Tag Archives: android

Vuforiaでカメラのフォーカスがきかない場合

0
Filed under Unity
Tagged as , , ,

Vuforiaでカメラを作って、実機で動作させてみたら、カメラのフォーカスが合わない問題が発生しました。
自分の場合では、iPhone用に同じコードをビルドしても問題ないのに、Android用に書き出したら問題が出てきました。
調べてみたところ、下記ページに解決策が載っていました。
https://developer.vuforia.com/forum/unity-extension-technical-discussion/camera-focus-mode-android-unity
ARCameraの設定時にフォーカスモードを設定させる、というものなのですが、具体的にスクリプトまで配布されていて、これをARCameraにアタッチすれば解決する、というものです。
CameraFocusController.zip

using UnityEngine;
using System.Collections;
using Vuforia;
 
public class CameraFocusController : MonoBehaviour {
 
    private bool mVuforiaStarted = false;
 
    void Start () 
    {
        VuforiaARController vuforia = VuforiaARController.Instance;
 
        if (vuforia != null)
            vuforia.RegisterVuforiaStartedCallback(StartAfterVuforia);
    }
 
    private void StartAfterVuforia()
    {
        mVuforiaStarted = true;
        SetAutofocus();
    }
 
    void OnApplicationPause(bool pause)
    {
        if (!pause)
        {
            // App resumed
            if (mVuforiaStarted)
            {
                // App resumed and vuforia already started
                // but lets start it again...
                SetAutofocus(); // This is done because some android devices lose the auto focus after resume
                // this was a bug in vuforia 4 and 5. I haven't checked 6, but the code is harmless anyway
            }
        }
    }
 
    private void SetAutofocus()
    {
        if (CameraDevice.Instance.SetFocusMode(CameraDevice.FocusMode.FOCUS_MODE_CONTINUOUSAUTO))
        {
            Debug.Log("Autofocus set");
        }
        else
        {
            // never actually seen a device that doesn't support this, but just in case
            Debug.Log("this device doesn't support auto focus");
        }
    }
}

Adobe Shadow:全ウェブ制作者必見!これがAdobeの本気!

0
Filed under 仕事ツール
Tagged as , , , , ,

ちょっと書きそびれているうちに遅くなってしまったネタです。。
最初に書こうと思っていたのは3月頭。
そう、new iPad発表の頃の話です。RetinaになったiPad、日本語にも対応したSiriを入れたiOS 5.1、予想を超えたものではないだけに、順当な感じがしてそれほど興奮はしなかったのですが、その頃、シレッと出てきたのがAdobe Shadow
Flashの状況とか、その他のアプリの話とか、「もうAdobeって時代じゃないよなー」なんて思いながら、そのShadowをチェックしてみたら、、
え!すげーーー!!何これ!そうそう!こういうのが欲しかったんだよ!と、悶絶!
そう、そこにはAdobeの本気が詰まっていたのです。
最後にone more thingがあるので、ちょっと長いエントリですが、是非最後までお付き合いください。

Adobe Shadowとは

Adobe Shadowについては、まず、ここの記事を読むといいと思います。

簡単に言ってしまえば、Adobe Shadowとは、複数のデバイスでのWEBプレビューを超簡単に行えるツールなのです!
PC/MacのChromeと、他のデバイスを関連付けて、あとはChromeで操作するだけで、各デバイスが自動的に同じページを表示してくれる、というものです。
それを踏まえて次のADOBE TVの動画を見てみるとよく分かります。

ただのビューアーでは終わらなくて、HTMLソースでエレメントを選択したら端末上でパーツがハイライト出来たりもします!

インストール!

必要なソフトは全て無料ですのでサクサクインストールしていきましょう。
まず、↓ここからMacのアプリをダウンロードし、pkgファイルをダブルクリックしてインストールします。ちなみに、Windows用はWindows 7のみ対応のようです。

次に、iOSアプリをダウンロードしてインストール。

AndroidアプリのAdobe Shadowもインストール。

最後に、Chromeエクステンションをインストールします。Mac側のブラウザとしては現状Chromeのみです。

これで準備は完了!

試してみた!

まず、ChromeのShadowエクステンションを起動します。

これで接続を待っている状態です。
次に、デバイス側のアプリ側を起動し表示されるパスコードをChromeの方に入力すると接続されます。
準備これで終わりです。簡単!
あとは、Chromeでタブを切り替えたりすると、表示されているページがShadowで繋がったデバイスにも表示されます。
ちなみにこの接続はBonjour機能でつながっているようです。
で、試してみたテストの動画をまとめてアップしました。

同期していますねー。

さらに編集も出来る!

