Tag Archives: games

Hello New Year! Goodbye FarmVille.

0
Filed under facebook, games
Tagged as , , ,

あけましておめでとうございます!
去年の秋からいろいろ考えていることがありまして、今年はもっと自分の時間をコントロールしていくために、FarmVilleをやめることにしました。

Level 96

いきなりやめるよりも、自分の中に区切りを作ったほうがいいかなと思い、レベルが100に到達するか、2011年末でやめようと考えていました。
結局レベルは96までしかいきませんでしたが、2011年が終わりましたので、ここで一旦FarmVilleを終了します。Neighborとなってくれた方々ありがとうございました。

2 years

最初にプレイしたのが2009年の年末なので、トータルで2年チョットやっていたことになります。

この2年の間にzyngaもウノウを買収したり、2011年末にはIPOしたり、といろいろと変化があったりしましたが、当時見てたFacebookアプリのアクティビティ調査サイトもサイト名が変わっていたりしました。


このサイトを見ると、2012年1月2日でMAUが33,900,000と、アクティビティが2年前の半分位になっていますが、それでも大きなサービスであることは間違い無いですね。
zyngaはランキングでFarmVilleよりも上にある、CastleVilleやCityVille等も継続してリリースしているのがやっぱり数とスピードの強さですね。体裁を考えて練って練って数年に1本というリリースペースを行なっている企業とは違います。
IPO後、価格が微妙に下がっていますが、まぁ、期待値が高すぎたというのはあると思うので、一旦下がった後はそれほど下がることもないのではないでしょうか。

0 doller

リアルマネーを使うことでサクサクと農作物をつくることが出来る仕組みなのですが、私は結局リアルマネーは全く使わなかった。
レア作物は入手出来なかったけど、それ以外は大抵地道に進めることで対応できたし。
FarmVilleはバランスがいいのかもしれない。

2 points

そのバランスの良さについてもいろいろ考えてみたいとは思っていましたが、あまりうまくまとめることも出来なさそうなので、気になる2点だけピックアップしておきたいと思います。
一番重要だと思ったのが、ソーシャルゲームと呼ばれるものでだいたい入っているのですが、次のプレイ時間を考える仕組み。FarmVilleで言うと農作物が出来上がり、収穫可能になる時間。さらに言うと、放っておいたときに枯れるまでの時間。このゲームの面白さ、継続性とかはいろいろ考えるべき所があるとは思いますが、やっぱりこれが一番重要じゃないでしょうか。
あと、UIの使い勝手の悪さ、レスポンスの悪さは、あえてあのような出来にしているのかもしれない。という仮説を考えていたのですが、これはちょっとあまり考えが煮詰まりませんでした。ただ、苦労した感じを与える、というのはゲーム性、継続性に必要な要素かもしれない、と思っています。
この2点は同様のサービスを作っていく人は考えておくべきでしょう。

4 farms

現在、FarmVilleでは、4つの地域で農場を作ることができるようになっています。
まさかこういう展開でゲーム性の確保をするとは思いませんでしたが、MMOとかでもよくある新シナリオだと思えば納得のシステム。数年は持ちそうですね。
一番面白いのは、日本で普通に英語を勉強していたらなかなか出会えない言葉が多いこと。農作物、植物系の単語に偏った知識が増えていきます。
最後に現在の農場の様子をスクリーンショットを載せてFVとお別れしたいと思います。

Read More »

iOSアプリ雑記 2月号

1
Filed under games, iPhoneアプリ, Music
Tagged as , , ,

最近ちょっと時間が出来てきたので、iPhoneでもちょっとしたゲームを遊んでみたりしています。
噂になっているものはやっぱり面白かったりして、そういうものも今月は紹介してみます!

GHOST TRICK @ 0円

序盤は無料で遊べる!
演出とか仕組みとか、かなり面白い!

