Category Archives: iPadアプリ

iPadアプリのiOS9対応メモ

0
Filed under iOS SDK, iPadアプリ, トラブルシューティング
Tagged as

iPadアプリでもiOS9対応はいくつか問題というか、対応が迫られるようです。

ERROR ITMS-90474

私の場合、既存アプリを再submitして出てきたエラーは次のようなものでした。
ITMS90474-error
ERROR ITMS-90474: "Invalid Bundle. iPad Multitasking support requires these orientations: 'UIInterfaceOrientationPortrait, UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown, UIInterfaceOrientationLandscapeLeft, UIInterfaceOrientationLandscapeRight'.
要は、「このアプリはPortrait方向にしか対応していないけど、iPad Multitaskingに対応するためには、全方向に対応しろ」ということですね。
まぁ、このアプリの場合、ある程度問題なく動くようにはしていたので、プロジェクト設定を下記のように全方向にチェックを入れることで対応はできました。
ITMS90474-xcode
(もちろん画面を回転させてもある程度動作することをは確認しておく必要はあります)
もしくは、この設定画面の下にある「Requires full screen」にチェックを入れることでも対応可能なようですが、この場合は、iOS9からの新機能のiPad multitaskingに対応できなくなります。
この辺りは下記Qiita記事にまとまっています。
・iOS – iPad Multitaskingに対応したメモ – Qiita

iOS9対応、あっちもこっとも、大変ですね。。

iPhone用の.xibファイルをiPad用にする

0
Filed under iOS SDK, iPadアプリ, Xcode
Tagged as , , ,

ある程度制作したりリリースしたiPhone専用アプリをiPad用でも使えるようにしたいことがあります。
iPhone専用アプリでもiPad上で拡大してくれるのですが、やっぱり専用にリソースを作ったり、UIを変更したいという、つまりUniversalアプリ化したいというとき、ソースコードで生成しているUIはそれなりに対応も出来るのですが、XIBファイルはどのようにすればいいのでしょうか?

今回は、XIBを変更するの手順を下記に書きました。ちょっと面倒ですが、手順を覚えてしまえば迷わずできます。

XIBの複製

まず、xibをコピーします。
[File]メニューから[Duplicate]を選び、XXX~ipad.xib の用に命名します。

【命名の話】

このxibの名前の付け方ですが、適当な名前にし、自分で呼び出す部分も変更することももちろん出来るのですが、“~ipad”とつけると、Xcodeが自動的にiPad用に呼び出してくれます

内部の定義を修正

ファイル◯◯エリアで複製したXXX~ipad.xibを、右クリックし、[Open As]>[Source Code] でテキストとして開きます。

(普通に開くとInterface Builderで開くところを内部のXMLを直接編集できるようになります)
この中身を、下記のように書き換えます。

1. typeの変更

ファイル上部に有る archiveノード の type属性 を、
“com.apple.InterfaceBuilder3.CocoaTouch.XIB”
から、
“com.apple.InterfaceBuilder3.CocoaTouch.iPad.XIB”
と置換
します。

2. framework名の変更

ファイル内にある全ての
“IBCocoaTouchFramework”
を、
“IBIPadFramework”.
と置換
します。
“⌘⌥F”で開くパネルで一括置換しましょう。

画面サイズの修正

最後に、画面サイズがiPhone用になっているものを、iPad用に変更します。
ファイル◯◯エリアでXXX-iPad.xibを、右クリックし、[Open As]>[Interface Builder – iOS] で開きます。

一番外側のViewを選び、画面右側の”Attribute inspector”で、一番上にある”Simulated Metrics”の”Size”を、“iPad Full Screen” にします。
以上で、XIBのiPad化は完了です。

おまけ1:UITableViewの背景色が適用されないとき

UITableViewをGroupedで使用したとき、背景色が適用されない問題が発生しました。
この場合、下記のように、backgroundViewをnilにします。

1
[menuList setBackgroundView:nil];

(注意:これはiOS3.2以降で設定できるパラメータです)

