Tag Archives: ARC

ARCでCGColorRefを使い実機で落ちる場合の対応

0
Filed under iOS SDK, Objective-C, トラブルシューティング
Tagged as , ,

ARC (Automatic Retain Count)を有効にして、CGColorRef構造体を使うと、非ARCで動いていたコードがデバイスで実行した時に落ちる現象に遭遇しました。
ちょっと調べてみたら、下記のようなコードで落ちていることが分かりました。

1
CGColorRef colorRef = [UIColor redColor].CGColor;

ちなみに、このときXcodeでは次のようなスタック表示がなされています。
Xcoce CGColorRetain thread

この問題は下記のように CGColorRetain メソッドで括ることで対応出来ます。

1
2
// CGColorRef colorRef = [UIColor redColor].CGColor;
CGColorRef colorRef = CGColorRetain([UIColor redColor].CGColor);

参考サイト


[AD]

↓気になる書籍発見!最近発売された様子!

iPhone/iPad グラフィックスプログラミング

著者/訳者:STUDIO SHIN

出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2013-05-28 )

定価:

大型本 ( 444 ページ )

ISBN-10 : 479735819X

ISBN-13 : 9784797358193


↓よさそうですよねー!

たのしい インフォグラフィック入門

著者/訳者:櫻田 潤

出版社:ビー・エヌ・エヌ新社( 2013-05-24 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,179

ペーパーバック ( 196 ページ )

ISBN-10 : 4861008530

ISBN-13 : 9784861008535


QuickDialog:iOSアプリの設定画面をもっと簡単に!

2
Filed under iOS SDK
Tagged as , , , , , ,

iOSアプリで設定画面、と言えば、いわゆる「設定」アプリのような画面なのですが、いざ作るとなると結構面倒なのです!
「設定」アプリ内ならまだしも、アプリ内であの画面をつくろうとすると、、。
そこで便利なライブラリが今回紹介するQuickDialogというオープンソースライブラリ!

ライセンスは商用利用が可能なApache License Version 2.0です。

しかし、断念。。

ある程度プロジェクトに組み込んでから気づいたのですが、このライブラリを使うにはARC(Automatic Reference Counting)必須なのです!
個人的にまだARCに手を出していない上に、既に組み込み済みの他のオープンソースライブラリが逆にARC非対応だったりするので、この制限は厳しい。。
ということで、結局今回は、QuickDialogの使用は諦めました
ですが、便利そうなのは間違いないので、別プロジェクトでチャンスがあれば是非使ってみたい。

参考サイト

↓このライブラリ、プロジェクトに組み込むのがちょっと面倒だったのですがこのQ&Aが参考になりました。


[AD]

↓ARC勉強するならこの書籍!↓

エキスパートObjective-Cプログラミング -iOS/OS Xのメモリ管理とマルチスレッド-

著者/訳者:坂本 一樹

出版社:インプレスジャパン( 2011-11-18 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,160

単行本(ソフトカバー) ( 224 ページ )

ISBN-10 : 4844331094

ISBN-13 : 9784844331094


↓面白そうな!読み物系らしいので、リラックスして読んでみたい。

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

著者/訳者:Chad Fowler

出版社:オーム社( 2010-02-26 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,592

単行本(ソフトカバー) ( 200 ページ )

ISBN-10 : 4274067939

ISBN-13 : 9784274067938