Category Archives: FrameCamera

iOS 4 使ってみました

1
Filed under FrameCamera, iPhone
Tagged as ,

開発者としてはちょっと遅ればせながらiOS 4が正式リリースされたのでインストールしてみました。

ピークの時間帯を過ぎてからダウンロードしたのですが、3GS 32GB(20GBくらいのデータがあります)で大体1時間かかりました。
データが多い人は、落ち着いた時間が取れるときにアップデートした方が良いと思います。

背景画像

インストール後、起動してみて背景画像があるのがとても新しい感じ!
あと、各種トランジションエフェクトがグリグリ動いて、自分のiPhoneが高速化されたような気分になります。こういうのいいですねぇ。
背景画像はデフォルトでは、いままで画面ロック時に表示していた画像が使われるようになっているようですが、これは写真アルバムから選ぶことで、ロック時の画像とは別に設定できます。

フォルダ機能

iOS 4 のフォルダ機能ですが、アプリアイコン整理機能を使ってフォルダを作ることが出来ます。
まず、アプリアイコンの長押しで、アプリアイコン整理モードにします。
QuadCameraTiltShiftGenを「カメラアプリ」というフォルダにまとめる例にしてみます。
TiltShiftGenアイコンをQuadCameraのアイコンの上にドラッグアンドドロップします。
これで新規フォルダが生成され、その中にQuadCameraTiltShiftGenが入っている状態になります。

さらにここにFrameCameraをドラッグアンドドロップすると、そのフォルダ内に追加されます。

名前は自由に変更できます。
分かりにくい、という問題はありますが、今までのバージョンの操作を変更しない結構考えられた使い勝手ですね。
あと、このフォルダが開くトランジションが背景画像が切れる感じで開くので、かっこいいです!

マルチタスク

マルチタスクはデフォルトで動作しているようです。
ホームボタンをダブルタップ(2回連続押し)すると、下部に裏で動作しているアプリの一覧、つまりタスクバーが表示されます。
ここでアイコンを選んで再びアプリに戻ると、写真アプリなど対応しているアプリでは、前回表示画面がそのまま表示されます。
私が作っていますFrameCameraですが、未対応のため前回動作状態から、というわけにはなりませんが、特に問題なく動作しています。

スクリーン回転ロック

ホームボタン2回押しで出てくるタスクバーは左側にもフリックでスクロールすることが出来、そこにはiPodの設定と、スクリーン回転ロックボタンがあります。
スクリーン回転ロックボタンは、それを押してロックすることでiPhoneの回転機能がロックされるので、寝転がりながらいろいろアプリを見ているときなどは便利です。
アプリ側で個別に設定するのも良いですが、設定できないものあったりしますし、これなら全てのアプリに対して一括でロックすることができます。

ちなみに、開発者視点で見ると、これは端末回転イベントを発生しないようにしているだけのようで、回転センサーそのものには普通にアクセス出来ます。
FrameCameraでは端末の回転を検知して、保存時の画像の方向を決めているのですが、回転ロックさせても、その方向が正しく検知されていることを確認しました。

写真アプリもアップデートされている

写真アプリでは撮影位置で写真を選べるようになっていました。

写真を見ている時に、その写真の撮影時間とかの情報も見たかったのですが、そういう機能は未実装で、別アプリで対応するしか無いようです。

辞書

「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書を編集…」を選ぶことで日本語変換辞書に追加で単語を登録することが出来ます。

これは超便利!!
iPhoneでメールを書くことはあまりしなかったのですが、これがあればさくさく入力できそうです!
ちなみに、読みのところにアルファベットを入力してもそれは認識されませんでした。ちょっと残念。

顔文字入力!!

メモとか操作していて気づいたのが、キーボードに顔文字ボタンが付いたこと!

そのボタンがあるということは、今まではどうなってたっけ?と考えてみると、そこは小文字とか濁点、半濁点に変換するボタンがある場所です。
ですがこのボタンは、文字の未入力状態では意味が無いので、その状態の時に顔文字入力ボタンとなっているようです。
この考え抜かれたユーザビリティ!
思わず「うぁー」と唸ってしまいました。

Bluetoothキーボード対応!

とうとうBluetoothキーボードに対応したようです!
私は持っていないので試せていないのですが、これがあれば、Palm Vx+外付けキーボードのような使い勝手になるに違いない!
何か購入したいですね。Apple純正か、他のメーカーか。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

定価:¥ 6,994

Amazon価格:¥ 11,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-10-31


リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJ Ver.2.1(Bluetooth HID、JIS配列) RBK-2100BTJ

リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJ Ver.2.1(Bluetooth HID、JIS配列) RBK-2100BTJ

中古価格: ¥ 3,480 より

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2008-07-18


マイクロソフト ブルートゥース キーボード Bluetooth Mobile Keyboard 6000 CXD-00021

マイクロソフト ブルートゥース キーボード Bluetooth Mobile Keyboard 6000 CXD-00021

定価:¥ 10,152

Amazon価格:¥ 14,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-10-16



↑Microsoftも捨てがたい!