おまけ2:initWithNibName:の場合の変更手順

上記で書いた、xibを『自分で呼び出す部分も変更する』コードというのは下記のようになります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
if(UI_USER_INTERFACE_IDIOM() == UIUserInterfaceIdiomPhone){
  xxxViewController = [[XxxViewController alloc]
    initWithNibName:@"XxxViewController"
    bundle:nil];
}
else{
  xxxViewController = [[XxxViewController alloc]
    initWithNibName:@"XxxViewController-iPad"
    bundle:nil];
}

(このように書いている場所を探して全て変えるのは面倒ですよね。上記手順で書いたように、”~ipad”とリネームすれば、この分岐コードは必要無いわけです!)

参考情報ソース


[AD]

↓iOS SDKのリファレンスを Kindle Paperwhiteに入れたくてたまらない。。

Kindle Paperwhite Wi-Fi (第5世代)

Kindle Paperwhite Wi-Fi (第5世代)

定価:¥ 7,980

カテゴリ:エレクトロニクス

発売日:2012-11-19


↓あ!これこないだ買った!良書だなーと、思っていたんだけど、Kindleで出ていた!!こっちにすべきだった…。そうすれば、iPadでも読めたのに…。

iOS5プログラミングブック

iOS5プログラミングブック

カテゴリ:Kindle版

発売日:2012-08-23


Su-Penと7notesでiPadを激変させる!

0
Filed under iPadアプリ, 仕事ツール
Tagged as , , , , ,

先日のiPad活用研究会で教えてもらった最強スタイラスペン、Su-Penの新型が23日に発売されると聞いていたので、昨日の昼頃にamazonで見てみたらまだあったので注文しました。

iPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS (旧モデル)

iPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS (旧モデル)

定価:¥ 2,980

カテゴリ:エレクトロニクス



早速翌日送られてきました!早かった!
今回はそのレポートです。

Su-Pen

先日触らせてもらった感覚は間違いなく、やはり実際に素晴らしい書き心地でした!
重さのバランスもいいですねー。
ある程度の文量を書いてみましたが、疲れません。

Bamboo PaperでSu-Pen

最近のお気に入りのアプリは「Bamboo Paper」です。
もともとなめらかな書き味が良いと思っていたのですが、Su-Penを使ってみたら指よりずいぶん書きやすくなりました。
Bamboo Paper – ノート 1.5(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
現在の価格: 無料(サイズ: 15.9 MB)
リリース日: 2011/06/16

ss1 ss2
他のペイントアプリでは、やっぱりアプリごとの癖があり、Su-Penを持ってしても書きにくいものがありました。
その中でもこのBamboo PaperはさすがWacom!と思わせる出来で、抜群の書き心地です!

7notes

Su-Penの開発者はもともと手書きアプリを作っていて、そのためにこのペンを作ったらしいのですが、それは「7notes for iPad」というアプリです。
これ、知ってはいたけど、いくつかの手書き認識アプリを使わなくなっていたので敢えて購入していませんでした。
Su-Penの書き心地でかなり満足したので、この機会に購入してみました。
7notes for iPad 3.0.2(¥800)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: ¥800(サイズ: 39.3 MB)
リリース日: 2011/02/03

ss1 ss2
これ、想像していたよりずっと上を行っていました!
なんという認識力!
ひらがなで書いて、それをそのまま漢字に変換してくれるのがこんなに楽だなんて!
他のアプリでは「やっぱりiPadって文字入力には向かないよねー」と、今までは思っていなかったのですが、Su-Pen+7notes for iPadの組み合わせでちょっと考え方が変わりました。
かなりの長文を入力できます!

