Tag Archives: スティーブ・ジョブズ

「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」読了

0
Filed under
Tagged as , ,

先月読んだ同著者の「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」を読んで刺激を受けたので、ついでに最近刊行された本書も読んでみることにしました。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

著者/訳者:カーマイン・ガロ

出版社:日経BP社( 2011-06-30 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,380

単行本 ( 392 ページ )

ISBN-10 : 4822248569

ISBN-13 : 9784822248567


今一歩

「驚異のプレゼン」は本当に良書だと思うのですが、本書は、残念ながらそこまで及ばず、という印象です。
「驚異のプレゼン」と同じ著者、同じ翻訳者なのですが、内容も、翻訳も若干クォリティが低い。
内容に関してはさておき、翻訳に関しては原文を読んだわけではないので一概に言えないのですが、中盤で、「あれ?」と思うような文章があると感じられました。
なかでも、122ページの見出しは明らかにおかしい。

「無理な締め切りを満足する」、おそらく、”Meet a deadline”、「締め切りを守る」のことかと思います。
一旦機械翻訳にかけて修正するスタイルをとっているのだろうか。前作「驚異のプレゼン」は全て役者が咀嚼しなおしているかの如く全く違和感のない日本語で非常に読みやすかっただけに残念でした。

内容も

肝心の内容ですが、前作「驚異のプレゼン」と内容がかぶる部分が多く、続けて読むと、あまり新鮮味を感じることが出来ませんでした。
本書は、ジョブズのやり方の特徴を7つの法則とし、それぞれ、Apple以外の会社で成功した事例を紹介する、というスタイルです。
正直、あまり面白くない。一番面白い事例がAppleだからしょうがないですね。

私のまとめ

まず、本書に書かれている7つの法則を列挙してみたいと思います。

  • 法則1「大好きなことをする」
  • 法則2「宇宙に衝撃を与える」
  • 法則3「頭に活を入れる」
  • 法則4「製品を売るな。夢を売れ。」
  • 法則5「1000ものことにノーと言う」
  • 法則6「めちゃくちゃすごい体験をつくる」
  • 法則7「メッセージの名人になる」

2と6、4と7、はそれぞれ一緒な内容かな、と思うのでまとめ、また、自分で分かりやすいようにキーワードを入れてみました。

  • 法則1「大好きなことをする」(情熱)
  • 法則2「めちゃくちゃすごい体験をつくる」(ビジョン)
  • 法則3「頭に活を入れる」(想像力)
  • 法則4「メッセージの名人になる」(ストーリー)
  • 法則5「1000ものことにノーと言う」(シンプル)

しかしまだ、本書で出てくる3点ルールまで減らしたいところ。
で、考えてみると次のようになりました。

  • 「情熱」
  • 「想像力」…ビジョン、ストーリー
  • 「技術力」…デザイン力、実現する力

割と納得できるカタチまで落とせたので、本書は読了として本棚に収めることします。

オススメは前作

結論として、この2作のうち読むべきは前作の「驚異のプレゼン」
「驚異のイノベーション」を読む時間があるなら「驚異のプレゼン」を2回読むことをお勧めします。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

著者/訳者:カーマイン・ガロ

出版社:日経BP社( 2010-07-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,808

単行本(ソフトカバー) ( 408 ページ )

ISBN-10 : 482224816X

ISBN-13 : 9784822248161



[AD]

↓ジョブズ本ではこちらも良さそうなレビューですね。

スティーブ・ジョブズの流儀

著者/訳者:リーアンダー ケイニー

出版社:武田ランダムハウスジャパン( 2008-10-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

単行本 ( 336 ページ )

ISBN-10 : 4270004215

ISBN-13 : 9784270004210


↓そして、ジョブズ本の決定版、自伝的著作が11月に発売されます。

スティーブ・ジョブズ I

著者/訳者:ウォルター・アイザックソン

出版社:講談社( 2011-10-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 564

ハードカバー ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4062171260

ISBN-13 : 9784062171267


↓忘れてはならないもう一人のスティーブ!

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

著者/訳者:スティーブ・ウォズニアック

出版社:ダイヤモンド社( 2008-11-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,160

単行本 ( 453 ページ )

ISBN-10 : 447800479X

ISBN-13 : 9784478004791


「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」読了

1
Filed under
Tagged as , , ,

このブログ、あまり書評的なものを書いていないのですが、いろいろ読んで、書こうと思っているモノは準備しています。
そんな最近、本当に、何気なく買ったのだが、本当に面白かったし、得るものが多かったので、最近読んだものですが、紹介したいと思います!

