Category Archives: Xcode

ERROR ITMS-4088への対応

0
Filed under Xcode
Tagged as ,

Xcodeでビルド後、Archiveし、App Storeにアップロードする際に出てくるエラーに悩まされました。

20171002 Xcode Error ITMS 4088

ERROR ITMS-4088: “The organization XXXXXXXXX does not have permission to modify the application with the Apple ID 1234567890. Please try again, using an account for an organization with access to this application.” at SoftwareAssets

<環境>
– macOS 10.12.6
– Xcode 9.0

検索してみたら、“Xcode 9 GM doesn’t recognize me as part of a team (ITMS-4088)”というページが引っかかりました。

結論:reboot!

読んでみると、macを立ち上げ直せばいい、という話。
ホントかよ?と思うのですが、ホントでした!!

Xcodeって、こういうの結構多い。。
悩む前にリブートしよう、という落ちでした。

Xcode 7.1にAlcatrazを入れる

0
Filed under Xcode
Tagged as ,

Xcodeのパッケージ管理プラグインであるAlcatrazですが、以前は簡単にインストールできた気がしたのですが最近のXcode 7.1だとうまくいかなかったので、インストールできた手順をメモしておきます。
Alcatraz The package manager for Xcode

Alcatrazのページに書かれている方法

公式サイトに書かれている手順は次のようになります。

$ curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/supermarin/Alcatraz/deploy/Scripts/install.sh | sh

これがうまく動けば問題ないのですが、インストールは完了してXcodeを再起動しても、私の環境では表示されませんでした。

そこで探して見つけたのが、Alcatrazのgithub issueでのやりとりです。
jpincheira氏の書かれているやり方で多くの人が成功しているようです。
https://github.com/alcatraz/Alcatraz/issues/365#issuecomment-151207570

その手順は下記のようなものです。

$ cd ~/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins
$ wget https://github.com/supermarin/Alcatraz/releases/download/1.1.10/Alcatraz.tar.gz --no-check-certificate
$ tar xzvf Alcatraz.tar.gz

ただ、自分の環境ではwgetが入っていなかったので、代わりにcurlコマンドでダウンロードする手順を下記にまとめます。

$ cd ~/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins
$ curl -fLO https://github.com/alcatraz/Alcatraz/releases/download/1.1.13/Alcatraz.tar.gz
$ tar xzvf Alcatraz.tar.gz

リリース情報は下記にあるのですが、2015-11-26現在の最新版は1.1.13ですので、これを入れました。
https://github.com/alcatraz/Alcatraz/releases/
もっと新しいバージョンが有る場合はURLを変更して対応してください。

もう一息

以上で、Xcodeを再起動すれば、インストールされるはずですが、私の環境ではまだこれでもXcodeから見ることができませでした。
上記のgithub issueの続きに書かれている下記のEvanLu氏のコメントを参考に、設定をクリアしてからXcodeを立ち上げ直したらインストールできました。
EvanLu氏のコメント
https://github.com/alcatraz/Alcatraz/issues/365#issuecomment-151404915

$ defaults delete com.apple.dt.Xcode DVTPlugInManagerNonApplePlugIns-Xcode-7.1

とりあえずいれたパッケージ

とりあえず前に入れていた、コメントを簡単に記入できるをVVDocumenterを有効にしてみた。
https://github.com/onevcat/VVDocumenter-Xcode
VVDocumenter
他におすすめがあれば教えて下さい!

Xcode:C99とOpenGLメソッドがらみのとあるエラー対策

0
Filed under Xcode, トラブルシューティング
Tagged as

昔から使っているプロジェクトを、最近のXcode、iOS SDKでビルドしなおしていたら、下図のようなエラーが出てきました。
xcode opengl C99 error

"Implicit declaration of function 'glGenVertexArraysOES' in invalid in C99"

とか、

"Implicit declaration of function 'glBindVertexArrayOES' in invalid in C99"

というエラーです。

調べてみたら、StarckOverflowで該当するQ&Aが見つかりました!

・Errors showing for OES OpenGL statements in Xcode 6 for iOS8 – Stack Overflow
エラーが出るソースの上部に、次のようなimport文を追加して対応できる、とのことです。

#import <OpenGLES/ES2/glext.h>

これで無事解決しました!


iOSアプリ開発中にデバイスをスリープさせない

0
Filed under Xcode
Tagged as , ,

アプリ開発中には、「コードを書く、実機動作確認」という作業の繰り返しです。
でも、コードを書いている間にデバイスがスリープすると、イラッとしてしまいます。。
かと言って、使用しているデバイスが普段使いのデバイスだと、スリープさせない設定にするのもためらわれてしまう。。
これまではいちいちアンロックしていたのですが、ちょっと立ち止まって、どうしたものかと考えてみました。
本当はデバイス側に「USB接続しているときにはスリープしない」という設定があればよかったのですが、見つけられなかったのです(あるのかなー)。

で、思いついたのは「開発中のアプリにスリープさせないコードを実装してしまう」という方法!
シンプルだけど有効だと思って、早速自分のアプリに組み込みました。

SwiftでDEBUGフラグを設定

Swiftを使ったプロジェクトではデバッグビルド時のDEBUGフラグは標準で未設定のようで、自分で設定する必要があるようです。
XcodeでTARGET設定の中にある「Other Swift Flags」に「-D DEBUG」と設定しておきます。
Xcode TARGET設定, "Other Swift Flags", "-D DEBUG"

SwiftでDEBUGフラグを判定

あとは、プログラムの実装側で、下記のようにコンパイル時のフラグ分岐でスリープと解除のソースを書いておくと大丈夫でした。

func applicationDidBecomeActive(application: UIApplication) {
	#if DEBUG
		println("avoid sleep for debug")
		application.idleTimerDisabled	= true;
	#endif
}
 
func applicationDidEnterBackground(application: UIApplication) {
	#if DEBUG
		println("avoid sleep for debug - exit")
		application.idleTimerDisabled	= false;
	#endif
}

AD

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。



スティーブズ(1) (ビッグコミックス)

スティーブズ(1) (ビッグコミックス)

カテゴリ:Kindle版

発売日:2014-11-28