ゴースト トリック 1.01.00
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料 App
更新: 2011/02/03

imagesimages
すでにDS版もあったりするおかげもあるのだが、さすがカプコン!クォリティが違うなぁ、と感嘆。
追加課金のコンテンツ料金は次のとおり。
第1章・第2章 無料
第3章カラ第7章 ¥600
第8章カラ第13章 ¥600
第14章カラ最終章 ¥600
第3章カラ最終章 ¥1500

ゴースト トリック

ゴースト トリック

定価:¥ 5,184

Amazon価格:¥ 5,980

カテゴリ:Video Game

発売日:2010-06-19


Angry Bird @ 115円

超売れていて、各種プラットフォームにも移植され始めている鳥飛ばしゲーム。
操作がシンプルなだけに、面白い!
ちょっとした空き時間に飛ばすことができるので、地味に続けられる。
適当に作られたアイディア一発のパズルゲームかと思いきや、ちゃんとストーリーがあり、ムービーも入っていたり、レベルデザインやSEやBGMもしっかり作られている。こりゃ売れるわ。
遊べるステージ数が超多いので、いつまでも遊べそう!

Angry Birds 1.5.0
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥115 App
更新: 2010/12/23

imagesimages
最初のステージセット”1. POACHED EGGS”(21面x3ステージ)はクリアしたが、 これと同じものがあと4つ+αもある!すごいボリューム!

The Line @ 230円

ライン上を動くキャラを上手く誘導するゲーム。
例えが古すぎるが、チクタクバンバン系で伝わる人には伝わるかな。

The Line 1.4
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥230 App
更新: 2011/02/02

imagesimages
GameCenter対応。
iPad版もあるが別アプリ↓

The Line HD 1.0
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥350 App
更新: 2010/12/16

imagesimages
iPad版は遊んでいないのですが、このゲームはiPad向きかもしれませんね。

ゆけ!勇者 @ 0円

ユーザーが設定できるのは、ダンジョンの目標回数と、基本装備のみ!
あとは、放っておき、予定時間になってもう一度見てみると、結果が分かる。ソーシャルゲームがもっと単純になっていった感じ。

ゆけ!勇者 1.3
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料 App
更新: 2011/01/27

imagesimages
面白くはないが、ハマる。
ソーシャルゲームが理解出来ない人に、面白さとハマり要素はイコールではない、ということを理解してもらうには良いゲーム(?)だ。
特筆すべきは、絵が綺麗、ということ。内容が内容だけに下手すると残念な印象しか残らないが、このトーンでまとめるセンスが素晴らしい。

100 Rogues @ 115円

そうです。Rogueです!
ローグを知らない人には、体力の他に空腹値というのがあって、というところから説明が必要かな。知っている人には、このアプリでは主人公は”@”ではありません、という説明が必要か。

100 Rogues 2.4
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥115 App
更新: 2011/01/05

imagesimages
それなりにローグ!普通にローグ!
インターフェイスは全て英語なので、(特殊な)英語の勉強になる。”rotten”とか覚えられますw

サンプラーthe中野くん @ 230円

サンプラザ中野くんの声がサンプリングされているアプリ。
ゲームではないですが、押していて楽しい。
オリジナル音源の録音はできないが、ちょっとしたパターンエディットもできるので、やる気があれば結構遊べる!

サンプラーthe中野くん 1.0
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥230 App
更新: 2010/12/01

imagesimages
音数はそんなに多くないが、「は」「し」「る」「ー」とかが入っている!w

sir Sampleton @ 350円

自分で録音した音を鍵盤に割り当てて遊べる、割と本格的なサンプラー。
ちょっとしたエフェクトも付けられる!

sir Sampleton 1.01
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥350 App
更新: 2010/12/06

imagesimages


[AD]

↓仕事に使おう、とiPadを買った人には、様々な事例が参考になりそう。

iPadを仕事でどう使うか? (洋泉社MOOK)

出版社:洋泉社( 2010-09-08 )

定価:

ムック ( 215 ページ )

ISBN-10 : 4862486126

ISBN-13 : 9784862486127


どうぶつしょうぎとFarmVille

3
Filed under facebook, games, iPhoneアプリ, Toy
Tagged as , ,

どうぶつしょうぎ @ 115円

どうぶつしょうぎ、このゲームの存在自体は知っていましたが、先日、tattyu氏にiPadを見せてもらったときに、iPhoneアプリ版が発売されていることを教えてもらいました。
確か去年末に本屋さんで見かけて、iPhoneアプリに向いているよなぁ、と思っていましたが、その場で遊んでみて楽しかったので後でiPhoneで購入してみた次第です。

超シンプルなので、将棋が苦手な私でも数手先まで読める!
数手読めると、ここまで面白いのか!と「読む」こと自体の面白さを体験できるのがこのゲームの肝ですね。

詰め将棋的なおもしろさをいきなり味わえ、良くできているゲームデザインです。
娘が大きくなったら、ちょっと教えてみたい。

アプリへの今後の要望

ただ、CPU対戦か、2Pか、ということしか出来ないので、どうぶつしょうぎの駒とルールで詰め将棋モードもあるとより楽しめそう。今後のバージョンアップに期待しています!

どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ

定価:¥ 1,543

Amazon価格:¥ 1,543

カテゴリ:おもちゃ&ホビー

発売日:2009-09-05


将棋アプリもいろいろあるようですが、柿木将棋は割と評判も良いようです。CPUとの対戦がメインのアプリですが、ユーザー同士の対戦ももちろん出来ます!
どうぶつしょうぎで将棋そのものに興味が出てきたら、こういうアプリにステップアップしてみたいですね。

FarmVille by Zynga @ 0円

Facebookのモンスターアプリ、FarmVilleのiPhoneアプリクライアントです。
データは Facebookのものを使うので、Facebookのアカウント登録が必要です。

作物が腐ってしまう前に収穫したい!という感じの時には良いと思いますが、畑を拡大しすぎたのか、フィールドが広くなった今は重くてダメです。

ちなみにPCのブラウザでも重いです。これはzyngaのサーバが重いのか、Flashの限界なのか、実装が下手くそなのか分かりませんが。
あと、アイテムの”Can of Fuel”が使えなかったり、正直、ちょっとこれは厳しい。
ちなみにFacebookアプリの方の体感速度の改善はどの程度真剣に行っているのだろうか。本当に最近は重すぎてあまりFarmVilleはやらなくなりました。画像データとかローカルにキャッシュをうまく置けばロード処理がかなり改善すると思うのだけどなぁ。
iPhoneアプリ版も操作感は割といいけど、起動するまでのロードが遅すぎる。モバイルアプリとしては致命的。


[AD]

↓iPhone用ゲーム開発のための書籍。評価が良いので読んでみたい。

iPhoneゲーム開発ワークショップ

著者/訳者:PJ Cabrera

出版社:翔泳社( 2009-11-28 )

定価:

大型本 ( 272 ページ )

ISBN-10 : 4798121010

ISBN-13 : 9784798121017


↓最近発売されたFlash本。

Flash&ActionScript3.0 プロが教える“本当の使い方”

著者/訳者:MdN編集部 編

出版社:MdN( 2010-05-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 4844361163

ISBN-13 : 9784844361169


↓ LEGO duploシリーズのFarmアイテム。

LEGO DUPLO: Farm (Lego Ville)

著者/訳者:DK Publishing

出版社:DK Children( 2009-04-20 )

定価:¥ 440

Amazon価格:¥ 436

ペーパーバック ( 20 ページ )

ISBN-10 : 0756651611

ISBN-13 : 9780756651619


facebookの人気ゲーム「FarmVille」

2
Filed under facebook, games
Tagged as ,

FarmVille

「FarmVille」とは、数あるfacebookアプリの中、圧倒的なユーザー数でナンバーワンの座に居座り続けているモンスターアプリ。
もちろん私もやっているのですがやっぱり面白いなぁ、と思えるアプリの一つです。
その中で気になった仕組みとかを紹介してみたいと思います。
FarmVille0
ちなみに、どのくらいモンスターかというと、Daily Active Users数が2750万人、Monthly Active Users数が7050万人。(数字はFacebook Application Leaderboardより)
FarmVilleFAL20091208Memo
mixiの全ユーザー数は、2009年9月30日現在で約1,792万人(数字はWikipediaより)なので、mixiユーザーよりも遙かに多い数なのです!