FirefoxならFirebug、Chromeならデベロッパーツールがあり、表示している要素のCSSとかHTML構造をリアルタイムに変更して表示を確認することが出来ます。
なんと、このShadowにはそれが備わっていて、つまり、「iPadで表示がちょっとくずれるなー。ここのCSSを修正してみようかな?」なんてことがその場で出来るのですよ!!!
デバイスにつながっている時にChromeのShadowエクステンションを開き、デバイス名の右側にある <> 部分をクリックすると開きます。

ここで気づいたのですが、このリモートウェブ解析ツールはweinreというオープンソースライブラリのようです。

つまり、デバイスを簡単に繋げられる機能:Bonjour、リモートウェブ解析機能:weinre、ブラウザのプラグイン機能を提供しているChrome、それらをうまく組み合わせて綺麗にまとめあげたのがAdobe Shadowということになりますね。
しかし、すごすぎる!さすがAdobe!!見直しました!

One More Thing:Release 2の神対応

という記事を書いてアップしようとして確認の調査をしていたら、4月12日にRelease 2が出ていたことに気づきました。
※つまり、ここまでの記事はRelease1を元に書いています。
スルーしてもいいかな、と思ったのですが、新機能の中に一つ気になる機能が。

“Local Host URL Support”
ェ、、マジ!?
と、小さく叫びつつ、バージョンアップ。
そして、試してみました…。

ろ、ろ、ローカルホストだぁぁ!!!!

これもやっぱりいじれるーー!!
他にもlocalhostにある制作中のウェブサイトとかも、普通に動きましたよ!
そして、今のところこれが無料という…。
マジ神アプリですよ。

localhostにうまくつながらない場合

(2012/05/25 追記)
「設定はちゃんとしているはずなのにlocalhostにうまくつながらない」という場合、IPアドレス指定でうまくいく可能性があります!

http://localhost/mywebsite/index.html
-> http://192.168.0.10/mywebsite/index.html

参考情報:

私もうまくいかない時に、これでうまくいきました!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

[AD]

↓ネ申すぎるAdobeさんに敬意を評してCS5.5を紹介。マスターコレクション!

Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection Macintosh版 (旧製品)

Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection Macintosh版 (旧製品)

定価:¥ 409,320

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2011-05-20


↓Windows版のほうが安くなっている!

Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection Windows版 (旧製品)

Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection Windows版 (旧製品)

定価:¥ 409,320

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2011-05-20


htc EVO WiMAX バージョンアップ!その2

0
Filed under Android
Tagged as , , ,

htc EVO WiMAX ISW11HT、久々のアップデートです!

今回のアップデートの対応内容はただ一点。しかしこれ重要!
「ブラウザを利用してインターネット接続する際、または待受け中に、再起動する場合があります」
突然のISW11HTの再起動音にビクッとすることがなくなるようです!
これは嬉しいですねー。 🙂

アップデート手順

アップデート手順は、前回と同じなので、当ブログ 2011/09/25 の記事を参照してください。
WiFi環境でアップデートしましたが、10分程度でダウンロードからアップデートまで完了しました。
発売当時から比べると、かなり電池の持ちも良くなったし、こういう地道なアップデートは好印象ですね。


[AD]

↓モバイルルーターとして使うなら大容量バッテリー!

↓前見た時より、値段が上がってきている気がする。

カテゴリ:


htc EVO WiMAX バージョンアップ!

0
Filed under Android
Tagged as , , ,

先日(9/22)htc EVO WiMAX ISW11HTのシステムアップデートが開始されたので、遅ればせながら私もアップデート作業してみました。

アップデート手順

アップデート手順ですが、menuから、「設定」→「この携帯電話について」→「システムソフトウェアの更新」を選び、下部にある「今すぐチェック」ボタンを押すだけ

ダウンロードに使用する回線を聞かれますが、無線LANの環境ではWiFiを使えばいいと思いますが、通常は定額料金プランを使っていると思うので、まぁ、どちらでもいいかと。

あとはいろいろ聞かれますが、適当に進めると、アップデートされます。
回線状況にもよると思いますが、アップデートにかかる時間は大体30分くらいを見ておけばいいと思います。

OSバージョンアップ!

