G-WT

【Android 2.2】 Creative ZiiO 7 インチ Android タブレット 8GB ZO-7S8G-WT

定価:¥ 20,366

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2010-12-18


↓iOS SDKのPush Notificationについての記事もあります!

iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック

著者/訳者:吉田 悠一 高山 征大 UICoderz

出版社:オライリージャパン( 2010-10-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,592

単行本(ソフトカバー) ( 196 ページ )

ISBN-10 : 4873114721

ISBN-13 : 9784873114729


↓Rubyのテクニックが詰まっている!!!

Rubyベストプラクティス -プロフェッショナルによるコードとテクニック

著者/訳者:Gregory Brown

出版社:オライリージャパン( 2010-03-26 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,456

大型本 ( 364 ページ )

ISBN-10 : 4873114454

ISBN-13 : 9784873114453


ターミナルから(Growl)通知するコマンド

1
Filed under Mac, 仕事ツール
Tagged as , , , ,

Growlとは、標準では、Macの右上に出てくるポップアップ機能のことです。

Growlは、AppleScriptなどから表示させることは出来るのですが、開発者としてはターミナルから呼び出せるととても便利ですよね。そこで使うコマンドが、growlnotify です。

growlnotify:インストール

growlnotifyは標準環境ではインストールされていないので、パッケージをダウンロードしてインストールします。

Extrasフォルダー以下にgrowlnotifyパッケージがあるのでgrowlnotify.pkgをダブルクリックでインストールします。
インストールが完了したら、一応Terminalで確認してみましょう。

$ which growlnotify
/usr/local/bin/growlnotify
$ growlnotify -v
growlnotify 1.2.1
Copyright (c) The Growl Project, 2004-2008

大丈夫そうですね。

growlnotify:簡単な使い方

簡単な使い方は次のようになります。
まず、”Done!”というメッセージを表示してみます。

$ growlnotify -m Done!


次に、タイトル”Message”で、”Hello World!”というメッセージを表示してみます。

$ growlnotify -m "Hello World!" -t Message


簡単ですね〜。

Growlの機能

しかし、このGrowlは、画面上に通知を表示できるだけではないのです!
Macの「システム環境設定」の「Growl」内の「アプリケーション」を見ると、Growlを呼び出すアプリの一覧が表示されており、各アプリから呼び出したときの表示を個別に設定できます。
見た目の変更するだけかと思いきや、「MailMe」というのに設定すると、メール通知に出来たりします!

まぁ、メール送信は他のコマンドを使ってもいいのですが、GUIと切り替えで使えると便利なこともありますよね。(長時間かかるコンパイルの完了通知とか、エラー通知とか)


[AD]

↓Macをメインに使うようになってきたので、いろいろと環境を快適に整備したい。

Mac OS X Hacks―プロが使うテクニック&ツール100選

著者/訳者:ラエル ドーンフェスト ケビン ヘメウェイ

出版社:オライリージャパン( 2003-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,888

単行本 ( 447 ページ )

ISBN-10 : 4873111463

ISBN-13 : 9784873111469



growlnotify:ヘルプ

続いて、growlnotifyのヘルプを見ておきましょう。
Read More »