箱庭ゲーム

このゲームは農場系のゲームなのですが、畑仕事に関してはとてもシンプル。畑を耕して(Plow)、種を植える(Plant)だけで良く、水を与える必要もありません。それぞれの種類に応じた時間がたてば成熟するので、あとは収穫(Harvest)するだけです。
ただ、成熟した後、あまりに時間が経過するとその作物は枯れてしまうのですが、そこだけ注意すれば何も難しくはありません。
自分の持つエリアはどこまでも耕すことが出来、また、埋めてやりなおすことも可能です。
動物に至っては、「Pet」というかわいがるコマンドが存在するが、基本的に何もしなくても定期的に何か収穫が出来る。牛ならMilk、鶏ならEggという具合。
農場でいかに良い作物を作るか?はこのゲームの主題ではありません。
FarmVilleの本質は、いかに、見た目が面白く、楽しい農場を作るか?であり、言ってしまえば、箱庭ゲームなのです。
農場のカスタマイズに集中できる理由の一つとして、各アイテムの配置の自由度があります。
通常この手のゲームではあまり再配置とかできないものだが、全てのアイテムを再配置できて、モノによっては向いている方向まで変えられます。
前述したように、畑そのものも耕したり埋めたりが自由なので、プレイヤーの時間が許せばいくらでも作り直すことが出来ます。
FarmVille1そして、ゲーム開始のローディング画面では、誰かの畑の様子が表示されるのですが、そのすばらしさに引きつけられ、「いつかはあんな感じにしてみたい」とか「あぁ、こんな感じにも出来るのか!」というバリエーションを見せつけてくれます。
箱庭好きな人ならはまらないはずがない仕組みが盛りだくさんです。

かわいいキャラ

箱庭ゲームを面白くするには、そこに配置されるアイテムの数々が魅力的でなければなりません。
FarmVilleでは、その点が重視されているのか、動物キャラがかわいくデザインされています。
FarmVilleAnimals人間キャラについては顔はカスタマイズできるが服装はオーバーオール固定であるのも、カスタマイズ要素を農場風景に集中しているからでしょうか。
この方向付けはかなりいい感じに働いていて、何でも出来る自由度がありながら、視点は常に農場風景にいくようになっています。

汝の隣人を愛せよ

成功しているSocialゲームで大抵あるのが、「Neighborシステム」。Neighbor、直訳すると隣人という単語になりますが、このゲームの場合、ゲーム友達、という意味合いの方が強いです。
あるゲームでNeighbor同士になると、ボーナスアイテムのやりとりが出来るようになり、また、特定のアイテムを購入できたりするようになったりします。
FarmVilleの場合、Neighborの農場を手伝うことが出来たり、Neighborに毎日一つ無料でプレゼント(Gift)ができますが、下に自分のNeighborに対して出来ることを以下にまとめてみました。(2010-01-07追記)

  1. 農園にvisitしたときに1日に1回だけ獣が出てくるのでそれを退治する。これはダイアログが出て来たときにAcceptボタンを押すだけで完了です。自分にXPが入ります。
  2. Fertilize。”Super Grow”という文字の入った肥料が一人のNeighborに対して、1日に5つもらえます。5カ所について肥料を与えることが出来ます。その作物は収穫時に得られるXPが多くなります。光っているエリアが肥料が与えられた場所です。
  3. Free Gift。一人のNeighborに対して、1日に一つ、無料でプレゼントを贈ることが出来ます。自分も相手もお金は減りません。
  4. Share。レベルアップしたり、自分の農場での作業中に”Shareしましょう!”というダイアログが出てくることがあります。”Share”を実行する(ボタンを押す)と、facebookのニュースフィードに情報が流れます。他のユーザはその書き込みを見てお金を受け取ったりレアアイテムをゲットすることが出来ます。
    たまに自分の農場に変わった動物が出てくることがあります。これは自分自身ではゲットすることは出来ませんが、これもニュースフィードに情報を流すことによって、友人がゲットすることが出来ます。
    つまり、ニュースフィードを見ていると、NeighborのFarmVille情報が流れ、その情報についているリンクボタンを押すことで自分が何かゲットすることが出来る、ということでもあります。
    ここでポイントなのは、ニュースを流した本人には何も入ってこない、ということです。他のプレイヤーが得になり、ニュースフィードに流したゲームメッセージに「ありがとう」と返事がつくだけで、ボランティア精神が満たされる仕組みとなっています。
    ここがゲームの中のエコシステムをなしている根幹部分で、徹底的にニュースフィードを使う仕組みというのが、Facebookで成功する秘訣のようです。

