Category Archives: Subversion

TortoiseSVNアップデートでトラブったら、、

0
Filed under Subversion, トラブルシューティング, 仕事ツール
Tagged as , ,

TortoiseSVNのアップデートについて、ちょっとトラブったのと、それが解決したので、そのメモです。

コンテキストメニューに出てこない!

以前、1.6.9から1.6.10にしたときにコンテキストメニューに全く出てこなくなり、使い物にならなかったので、すぐに1.6.9に戻していました。
で、最近、1.6.11が出て、今回は大丈夫だろうと思ってインストールしてみたのです。
すると、、、やっぱりコンテキストメニューに出てこない!

一度でダメならもう一度!?

でも、すぐに戻すのも悔しいのでネットで検索してみました。
すると、こんな情報を発見!

よくみるとダウンロードページに「インストーラーを2回実行して、2回目のときは『修復』を使え!」とか書かれているようです。

 [TortoiseSVN]バージョンアップしたら日本語パックがチェック通らない!⇒また【修復】で回復。 – Project Note
これは1.6.10のときにRelease Noteに書かれていたようです。
藁をもすがる思いで、もう一度インストーラを起動、そして、Repairを実行してみました。
すると!!なんとうまくいったではありませんか!
マジカヨ!!


[AD]

↓Subversionの本ではこれが評判いいですね!

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

著者/訳者:Mike Mason

出版社:オーム社( 2007-04-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,807

単行本(ソフトカバー) ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4274066800

ISBN-13 : 9784274066801


↓TortoiseSVNとRedmineの連携について書かれているようです!

オープンソースによるプロジェクト管理入門

著者/訳者:ファーエンドテクノロジー株式会社

出版社:秀和システム( 2010-02-12 )

定価:

Amazon価格:¥ 13,052

単行本 ( 352 ページ )

ISBN-10 : 4798025208

ISBN-13 : 9784798025209


colordiffで違いが色づく

1
Filed under Subversion
Tagged as , ,

svnのdiffコマンドがそのままでは見にくいのだが、これに色を付けることができるcolordiffというのがあるらしい。以下はそれをインストールして使用するまでの顛末です。

MacPorts

まずはこれをインストールします。
これは様々なコマンドなどパッケージとして配布されているものをダウンロードしてインストールする仕組みのクライアントコマンドです。PerlでいうところのCPAN、RedHat Linux系のrpmとかと同様な仕組みです。
もともとDarwinPortsと呼ばれていたらしいが、Darwinプロジェクトが終了した現在ではMacPortsという名称に変わっているようです。

こちらにSnowLeopard用インストーラも配布されているので、ダウンロードしていつもの要領でインストールします。
私の環境では、以下の場所にportコマンドがインストールされました。
/opt/local/bin/port

colordiffをインストール

MacPortのコマンドを使えば簡単にインストールは完了します。
以下のようなコマンドを入力し、sudo用のパスワードを入力すれば無事完了すると思います。
$ sudo port install colordiff

diffを置き換え

次にsubversionで使用するdiffコマンドを置き換える設定を行います。
~/.subversion/configファイルの中の、以下のような場所(だいたい50行目辺り)を探し、1行追加して完了。
# diff-cmd = diff_program (diff, gdiff, etc.)
diff-cmd = colordiff

使ってみる

svn diffで比較してみると、下図のようにコンソール上に色付けされたdiffの結果が表示されています。かなり分かりやすくなります!
colordiff

参考サイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!

Subversionハンドブック (Handbookシリーズ)

著者/訳者:team-thoth

出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2008-05-30 )

定価:

Amazon価格:¥ 7,988

単行本 ( 352 ページ )

ISBN-10 : 9784797346589

ISBN-13 : 9784797346589


svnをコマンドラインで使う

0
Filed under Subversion
Tagged as , ,

最近のMac OS XではSubversionが最初からコマンドに組み込まれているようなので、コマンドラインから使用してみる練習をしてみます。

作成

まずはリポジトリを作成します。/svn-prj というリポジトリを作成します。
svnadmin create /svn-prj

チェックアウト

次に、リポジトリから作業ディレクトリにチェックアウトします。
svn co /svn-prj prj
このとき、出力先のprjを作っておかないと、自動的にルートディレクトリは作ってくれません。

ディレクトリの追加

作業ディレクトリで作ったディレクトリ”hoge”を追加します。
svn add hoge/
しかし、上記のように入力とすると、hoge/以下のすべてのファイルがaddされてしまいます。
しまった!と思ったら、次のように入力すると、add予約が取り消されます。
svn revert --depth infinity hoge/
hoge/ディレクトリのみをaddし、hoge/以下のファイルをaddしたくない場合には、次のようにコマンドを入力します。
svn add -N hoge/
-Nというのは–non-recursiveのショートカットらしいです。

コミット

この後、commitコマンドを入力すると、無事”hoge”ディレクトリのみがバージョン管理に追加されます。(ディレクトリ内のファイルは追加されません)
svn commit -m "add hoge"

追加の状況をログで見る

続いて、先ほどのログがきちんと行われているかどうか、ログを見て確かめてみたいと思います。ログを見るのは次のようなコマンドになります。
svn log hoge/

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

著者/訳者:Mike Mason

出版社:オーム社( 2007-04-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,807

単行本(ソフトカバー) ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4274066800

ISBN-13 : 9784274066801