Tag Archives: ウェブサービス

Kickstarterルール

0
Filed under ウェブサービス
Tagged as ,

プロジェクトの休止

最近、とあるKickstarterプロジェクトに出資(pledge)していましたが、先日金額を達成し、その直後にプロジェクトが休止されました。(プロジェクト名は伏せておきます)
kickstarter suspended project
私の記憶では、期限間近まで大体60%位と思うのですが、急に最高額のチケットが売れて金額達成して、違和感と、疑惑が生まれていたのです。(あ、私はreportとかしていないですし、実際にどういう出資があったのかは分かりません)


「クラウドファンディングを新製品発表的に使う用途も、場合によってはありなのか?なんか俺の知っているクラウドファンディングと違う。。」という残念な気持ちになっていたのですが、そのプロジェクトが、ルール違反ということで、停止(suspended)となったのです。

Kickstarterのルール

Kickstarterからは次のようなメールが送られてきました。
kickstarter suspended mail
「A review of the project uncovered evidence that it broke Kickstarter’s rules.」
「ルール違反の証拠が見つかった」ということですので、まぁ、何かやったんでしょうね。
ルールについては、Kickstarterのページに次のようなFAQがありました。
Why would a project be suspended?
内容を読んでみると、クリエイターが自分で出資(self-pledging)してはダメ、とか、クリエイターと出資者(backer)が同じ人だとダメ、とか、運営ポリシーがちゃんとしています!
これだけ巨大なプラットフォームになれば当たり前かもしれませんが、正直、違和感のあるクラウドファンディングプロジェクトをいくつか(主に別のプラットフォームで)見ていて、方向性が変わってきているところに嫌悪感すらあったのですが、Kickstarterのこのブレないルールには好感が持てます!

プラットフォームの差別化

もちろん、クリエイター支援という方向ではなく、シンプルに資金調達系というクラウドファンディングプラットフォームもアリだとは思いますが、Kickstarterはそっちじゃない、ということですね。
Kickstarterは、他で資金調達できないクリエイター支援としてのプラットフォームとのことですので、企業と一緒に広告メディアとして間違った使い方をすると痛い目を見るということです。(今回のプロジェクトも大企業が絡んでいるので、どこに落とし所を持っていくのか?というのが気になります。。あちこちのpodcastとかでも出てたりしたし。)
クラウドファンディングプラットフォームにはいろいろなタイプが合っていいと思うので、他のプラットフォームも尖った方向に進んでいくといいんじゃないかと思います。


Cocoapodsでハマった時のyak shaving memo

0
Filed under 仕事ツール
Tagged as , , , , ,

Cocoapods (pod)って便利ですよね。
しかし、外部サービスに依存すると、そちら側のアップデートに対応する必要が出てきたりして困ることがあります。
特に、余り使っていないプロジェクトとかをたまに更新したりすると。。
ということで、ちょっとしたyak shavingメモ。

Cocoapodsを使う

  • Cocoapodsで外部ライブラリをインストール
$ pod intall
  • pod installがうまくいかないときのCocoapods再セットアップ
$ pod repo remove master
$ pos setup

Cocoapodsのバージョン確認とアップデート

  • Cocoapods自身のバージョン確認
$ pod --version
0.32.1
  • Cocoapods自身のアップデート
$ sudo gem update cocoapods

Ruby Gemsのバージョン確認とアップデート

  • Gems自身のバージョン確認
$ gem -v
2.2.1
  • Gems自身のアップデート
$ gem update --system


Evernoteのアカウント統合手順

0
Filed under ウェブサービス, 仕事ツール
Tagged as , ,

いつの間にか、二つのEvernoteのアカウントを持っていたので統合しました。
その手順をメモしておきます。

削除するアカウントのノートをバックアップ

まずは、消したいアカウントのノートをバックアップします。
Macアプリで、ノートブックを右クリックし「ノートをエクスポート」を選びます。
evernote_account_1
.enex形式で書き出します。
evernote_account_2
残したいノートブックを全てこのようにして書き出します。
全てのノートを書き出すには、「ファイル」メニューの「全ノートをエクスポート」を選びます。

