Tag Archives: Flash

ライブラリアイテムをあれこれするJSFL

0
Filed under Flash
Tagged as , ,

FlashのライブラリにあるアイテムについてあれこれするJSFLについて、まとめておきます。といっても二つだけですが。

まず最初に

後述するjsflファイルを実行するには、JSFLファイル置き場(WindowsXPの場合 →C:\Documents and Settings\<ユーザー>\Local Settings\Application Data\Adobe\Flash CS4\ja\Configuration\Commands)にファイルを置けばそれだけで、Flashの「コマンド」メニューの中に現れ、選択することで使用することが出来ます。
Flashの再起動は不要です。

ライブラリ内の画像をすべて「更新」するJSFL

まず一つ目は、ライブラリ内の画像を「更新」するJSFL。
いろいろな画像ファイルの大本ファイルが変更されても、ライブラリアイテムは「更新」しないと適用されないが、いちいち選択するのが面倒です。
ある程度ならまとめて選択してもいいのですが、ライブラリにフォルダを作って管理していると、全部やるのは人間のやるべきことではありません。
そこで書いたのが、このjsfl (TORQUES-UpdateImages.jsfl)です。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
/**
 * ライブラリにある全てのビットマップファイルを「更新」するJSFL.
 * @author  torques.jp
 * @since   2010-04-02
 * @version 1.0
 */
 
fl.outputPanel.clear();
fl.trace( "== TORQUES-UpdateImages.jsfl - start ==" );
 
var items    = fl.getDocumentDOM().library.items;
var numItems = items.length;
 
for( var i=0; i<numItems; i++ ){
  var item = items[i];
  if( item.itemType == "bitmap" ){
    fl.trace( "Update-Bitmap ["+item.name+"]" );
    fl.getDocumentDOM().library.updateItem( item.name );
  }
}
 
fl.trace( "== TORQUES-UpdateImages.jsfl - finish ==" );

ライブラリ内のリンケージクラス名を置換するJSFL

もう一つは、ライブラリのリンケージ設定をしているモノで、その名前を一括置換するというモノ。
自作ASライブラリのパス名を変えたい、というときに作成したのが、このjsfl (TORQUES-ReplacePackage.jsfl)です。
ただ、リンケージの「クラス」と「共有クラス」の文字列を置換するだけですので、必要に応じて、中身を書き換えてください。
下記のコードでは、”jp.NEW”という文字列を”jp.OLD”に置換しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
/**
 * リンクパッケージ名を変更するJSFL.
 * @author  torques.jp
 * @since   2010-04-13
 * @version 1.0
 */
 
fl.outputPanel.clear();
fl.trace( "== ReplacePackage ==" );
 
var items    = fl.getDocumentDOM().library.items;
var numItems = items.length;
 
for( var i=0; i<numItems; i++ ){
  var item = items[i];
  if( item.itemType == "movie clip" ){
    if( item.linkageExportForAS ){
      item.linkageBaseClass = item.linkageBaseClass.replace("jp.OLD","jp.NEW");
      item.linkageClassName = item.linkageClassName.replace("jp.OLD","jp.NEW");
    }
  }
  textToFile  += "\n";
}

[AD]

↓JavaScriptでかなり面白そうな本!カートに入れた。

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

著者/訳者:Douglas Crockford

出版社:オライリージャパン( 2008-12-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

大型本 ( 198 ページ )

ISBN-10 : 4873113911

ISBN-13 : 9784873113913


↓jQuery、よく使っています!この書籍も良さそう。

jQuery+JavaScript実践リファレンス―Webデザインを強化するための

著者/訳者:葛西 秋雄

出版社:ソシム( 2009-04 )

定価:

Amazon価格:¥ 9,420

単行本 ( 308 ページ )

ISBN-10 : 4883376494

ISBN-13 : 9784883376490


TEXTp

0
Filed under ウェブサービス
Tagged as , , ,

今年もエイプリルフールネタがいろいろ出ています。
円谷のは毎年かなり面白いというか、自由すぎてすごいと感心するばかり。

そういう系統とちょっと違う方向で面白かったのはYouTubeのネタ

TEXTp

解像度選択のところに「TEXTp」というのが追加されていて、アスキーアートで表示が出来る。試してみると、全ての動画で使えた。

「TEXTp モードで動画を再生すると、YouTube にとって 1 秒あたり 1 ドル削減できる」なんてあり得ないが、”TEXTp”という表示がちょっと面白い。

実装はPixelBenderで (2010/04/02追記)

TechCrunchの記事「YouTubeのアスキー変換ジョークの舞台裏」によると、「Adobeの Pixel Bender(3Dエフェクトの実現に使われた)を応用してビデオをテキストに変換した」らしい。


[AD]

↓PixelBenderについて書かれている本。他にもいろいろあって、この本良さそう!

詳解 ActionScript 3.0アニメーション ―衝突判定・AI・3DからピクセルシェーダまでFlash上級テクニック

著者/訳者:Keith Peters

出版社:オライリージャパン( 2010-01-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 15,156

大型本 ( 484 ページ )

ISBN-10 : 4873114373

ISBN-13 : 9784873114378


↓なんだこれ!?ちょっと面白そう!

カテゴリ:


↓動画マーケティングの本。

心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。

著者/訳者:市川 茂浩

出版社:インプレス( 2008-07-02 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 240 ページ )

ISBN-10 : 4844325841

ISBN-13 : 9784844325840


wmode 再び!