実はこのブログエントリは、全て7notesで下書きしました

7notesのいいところ

7notesで実現しているマルチカラムの仕組みは、本当にすばらしい
実は以前ノートアプリについて考えていたことがあります。
そのときやはりマルチカラムによって使い勝手は上がるだろうと予想していました。
この7notesほどのすばらしい仕組みではありませんでしたが。

開発者:MetaMoji

7notesと、Su-Penの開発元は、元JustSystem 代表の浮川氏がつくった会社MetaMoji
MetaMoJi-jp(メタモジ)
すばらしい会社です!
そして、7notesも、Su-Penも、未体験の人には超オススメ!合わせて4,000円弱でiPadライフは激変するのですから。


[AD]

↓Su-Penの先端のみでも売っています。替芯という意味でも使えますし、自分のペンホルダーもSu-Pen化します!

↓MetaMojiの浮川氏とチームATOKの著書。面白そう!

デジタル時代の日本語ドリル―日本語がケータイやキーボードで書ける理由 (地球ライフ・ライブラリー―TECHNOLOGY)

著者/訳者:浮川 和宣

出版社:TOKYO FM出版( 2001-06 )

定価:

Amazon価格:¥ 15,879

単行本 ( 190 ページ )

ISBN-10 : 4887450540

ISBN-13 : 9784887450547


iDraw: Hello VECTOR (again)

1
Filed under iPadアプリ, Mac, 仕事ツール
Tagged as , , , , ,

ベクターファイルフォーマットのSVGを編集しようと探し、見つけたアプリ iDrawについてのエントリです。

iDraw:SVGを編集

Macでベクターイラスト系アプリといえば、Adobe IllustratorかInkscape、という認識だったのですが、illustratorは高価なので、とりあえず却下。
で、Inkscapeは、Xウィンドウプログラムをポートした形そのままで、Gimp同様いまいちダサく感じてしまい、使い続けられる気がしない。去年、ちょっと試していたりするんですけどね(ブログ参照)
そこで、今回 Mac App Storeで探してみて発見したのがiDraw。結論言っちゃうと、これ最高ッス!!!
iDraw - Indeeo, Inc.(←Mac App Storeへのリンク)

基本機能は網羅!

私はある程度Adobe Illustratorは使えるのですが、その感覚でスッと使い始められたのが感動!
2,200円と安くはない値段ですが、これならOKです!!
ベジェ曲線のポインタも自由にいじれるし、レイヤーあるし、パスの合成もあるし、ショートカットキーもillustratorに似せられているし。まぁ、ここまでができていたら合格かな、と思っていたので十分満足。
エフェクトは揃っていませんが、レイヤーの色合成はいろいろ揃っているのと、ドロップシャドーだけはあり、もちろん、パスを変更するとそれに柔軟に追随してくれるので、あまり問題にならないかな。
それ以上にいろいろ驚いたのは、ブラシモード。残念ながらペンタブレットの筆圧には対応してなかったけど、描いたラインはパスになっているからあとで微調整も可能。
Shape Libraryとかあるのは超便利で、しかもiPhoneとかのテンプレートもある!

そして、極めつけは今回やりたかった、SVG取り込みと、SVG書き出し。
本当に満足できて、超オススメのアプリです!
ちなみに、iPad版のiDrawもあるようで、それも試してみたいー。
iDraw - Indeeo, Inc.(←App Storeへのリンク)

無い機能=欲しい機能

  • パス(コントロールポイント)の最適化
  • 他のオブジェクトの位置にスナップ
  • コントロールポイント表示の大きさカスタマイズ(ちょっと大きく感じることがある)
  • ツールパネル、レイヤーパネルも他のコントロールパネルみたいにフロート式にして欲しい

[AD]

↓iPad用で評判がいいスタイラス、Jot。欲しいなぁ。

↓ベクターデータ的イラストーレション集。カッコイイ。

ベクターイラストレーションToday

出版社:グラフィック社( 2011-11-07 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 296 ページ )

ISBN-10 : 4766122879

ISBN-13 : 9784766122879


↓Adobeのセットを購入、というのが最高の選択肢なんだけど、お金的に難しいことも多い。

Adobe Creative Suite 5.5 Design Standard Macintosh版 (旧製品)

Adobe Creative Suite 5.5 Design Standard Macintosh版 (旧製品)

定価:¥ 204,120

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2011-05-20