Category Archives: facebook

Hello New Year! Goodbye FarmVille.

0
Filed under facebook, games
Tagged as , , ,

あけましておめでとうございます!
去年の秋からいろいろ考えていることがありまして、今年はもっと自分の時間をコントロールしていくために、FarmVilleをやめることにしました。

Level 96

いきなりやめるよりも、自分の中に区切りを作ったほうがいいかなと思い、レベルが100に到達するか、2011年末でやめようと考えていました。
結局レベルは96までしかいきませんでしたが、2011年が終わりましたので、ここで一旦FarmVilleを終了します。Neighborとなってくれた方々ありがとうございました。

2 years

最初にプレイしたのが2009年の年末なので、トータルで2年チョットやっていたことになります。

この2年の間にzyngaもウノウを買収したり、2011年末にはIPOしたり、といろいろと変化があったりしましたが、当時見てたFacebookアプリのアクティビティ調査サイトもサイト名が変わっていたりしました。


このサイトを見ると、2012年1月2日でMAUが33,900,000と、アクティビティが2年前の半分位になっていますが、それでも大きなサービスであることは間違い無いですね。
zyngaはランキングでFarmVilleよりも上にある、CastleVilleやCityVille等も継続してリリースしているのがやっぱり数とスピードの強さですね。体裁を考えて練って練って数年に1本というリリースペースを行なっている企業とは違います。
IPO後、価格が微妙に下がっていますが、まぁ、期待値が高すぎたというのはあると思うので、一旦下がった後はそれほど下がることもないのではないでしょうか。

0 doller

リアルマネーを使うことでサクサクと農作物をつくることが出来る仕組みなのですが、私は結局リアルマネーは全く使わなかった。
レア作物は入手出来なかったけど、それ以外は大抵地道に進めることで対応できたし。
FarmVilleはバランスがいいのかもしれない。

2 points

そのバランスの良さについてもいろいろ考えてみたいとは思っていましたが、あまりうまくまとめることも出来なさそうなので、気になる2点だけピックアップしておきたいと思います。
一番重要だと思ったのが、ソーシャルゲームと呼ばれるものでだいたい入っているのですが、次のプレイ時間を考える仕組み。FarmVilleで言うと農作物が出来上がり、収穫可能になる時間。さらに言うと、放っておいたときに枯れるまでの時間。このゲームの面白さ、継続性とかはいろいろ考えるべき所があるとは思いますが、やっぱりこれが一番重要じゃないでしょうか。
あと、UIの使い勝手の悪さ、レスポンスの悪さは、あえてあのような出来にしているのかもしれない。という仮説を考えていたのですが、これはちょっとあまり考えが煮詰まりませんでした。ただ、苦労した感じを与える、というのはゲーム性、継続性に必要な要素かもしれない、と思っています。
この2点は同様のサービスを作っていく人は考えておくべきでしょう。

4 farms

現在、FarmVilleでは、4つの地域で農場を作ることができるようになっています。
まさかこういう展開でゲーム性の確保をするとは思いませんでしたが、MMOとかでもよくある新シナリオだと思えば納得のシステム。数年は持ちそうですね。
一番面白いのは、日本で普通に英語を勉強していたらなかなか出会えない言葉が多いこと。農作物、植物系の単語に偏った知識が増えていきます。
最後に現在の農場の様子をスクリーンショットを載せてFVとお別れしたいと思います。

Read More »

「マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術」読了

0
Filed under facebook,
Tagged as ,

ちょっと気になっていた本なので買って見ました。サクサク読めた。

マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術

著者/訳者:桑原 晃弥

出版社:SBクリエイティブ( 2011-07-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,028

新書 ( 192 ページ )

ISBN-10 : 4797365501

ISBN-13 : 9784797365504


タイトルには違和感

まず、本書のタイトルですが、本当にタイトルのような内容を期待して買う人はいないと思うのです。
「術」という言葉をWiktionaryで調べてみると下記のような説明です。