残したいアカウントでノートを取り込み

残したいアカウントに切り替え、「ファイル」メニューの「ノートをインポート」を選び、先ほど書きだしたノートを読み込みます。
これでとりあえずデータの移行は完了です。

削除するアカウントの削除

削除するアカウントに切り替え、全てのノートを削除します。
重要なのは、Evernoteの場合、アカウントの削除は「アカウントの停止(Deactivate)」であり、即座にデータが消えるわけではない、ということです。
その為、後から戻したいときにはこの作業は不要ですが、自分の知らないところにデータが残るのはどこか気持ち悪いものがあると思う方は、削除しましょう。

アカウントの停止

Evernoteのウェブサイトの「設定」から「アカウントの概要」画面を開き「アカウントの削除」リンクをクリックします。
evernote_account_3

参考情報


[AD]

↓最近発売されたヨサゲな新書。Kindle版もあり!

Evernoteを使いたおす方法 「いつか使うかも」を入れておく備忘録 (アスキー新書)

著者/訳者:花岡貴子

出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-02-12 )

定価:

Amazon価格:¥ 802

新書 ( 160 ページ )

ISBN-10 : 4048913999

ISBN-13 : 9784048913997


↓ScanSnapもいいですよねー!

ScanSnap仕事便利帳―1台を使い尽くす180の活用法

著者/訳者:山口 真弘

出版社:SBクリエイティブ( 2012-12-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 500

単行本 ( 168 ページ )

ISBN-10 : 4797372419

ISBN-13 : 9784797372410


JPEGminiがすごい!

0
Filed under Mac, ウェブサービス
Tagged as , , , ,

JPEGminiというウェブサービス/ソフトを知ったのですが、ちょっとスゴイので紹介!(半年以上前には出ているようなので、遅い情報で、知っている人も多いとは思いますが)

JPEGminiとは

Jpegminiとは、JPEGファイルを見た目をあまり劣化させずにファイルサイズを削減してくれるというモノ。

ウェブサイトにJPEGをアップロードしたら変換してくれるサービスと、Webサーバにインストールするサービス(値段等は不明)と、あと、Macのアプリがあります。

JPEGmini Mac
↑このアプリは1,700円ですが、1日20枚という機能限定がある無料版JPEGmini Lite - ICVT Ltd.もあります。

本当にスゴイ!

大げさではなく、ファイルサイズを5、6割は減らしてくれます!
ポイントは画質の良さ!ちょっと驚きのレベルなのです!
『JPEGファイルでって、結局、あのブロックノイズが出てくるんでしょ〜?』と思いますよね?そう思っていました、私も使う前は。
しかし、本当にスゴイのですよ!!
私の写真のオリジナルのJPEGと、JPEGminiで小さくしたものを両方共アップしてみましたので、確認してみてください↓

細かいところがあるものには向いていない場合もありますが、印刷用途には使わない、とか分かっている画像ならJPEGminiで小さくしてしまって問題ないですね。
特に、Dropboxに写真をアップしてる人はこれで空き容量を増やすのがいいと思います!!

PNG,GIFならImageOptim

MacやiPhoneのスクリーンショットはPNGで保存されますが、これを圧縮するにはImageOptimがお勧め!

ImageOptimはオープンソースなので無料ですが、これも普通に、2、3割削減してくれるし、PNGなのでもちろん画質のロスはありません!
初期状態のままではPNGしか対応していませんが、設定パネルで”Gifsicle”にチェックを入れておくとGIFファイルも圧縮可能になります。
imageoptim setting

JPEGminiのアルゴリズム

アルゴリズムが気になる人には下記のdankogai氏のブログエントリがお勧めです。


[AD]

↓JPEGの符号化アルゴリズムについて書かれているようです

わかりやすいJPEG/MPEG2の技術

著者/訳者:小野 定康 鈴木 純司

出版社:オーム社( 2001-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

単行本 ( 182 ページ )

ISBN-10 : 4274079171

ISBN-13 : 9784274079177


↓2012年9月発行ということで比較的新しい画像処理関係の書籍

図解入門よくわかる最新画像処理アルゴリズムの基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)

著者/訳者:長尾 智晴

出版社:秀和システム( 2012-09-25 )

定価:

単行本 ( 262 ページ )

ISBN-10 : 4798035173

ISBN-13 : 9784798035178