で、今回のアップデートで何が変わるの?ということですが、KDDIによると、今回のアップデートの内容は次のようになっています。
〈お知らせ〉 「HTC EVO WiMAX ISW11HT」におけるEメール対応等のアップデート実施について | 2011年 | KDDI株式会社

  1. Eメール (~@ezweb.ne.jp) への対応(「KDDI Eメール (~@ezweb.ne.jp) アプリケーション」の提供)
  2. Android™ 2.3へのアップデート
  3. 「au one Market」への対応
  4. 「auかんたん決済」への対応
  5. 緊急地震速報への対応
  6. Cメール送信方法の改善

緊急地震速報に対応してくれたので、なまず速報等のアプリは要らなくなりましたね。まぁ、本当に通知が来るか心配なので、次回の地震が発生するまで消しませんが。

au one Market、Eメールアプリを入れてみる

今回のアップデートで一番気になるのはau one Marketへの対応ですので、早速入れています。
ISW11HTで、auone.jpにアクセスするか、端末に入っているau oneアイコンをタップして、au oneのサイトを開きます。
スクロールしていくと出てくる au one Market のバナーをタップして、進みます。

ダウンロードするのは、インストーラみたいなファイルになり、それを起動してインストールが完了するようになるのですが、ちょっと設定が必要だったりするので、注意が必要です。
説明はインストーラを起動するときの画面で出てくるのですが、「設定」の「アプリケーション」の中にある「不明な提供元」という項目にチェックを入れる必要があるのです。
これはインストールが完了したら再びチェックを外しておいたほうが良いです。
で、うまくいくと、インストールが完了し、アプリケーションの一覧に追加されます。
一瞬とはいえ、変な設定にするのが 嫌な感じ です。普通にAndroidマーケットからのダウンロードの仕組みにして欲しかった!

「Eメール」アプリ

ランキングで見てみるとEメールというアプリもあります。これが「Eメール (~@ezweb.ne.jp) への対応」を実現しているアプリですね。これも入れてみます。
「au one IDを設定」という確認が出てきますが、このあたり、新規でhtc EVOを購入した人はどうなるのか、ちょっとわかりませんが、私の場合、前のauケータイでau oneに登録してた時の情報が出てきます。そのパスワードを入力したりしたら au one IDの設定が完了しました。
これで無事ダウンロードできて、Eメールアプリが使えるようになりました。
でも、まぁ、自分はもうこのアドレスは使っていないし、みんなに切り替えてもらったので誰からも来ないと思うのですが、って、DMが来てたので削除しまくってすっきり終了。

アップデートすべきか?

実質、テザリングしか使ってないですし、アップデート必要ないかな?とも思っていました。
OSがAndroid 2.2 (Froyo)からAndroid 2.3 (Gingerbread)になったのも、そんなに分かりませんが、ゲームとかでは処理効率が改善されているようなので、して損はないかな、と。

テキストエディタで編集するときのカーソルの出方が変わって、テキストを選びやすくなったのは、メインで使っているユーザーには嬉しい機能改善かもしれませんね。

聞こえてくる次世代機の足音

auのリークされた情報によると、公開済の次世代機であり、先月末には世界的にはリリースされているhtc EVO 3Dですが、日本でもauから発売されるようです。
htc EVO 4Gの発売が日本で(htc EVO WiMAXとして)発売されるまでは1年遅かったのですが、3Dはわりと早いですね。3Dカメラとかあまり興味を惹かれないのですが、基本性能のスペックアップはよさそうですね!
一つハッキリと「いいなぁ!」と思えるのはhtc EVO 3DにはSIMスロットがあるということ。(2011/09/25追記:※正式発表でauのhtc EVO 3D ISW12HTにはSIMスロットが付かないことが判明!残念!)

htc EVO WiMAXはSIMスロットが無いから、複数端末を切り替えられないんですよねー。分かっていたけど、やっぱりSIMがあればそっちがいいに決まっていますよね!iPhone5と切り替えられるかもしれないんだから!
と思ったのですが、、iPhoneとの2台持ちで、メインの電話もiPhoneを使っている今、いまいち切り替えるタイミングが分からないし、どちらかというと、auがテザリング可能なiPhone5出してくれたら最強!なんだけどなぁー。


[AD]

↓こ!これは!!山とか行く時に欲しい!!アウトドアなEVOユーザーは、無くなる前にゲットしておくべき!

↓GingerbreadオンリーHacksというだけあって、それだけ2.3で追加された機能が多いということか!?Androidデベロッパー必見!?

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。