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

著者/訳者:カーマイン・ガロ

出版社:日経BP社( 2010-07-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,808

単行本(ソフトカバー) ( 408 ページ )

ISBN-10 : 482224816X

ISBN-13 : 9784822248161


全ビジネスマン必読!とは言わないが、私の周りにいる人には薦めていきたい良書!

読む前の印象

本書を読む前の私の考えは次のような感じでした。
(1) スティーブ・ジョブズのやり方は天性のもので、本書を読んだからといって真似できない。
(2) 「スライドはシンプルに」というキーワードぐらいしか得るものがないかもしれない
そんな印象でよく買うな、と今でも思うのですが、とにかく何か本を手にしたい時ってありますよね?私も本書はそういう感じで手にしたのでした。
今考えるとその選択はラッキーでした!

説得する技術

本書のプロローグにこういう引用文があります。

誰も思いつかなかった世界一のアイディアを思いついても、周りを説得できなければ意味がない。 ── グレゴリー・バーンズ

この言葉を知識としてではなく、説得できなかった経験を積み重ねてきた自分としても、本当に体感として感じます。
しかし、諦めるわけにはいかないわけで、これからもいろいろと周りを説得する、という事が必要になっていくのです。
そう、本書はいわゆる「プレゼン」技術本ではなく、「説得する」技術本なのです
もちろん「説得する」の一環として「プレゼン」の技術にも触れていますが、ほんとうに大事なのはプレゼンの準備段階、構想段階である、と本書は強く打ち出してきます。
最後まで読み終わって、その意味がしっかりと理解できました。

その企画で自分を説得できるか?

タイミングよく、私には今考えるべき企画がいくつかあります。
それに当てはめつつ本書を読み進めたら、本当にいろいろなことがすっきりし、改善の方向性や、企画の根本的な見直し、などを進めることが出来るようになりました。
自信がない企画というのは、そもそもその企画の軸に自分が納得できていないからかもしれません。自分を説得できていないのに、他人を説得できるわけがありません。
その企画の軸を徹底的に見直すきっかけになり、徹底的に見直せたかを検証すると、企画が独り立ちしてきました。
まだ、私の企画は立ち上げ前の状態なので、これからなのですが、その最初期に本書で軸を見直すことが出来たのはこれからも大きなステップとなりそうです。

読後の印象

読む前の印象は次のように変わりました。
(1) ジョブズのプレゼンは才能ではない。徹底的に考え、何時間も何日も練習している!つまり、ジョブズでさえ練習しているのに、そうでない人が練習しないでいるのは怠慢以外の何者でもない!
(2) シンプルにするのは重要だが、それだけではダメだ。そもそもスライドはプレゼンの本質ではない、と気づくことが大事。有効なヘッドラインの反復など、本当にいろいろ考えられている。

素晴らしい編集

本書の良いところは、ジョブズのプレゼンについて、割と細かく紹介しているところ。
スライドの内容と並べて、ジョブズの発言を載せているのですが、日本語だけでなく元の英語も載せているのがよく分かっている!という感じ。

英語ならではのテンポとか言い回しってあるので、そういうのをYouTubeで探す必要も無くなり、本当に理解が進みました。
ちょっとでも興味がある人には、本当にオススメですよ!

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

著者/訳者:カーマイン・ガロ

出版社:日経BP社( 2010-07-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,808

単行本(ソフトカバー) ( 408 ページ )

ISBN-10 : 482224816X

ISBN-13 : 9784822248161



[AD]

↓「驚異のプレゼン」と同じ著者、同じ翻訳の「驚異のイノベーション」、こちらも読もう!

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

著者/訳者:カーマイン・ガロ

出版社:日経BP社( 2011-06-30 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,380

単行本 ( 392 ページ )

ISBN-10 : 4822248569

ISBN-13 : 9784822248567


↓AERAのApple特集ムック。こちらにも「驚異のプレゼン」の著者 カーマイン・ガロがコンテンツを寄せているようです!

AERA×Apple Love?Apple アップルはお好きですか (アエラムック)

出版社:朝日新聞出版( 2011-06-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,245

大型本 ( 134 ページ )

ISBN-10 : 4022744391

ISBN-13 : 9784022744395


↓先日リリースされたMac OS X Lionの特集!iOS5, iCloudの話も掲載!

Mac100% vol.11 (100%ムックシリーズ)

出版社:晋遊舎( 2011-07-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 5,710

ムック ( 121 ページ )

ISBN-10 : 4863913389

ISBN-13 : 9784863913387