for Haiti

いろいろな仕組みが組み込まれているFarmVilleですが、結構驚いた仕組みが一つあったので紹介してみます。
FarmVilleでは、Farm Coinsというお金とFarm Cashというお金の2種類があります。このうち、ゲーム内で作物を収穫したりして普通に入手できるのはFarm Coinsの方。もう一つのFarm Cashは特殊なタイミングで、しかもほんの少しずつしか手に入りません。Farm CashもFarm Coinsもクレジットカードを使い、つまりリアルマネーで購入することが可能なのですが、入手困難さの違いから通常は、「Farm Cashはリアルマネーで手に入れるモノ」という感じになります。
FarmVilleのゲームバランスでは、ゲーム進行にはFarm Cashは必須ではなく、また、Farm Coinsの方だけでも十分に堪能することが出来ます。
だから、無理して買わなくてもなぁ、と思っていたのですが、このFarm Cashの使い方で面白い試みをしたことがあって、それが、”Sweet Seeds for Change!”という企画(2009年12月現在もう行っていません)です。

FarmVilleHaiti要は、ゲーム内でリアルマネーを使った金額の半分が実際にハイチに送られる、というボランティアシステムなのです。
上記のモノでは25Cashなので、$5。このうち半分がハイチの募金に送られます。
Socialゲームをやり続けていると、「このゲームのプレイ時間ってもったいないなぁ」と思うことがあるのですが、そこにこういうボランティアシステムが入ってくると、免罪されたような気分になるわけです。
このシステムはずっと続けてもいいと思うのですが、残念ながら今はもうやっていないようです。
(2010-01-11 追記→)なんと、このプロジェクトでHaitiの学校に$1,000,000の寄付をすることが出来たそうです!(TechCrunchより)すごいなぁ!

ハロウィンにクリスマス!

FarmVilleで良いのは、季節性をたっぷり取り込み、期間限定の作物やデコレーションアイテムが多数出てくるところ。
FarmVilleXmas
今はクリスマスシーズンで、ジンジャーブレッドやオーナメントをモチーフにしたデコレーションや、ポインセチアの種(もちろん育てられる)も出てきます。
中でも特別なのはクリスマスツリー(上記スクリーンショットのツリーはまだプレゼント数が少ないので小さいですが、60個もらうと最大の大きさになるようです)。
前述したGiftシステムでクリスマス限定のプレゼントを交換できるのですが、中身は24日まで分からないらしい。それを60個までツリーにつけることが出来るのです。
こういう季節限定のシステムをどんどん投入するところがナンバーワンアプリのナンバーワンたる所以でしょうか。
このシステムを見ていると、同じようなオンラインゲームで季節性を取り入れないモノは手を抜いているようにすら見えてきます。
正直、FarmVilleの仕組みに慣れてくると、「任天堂は、本当に、みんなに毎日Wiiを立ち上げてもらいたい(参考)と思っているんだろうか?」とか思えてくるほどだ。まぁ、それがWiiのインターネット接続率の悪さや最近の低迷につながってきてるのだと思うのだが。それはまた別の機会にエントリをアップすることにしましょう。

be my neighbor!

FarmVilleは、他のfacebookのゲームに比べて割とゆったり楽しめると思うので、興味出てきた人は是非FacebookでFarmVilleやってみませんか?
↓私は“Hiromichi Yamada”という名前でプレイしていますので、是非Friend申請して、Neighborになってください
http://www.facebook.com/profile.php?id=1280749069
refresh_cow_sad


[AD]

↓Facebookアプリを作るのに参考になりそう。

How to Do Everything: Facebook Applications

著者/訳者:Jesse Feiler

出版社:McGraw-Hill Education( 2008-03-03 )

定価:¥ 3,527

Amazon価格:¥ 2,758

ペーパーバック ( 330 ページ )

ISBN-10 : 0071549676

ISBN-13 : 9780071549677


↓オバマとFacebookについて、等。

チーム・オバマ 勝利の戦略

著者/訳者:バリー・リバート リック・フォーク

出版社:PHP研究所( 2009-04-15 )

定価:

単行本 ( 197 ページ )

ISBN-10 : 4569709370

ISBN-13 : 9784569709376