意義
 わざ。

やっぱりこの勘は当たっていて、書かれているのは「仕事術」というより「仕事観」
Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグはどういう物の見方をしているのか?Facebook創設〜成長の過程でどういう判断をしているのか?が書かれています。

対象読者:30歳以上

読んでいて思ったのは、本書の対象読者は30歳以上だな、ということ。
センセーショナルに書かれている見出しを丸呑みして信じて行動すれば9割失敗するだろう、ということが多い。
もしくは、ザッカーバーグのようにひとりでガツガツ作っていく人なら10代、20代でも読んで熱くなるのもいいかもしれない。
読者自身の中に、ある程度の試行錯誤と、ある程度の信念みたいなものがあり、それを踏まえた上でないと、同僚からしたら相当仕事しにくい人間になるでしょう。

ザッカーバーグは相当優秀

本書を読んでいて知ったのは、基本的に相当優秀な頭の持ち主だということ。ハーバード大中卒なのだから、当たり前なのだけど。
そして、ハーバード大に入っていた、ということがかなりのメリットをもたらしている事がわかる。周りの人の頭の良さなども、やっぱり本人には影響が大きんだろうなぁ。

映画「ソーシャル・ネットワーク」は見たのだが、結構脚色と言うか事実に沿ってないことがあるらしい。
ザッカーバーグ本人に取材して書かれたという「フェイスブック 若き天才の野望」を読んでみたくなった。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

著者/訳者:デビッド・カークパトリック

出版社:日経BP社( 2011-01-13 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

ペーパーバック ( 544 ページ )

ISBN-10 : 4822248372

ISBN-13 : 9784822248376


シェリル・サンドバーグ

facebookの現在の広告システムは、Googleから移籍したシェリル・サンドバーグ(現COO)が作ったらしい。
この人とか、この辺りの流れとか、仕組みとかもちょっと調べてみたい。
と思ってググったらTED(2010年末のTEDWomen)に出ていた!↓

今日のエントリとは話が変わるがこのTED talkは面白かった。
Google, Facebookと最先端企業で成果を出し続けている女性が小さい子供を二人抱えているというのは、世に働く女性に大きな支えとなるでしょう。

無料より優れたもの

ところで最後にひとつだけ気になった、そして今自分が考えていることにとても示唆を与えてくれた言葉を引用したいと思います。
残念ながら、ザッカーバーグの言葉ではなく、雑誌「Wired」の創業者ケビン・ケリーの言葉です。

ケビン・ケリーは「ネットではいくらでも情報が無料コピーされていく。どう金を稼ぐんだ」と自問し、「コピーできないものを売るしかない。それは信頼だ」と自答した。(p.100)

ちなみに、原文の日本語訳はこちらのブログ(「無料より優れたもの」: 七左衛門のメモ帳)にありました。「信頼」だけではなく「無料より優れたもの」として8つ提示しています。
長文ですがビジネスを考える人にとってとても重要なことが書かれていますね。
ちなみに、ケビン・ケリーもTEDで話していました。2007年12月。

ザッカーバーグの仕事術

もし、本書のタイトルの通り、ザッカーバーグの仕事術が書かれているのなら、それはそれで読んでみたいですね!
とくに、プログラミングとか、ソース管理とか、リソース管理とか、開発現場レベルでの意見があるだろうし、それは是非聞いてみたい!


[AD]

↓映画「ソーシャル・ネットワーク」のBlu-ray。現実とはちょっと違っていてもそのスピード感はおもしろい。

【Amazon.co.jp 限定】ソーシャル・ネットワーク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント( 2011-05-25 )

定価: ( 中古価格 ¥ 1,080 より )

時間:120 分

2 枚組 ( Blu-ray )


↓「にんげんがっき」の在庫が復活している!