まだまだいろいろ新しいところが多いiOS 4、ゆっくり楽しみたいと思います。


[AD]

↓もうすぐ夏!夏はiPhone持ってあちこち行きたくなりますがそういうときにこういう防水ケースがあると安心ですね。タッチもできるようです!

↓ こないだ見つけて飲んだら美味しかった!Amazonで飲み物も買えるのはいいかも!

キリン 世界のKitchenから ソルティ・ライム 500ml×24本

キリン 世界のKitchenから ソルティ・ライム 500ml×24本

定価:¥ 3,703

カテゴリ:食品&飲料

発売日:2010-04-13


FrameCamera 1.2 発売しました

0
Filed under FrameCamera, iPhone, iPhoneアプリ
Tagged as , ,

iPhone用カメラアプリ「FrameCamera」FrameCameraの3回目のリリースとなるバージョ ン1.2を申請していましたが、昨日リリースされました。

twitter投稿対応!

1.2では、制作者である自分が欲しかった機 能、twitterへの投稿に対応しました!
投稿のためには設定画面でtwitterアカウントを取得する必要があります。
設定画面の下 部に追加されたアカウント項目を設定します。

また、twitterへの投稿は「保存画像の確認画面」から行うの で、その上部にある「保存画像の確認表示」も「オン」にしておきます。
これで準備は整いました。
撮影後、表示される画面はつぎのようにな るので「Post to Twitter」ボタンを押すとコメント入力欄が表示されます。
twitterへは、ここで入力されたコメントの他にも twitpicへのリンクと #FrameCamera というハッシュタグが追加されます。ハッシュタグは設定画面でon/offを切り替えられます。

買っていただけてる方は是非twitterへの投稿機能をお試しください!

説明動画も更新

操作デモの動画も更新しましたので、ご覧下さい!

twitterへの投稿も説明しています。

iMovieとGarageBandでの動画作成メモ

0
Filed under FrameCamera, Mac
Tagged as , , , ,

FrameCameraFrameCamera (http://www.FrameCamera.com/) の操作デモを作ろうと思い立ち、トライしてみたら、3時間程度でYouTube にアップするところまで出来ました!
ある程度わかっているともうちょっと早くできるかもしれないと思うので、次回の作業のための踏み台メモです。

完成動画

こちらが完成した動画です。

以下では、この動画制作をざっくりと説明していき ます。

やりたかったのは、MacBook ProにFirewireで接続したDVカメラから直でMacに取り込んで、それをiMovieで編集し、BGMはGarageBandで付ける、とい うことでした。
この作業で学んだ最も重要なポイントは、「まずiMovieで編集したあと、GarageBandから読み込み、最後の出力を行う」ということ。
私はFinalCut Proとか、Premiereとか使った経験で「最後の編集は動画編集ソフトで行う」という前提が頭にあったため、ここにハマってしまいました。
とにかく「iMovie→GarageBand→出力」という流れを意識しておけば特に問題ないと思います。

iMovieで記録する

まずは撮影です。
YouTubeに書きだすのが目的なのでわざわざテープに保存とかしません。直接Macに保存します。
「ファイル」メニュー の「カメラから読み込む」を選び、記録します。
私はここで、iMoveでDVカメラ接続に手間取ってしまいました。
なかなか認識されなく て問題が分からず困ってしまいましたが、「システムプロファイラ」というのが「ユーティリティ」フォルダ内にあるので、それでFirewire接続されて いるかどうかを確認したら、しばらく待っていたらiMovieに出てくると思います。
1度くらいiMoveを再起動していると出てくるかもしれま せん。
ちなみに、昔から使っているFirewireケーブルは最近のMacにはつながらなかったので、変換コネクタを用意しておきました。

GeSPEC FireWire800-400 変換アダプタ GS-FW84W

GeSPEC FireWire800-400 変換アダプタ GS-FW84W

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-08-04


ざっくり編集

今回は操作デモをつくるので、変種そのものはあまり凝りません。
テンポ感を重視して、ざくざく切って、ぺたぺた繋げていきました。
その上からテロップを載せて編集は完了です。
テロップは「ウィンドウ」メニューから「タ イトル」を選び、タイトルパネルを表示させ、そこからプロジェクト上にドロップして設定します。継続時間を適当に設定し、文字なども調整します。
iMovie の基本的な使い方については、「Mac Fan iMovie ’09 マスターブック」という書籍を参考にしました。

Mac Fan iMovie '09 マスターブック (Mac Fan BOOKS)

著者/訳者:TART DESIGN

出版社:毎日コミュニケーションズ( 2009-05-30 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 160 ページ )

ISBN-10 : 4839932212

ISBN-13 : 9784839932213


BGMを用意する

次 にBGMを作ります。
GarageBandの基本機能でつくりますが、どうもインストール時にほとんどの音源をインストールしていなかったらし く、どの音源も要インストール状態になっていました。
制作時は、とにかく短時間でアップしてみたい、と考えていたので、追加インストールも面倒に なり、初期設定の音源をランダムで楽器変更し、トラック別にタイミングをずらしたりループ回数を増やしたりしただけで、完成、としました。
これで もそれなりの音楽ができてしまうのがGarageBandのすごいところ。
なんとなくは作れても、それでも一度本とかに目を通して、きちんとすべての操作をマスターしておいたほうが良さそう、とは思いました。