0
Filed under Flash, トラブルシューティング
Tagged as , , ,

鬼門のwmode

“wmode”、Flashを使った仕事をしている方なら一度は悩まされた経験があるのではないでしょうか。
Flashの出力ファイルであるswfをhtmlにエンベッドするときに指定するパラメータの一つです。

Firefox 3.6

ところで最近、Firefox 3.6にアップデートされて、 Flash上でマウスホイールによるウィンドウスクロールができなくなってしまいました。
とある案件でこの問題が浮上してきて困りましたが、知り合いが調査してくれた結果、回避方法が分かりました。
しかしその回避方法とは「wmodeの設定で”window”以外にする」というもの。

うわー!

出た!

wmode!!

ただ、今までは「wmodeを”window”以外にすると日本語入力が出来ない」という致命的なFXXKINGバグがありましたが、その時はwmodeを他のもの(“opaque” か”transparent”)に変えて対応してきました。

ところが、今回はその逆です。
つまり、日本語入力が必要かつ、Firefox3.6でフルスクリーンFlashでFlash上でマウスホイールによるスクロール欲しい、となったらアウトです!

幸い、今回の案件では日本語入力が必要ないものだったのでwmode変更で対応出来ました。
あと、Scroll on FlashというFirefoxアドオンによる回避方法もあるようですが、Windowsでしか使えない上に、サイト閲覧者にこれをインストールしろ、とは言えないですよね。

Flash Player 10.1! 早く!

ところで、Flash Player 10.1のベータ版が配布されています。
kamijoさんもblogに書かれていますが、新機能はよく分からない。

そこで、期待しないでリリースノート(PDF)を見てたら、Fixed Issuesの中に驚きの一文を発見しました!

Can’t input Japanese characters in text field if wmode “opaque” or “transparent” is set true except IE.

おぉ!!!
これは!!Flash Player 10.1では、wmodeの指定と日本語入力の問題が直る!ということです!(よね?)

ってか、やっぱり(ブラウザの問題ではなくて)Flash Playerのバグだったのか!一体どれくらいの人がこのバグに悩まされていたり、仕様変更を余儀なくされていたのか!と大崎に向かって言いたいところですよ。
一般公開はまだなのですが、バグ修正分だけはさっさとリリースして欲しいです!

こういうバグを何年も放置しているものはやっぱりiPxxには載せられないよね。
クパチーノで「この致命的なバグリストを直すまでは載せられない」とでも言われたのかな?というぐらい、 Flash Player 10.1では結構真剣にデバッグされているような気がする。
あと、IDE側もいろいろと直したり、基本機能の改善を行って欲しいです。iPhoneアプリ書き出せるとか、追加機能はその後だよ!


[AD]

↓MySQLを使おうとしているのですが、最初にどこまで考えて作ったらいいのか分からない。この本とか参考になるのかな?

MySQLによるタフなサイトの作り方

著者/訳者:佐藤 真人 桑野 章弘 岡田 達典 大黒 圭祐

出版社:SBクリエイティブ( 2009-09-16 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,652

単行本 ( 408 ページ )

ISBN-10 : 4797353937

ISBN-13 : 9784797353938


↓PixelmatorはMac OS Xで使えるPhotoshop的画像エディタ。現在絶賛試用中!PSDファイル開けるし、ショートカットもかなり同じだし、Elementsよりこっちがいいかもしれない。

ピクセルメーター

ピクセルメーター

カテゴリ:CD-ROM

発売日:2009-07-30


AS3のShift_JISのXML読み込み問題

1
Filed under AS3, Flash
Tagged as , , ,

「AS3のShift_JISのXML読み込みにバグ」という問題でかなりハマったので、メモのためのエントリです。

Shift_JISのXML読み込みで問題発生

『AS3でShift_JISのXMLを読み込む』という話があった時点で、「え!?Shift_JIS?なんか怖いので、UTF-8にしてください」と野生の勘で言ったものの、根拠がなくて却下されていました。

で、開発終盤。
なぜだかうまく読み込めない、という問題が大きな問題となりつつあり、当初は通信ラグとかサーバ側がおかしいんじゃないのか?とかそういう感じで調査していたのですが、調べていくと、「AS3でShift_JISの大きなサイズのXMLを読み込むとうまく読み込めないことが発生する」というバグ情報にたどり着きました。

野生の勘は的中でした。
21世紀も1割過ぎたんだから、もう新規案件の通信時文字コードはUTF-8で統一しようよ、と心の底から思います。

Shift_JISのXMLを問題なく読み込む方法

さらに調べると、どうやら回避策があるということがわかり、具体的には下記のブログエントリを参考に回避することが出きました。

内容を説明すると、バイナリフォーマットで通信し、それをByteArray→UTF-8の解釈でStringに変換→XMLという流れで解釈してあげれば問題ない模様。

// ロード開始コード.
var _loader:URLLoader = new URLLoader();
_loader.dataForamt = URLLoaderDataFormat.BINARY; // ←ここが重要.
_loader.addEventListener( Event.COMPLETE, onLoadComplete );
_loader.load(new URLRequest( _path_to_load_ ));
// ロード完了後の処理.
var bytes:ByteArray = ByteArray( _loader.data ); // 型キャスト.
var xml:XML = new XML( byteData.readMultiByte( bytes.length, "shift-jis" ) );

この流れでうまく行くというのは、おそらく、自動でXMLに変換するときに文字コード判定がバグってしまう、ということなんだと思います。


[AD]

↓ヘッドフォン入出力の分岐用に欲しい。というか、ミキシングできるらしく試してみたい。

↓フタ付き小物入れ部分が魅力的だったりするUSBハブ。箱の中にも端子があったら最高だった。

huBox HB-029

huBox HB-029

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2010-03-01