にんげんがっき

にんげんがっき

定価:¥ 3,456

Amazon価格:¥ 2,980

カテゴリ:おもちゃ&ホビー

発売日:2011-06-30


↓お!これは、シンプルにイライラしそうで面白そう!!ヽ(´ー`)ノ

超撥水GAME aqua drop カワラ

超撥水GAME aqua drop カワラ

定価:¥ 1,620

Amazon価格:¥ 980

カテゴリ:おもちゃ&ホビー

発売日:2008-07-19


facebookの良さに気づいた話

0
Filed under facebook
Tagged as

俺は何をやっていたのか、2年間

facebook、アカウントを取得してから2年位たつのですが、「zyngaのゲームプラットフォーム」、もしくは、「世界で一番メジャーな出会い系SNS」くらいの認識しかありませんでした。
正直、「これで世界で一番ユーザーが多いサービスなのかー」とか、「mixi+twitterでもいいじゃん」とか、「ほら、Google+も出てきたよ」とかそういう認識レベルでした。
ですが!最近分かりました!facebookの爆発的ヒットの秘密が!!
そう、グループ機能です!
これ、全く使ってなかったんです。
知っている人にしたら「え!?それでfacebook使ってるなんて言えないよ!」と怒られることは重々承知。
不勉強でした、と、ひたすら低姿勢をつらぬく所存でございます。
「グループ機能」、その名前から、周りにネットアクティブな人がいて、その人と情報を共有したいという感じがないと使わない機能だと思いでしまっていると思います。
しかし今後「facebookを使ってみたいだけどねー…」という人に会ったら、これからは必ず言うでしょう「facebookは、グループ機能だよ!まず、これを使ってみて!」と。

そして今なら断言できます。
「ページ」でもなく「アプリ」でもなく「いいね!」でもなく、もちろん「実名登録が一般的だから」でもなく、「facebookで最も重要な機能はこの『グループ機能』である」と。

グループを作る

グループを作るのは簡単!
ホーム画面の左側にある『グループを作成』ボタンをクリック!
出てくるダイアログでグループ名、参加者を入れて、『作成』ボタンを押せばいいのだが、ちょっとまった!
そこにある『プライバシー』設定に注意してください。
デフォルトで「非公開」になっていますが、この設定では内容は非参加者が見ることは出来ませんが、そのグループの存在を知ることは可能です。
そのグループの存在すらすべての友人に知られたくない場合(仕事で使うケースなど)は、ここを『秘密』にします。そうすれば、非参加者はそのグループの存在に気づくことはありません。

グループ内で活動!

グループ内で使える機能は、ざっくりリスト化すると以下のとおり。

  • 掲示板(普通のシェアと同じ感じ)
  • グループ内でのチャット
  • イベント作成
  • 写真アルバム
  • ドキュメント(簡易的な物)

もちろん掲示板がメインになるのですが、便利なのはチャット。
グループ内のメンバーが同時にチャット出来ます。
こういうのありそうでなかなか無いから本当に便利です。
ドキュメント機能の完成度はまだ低いが、今後ジワリジワリと発展していくこと期待しています。

アプリも万端

そして、iPhone、Androidアプリも用意されているので、モバイル環境でもその掲示板やチャットも追えます。

これが個人的にはトドメの機能で、やっぱり、いつでもグループ内の掲示板が見れるのは本当に便利。
しかもアプリとしてUIが整っているのでウェブブラウザで見るより断然見やすいです。

Facebook 3.4.3
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 App
更新: 2011/06/29

iPhoneiPhone
Androidアプリはこちら↓

Android Market badge


iOSアプリはiPhone専用デザインで、iPadの画面に対応していないのが残念です。ここは是非ユニバーサルアプリ化して欲しいですね!

mixiもGoogle+も分かっちゃいない

何故こんな重要な機能がフォロアーであるmixiにもGoogle+にも実装されないのか?
mixi愛好家は言うかもしれない、「日記の公開範囲をグループに指定できるヨ」と。
Google+信者は言うかもしれない、「サークルでしょ!?」と。
いやいやいやいや、ぜんぜん違うのです!
相手も同じグループ設定を認識しながら書き込める機能は、mixiのグループともGoogle+のサークルとも違う。むしろその二つはほとんど同じ機能ですが。
ザッカーバーグ曰く「それらには対称性が無い」ということです。(参考サイト
何故これを追従しないのでしょうか!?
本当にフォロアーサービスはfacebookを研究しているのか?と、ちょっと鼻息荒くなってしまいました。