Mac Fan GarageBand '09マスターブック (Mac Fan BOOKS)

著者/訳者:木村 公彦

出版社:毎日コミュニケーションズ( 2009-04-28 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 264 ページ )

ISBN-10 : 4839932247

ISBN-13 : 9784839932244


動画とBGMのミックス

最初に書いた通り、まずiMovieから出力します。
iMovieの「共有」メニューから「メディアブラウザ」を開 き、適当なサイズで出力します。
このとき出力先とか指定するダイアログが出てきませんが、iMovieのプロジェクトフォルダ内に出力されます。
次 にGarageBandのビデオトラックに先程の動画を取り込みます
GarageBandの右下にあるボタンから「メディアブラウザ」を開きま す。
iMovieのプロジェクトも見えると思いますが、その中に先程出力した動画があるので、それをトラックに追加します。

これで動画の長さを確認しつつ最後のBGMの調整を行います。
GarageBandからのミックスしたものの出力ですが「共 有」メニューから「ムービーからディスクに書き出し」を選び、「最高」品質で書きだします。
これでとりあえずMac上ではBGMと動画がミックス されたmovファイルが生成されます。

YouTubeにアップする前に

ここまででうまくいったと思いきや、最後にちょっとハマったのが、この動画ではYouTube上で見たときに、GarageBandでつけたBGMが無くなっている現象。
movファイルってデータはルー ズな結合をしていることがあったなぁ(BGMは参照としてのみつながっていることがある)、と思い出し、QuickTime Player Xで開いて、m4v形式で書き出したものをアップしたら問題なくなりました!

iMovieもGarageBandももうちょっと機能を勉強しておけば印象がぐっと良くなることがありそうですが、ここは少しずつ勉強と経験を積み重ねていくしかありませんね。

でもまぁ、短時間でここまでのものが公開できるソフトが標準で入っているっていうのはやっぱりMacBook すごい!と言わざるを得ません。

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

定価:¥ 138,651

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-06-10



[AD]

↓この本ならiMovieとGarageBandの連携が書かれていそうですね。

iLife '09 Perfect Manual

著者/訳者:村上 弘子 白瀧 由裕 井村 克也

出版社:ソーテック社( 2009-04-18 )

定価:

単行本 ( 319 ページ )

ISBN-10 : 4881666827

ISBN-13 : 9784881666821


↓しかしXactiとか安いですね!これならもっと頻繁に動画撮るかも!(持っているのは10年くらい前のminiDVカメラなんで…)

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti ザクティ DMX-CG11 ホワイト DMX-CG11(W)

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti ザクティ DMX-CG11 ホワイト DMX-CG11(W)

定価:¥ 30,651

カテゴリ:Camera

発売日:2009-09-11


FrameCamera 1.1 発売しました

0
Filed under FrameCamera, iPhone, iPhoneアプリ
Tagged as , ,

iPhone用カメラアプリ「FrameCameraFrameCamera」の2回目のリリースとなるバージョン1.1をリリースしました。
大きな機能強化となるバージョンアップで、基本的な使い勝手を向上しました。

フレーム画像保存機能追加!

まず一番大きな変更点は、アプリ再起動後に前回の状態に復元するようにしたこ とです。
今までは読み込んだフレームはアプリを終了させると、次回起動時にはなくなっていましたが、1.1では、一度読み込んだフレーム画像はア プリ内に最大5枚保存しておけるようにしました。
5枚以上保存すると、一番古いものから消えていく、という仕様は前回と変わりません。
これで、誕生日に”Happy Birthday!”フレームを毎回読み込み直す必要はなくなりました!

設定画面追加!

2番目の変更点は、「設定画面」を追加です。

左下の[i]ボタンを押したあと、「アバウト画面」か「各種設定」か選べるようにし、「各種設定」を押すことで設定画面を開けます。
この設定画面では、アプリ内に読み込んだ画像の一括削除もできるようになっています。

その他の追加機能

その他の追加機能は下記の通りです。

  • 起動時のTipsの非表示設定ができるようになりました。
  • 撮影後の確認画面の非表示設定ができる ようになりました。
  • アプリ内の基本フレームを8枚にし、追加フレームを最大5枚まで読み込めるようにしました。
  • 撮影時の画像サイズを変更できるようにしました。

特に「画像サイズ」設定は、撮影した画像をメールで添付したいときに便利ですし、小さく設定しておけば保存時間が若干短くなると思います。

是非遊んでみてください!

今後、機能追加時に値段を上げることを考えていますが、今のところお値段は据え置き230円です!
公式ライブラリにフレームも追加しています。

是非アプリを購入し遊んでみてください!FrameCamera


[AD]

↓こういうのを使うとまたさらに違った写真が撮れそう!

↓iPhone用USBコネクタ。ケーブル巻き取り式なので重宝しそう。