グループ機能の使い方

アイディアとしては、これを家族とかでグループを作るのもいいかもしれないなぁ。
離れている親戚が夏休みに集まるための予定調整とか、その後の写真交換とか。
あー、よく出来てるわ、facebook。


[AD]

↓最近増えたソーシャルサイトに連携するサイトを作る人とかにはこういう書籍が良さそうですね。

Twitter・Facebook・YouTube・Ustream── ”ソーシャル”なサイト構築のためのWeb API コーディング

出版社:エムディエヌコーポレーション( 2011-04-22 )

定価:

単行本 ( 176 ページ )

ISBN-10 : 4844361937

ISBN-13 : 9784844361930


↓今月末にザッカーバーグの仕事術本が出るらしい!

マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術

著者/訳者:桑原 晃弥

出版社:SBクリエイティブ( 2011-07-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,028

新書 ( 192 ページ )

ISBN-10 : 4797365501

ISBN-13 : 9784797365504


どうぶつしょうぎとFarmVille

3
Filed under facebook, games, iPhoneアプリ, Toy
Tagged as , ,

どうぶつしょうぎ @ 115円

どうぶつしょうぎ、このゲームの存在自体は知っていましたが、先日、tattyu氏にiPadを見せてもらったときに、iPhoneアプリ版が発売されていることを教えてもらいました。
確か去年末に本屋さんで見かけて、iPhoneアプリに向いているよなぁ、と思っていましたが、その場で遊んでみて楽しかったので後でiPhoneで購入してみた次第です。

超シンプルなので、将棋が苦手な私でも数手先まで読める!
数手読めると、ここまで面白いのか!と「読む」こと自体の面白さを体験できるのがこのゲームの肝ですね。

詰め将棋的なおもしろさをいきなり味わえ、良くできているゲームデザインです。
娘が大きくなったら、ちょっと教えてみたい。

アプリへの今後の要望

ただ、CPU対戦か、2Pか、ということしか出来ないので、どうぶつしょうぎの駒とルールで詰め将棋モードもあるとより楽しめそう。今後のバージョンアップに期待しています!

どうぶつしょうぎ (Let's catch the Lion!) ボードゲーム

どうぶつしょうぎ (Let's catch the Lion!) ボードゲーム

定価:¥ 1,543

Amazon価格:¥ 4,800

カテゴリ:おもちゃ&ホビー

発売日:2009-09-05


将棋アプリもいろいろあるようですが、柿木将棋は割と評判も良いようです。CPUとの対戦がメインのアプリですが、ユーザー同士の対戦ももちろん出来ます!
どうぶつしょうぎで将棋そのものに興味が出てきたら、こういうアプリにステップアップしてみたいですね。

FarmVille by Zynga @ 0円

Facebookのモンスターアプリ、FarmVilleのiPhoneアプリクライアントです。
データは Facebookのものを使うので、Facebookのアカウント登録が必要です。

作物が腐ってしまう前に収穫したい!という感じの時には良いと思いますが、畑を拡大しすぎたのか、フィールドが広くなった今は重くてダメです。

ちなみにPCのブラウザでも重いです。これはzyngaのサーバが重いのか、Flashの限界なのか、実装が下手くそなのか分かりませんが。
あと、アイテムの”Can of Fuel”が使えなかったり、正直、ちょっとこれは厳しい。
ちなみにFacebookアプリの方の体感速度の改善はどの程度真剣に行っているのだろうか。本当に最近は重すぎてあまりFarmVilleはやらなくなりました。画像データとかローカルにキャッシュをうまく置けばロード処理がかなり改善すると思うのだけどなぁ。
iPhoneアプリ版も操作感は割といいけど、起動するまでのロードが遅すぎる。モバイルアプリとしては致命的。


[AD]

↓iPhone用ゲーム開発のための書籍。評価が良いので読んでみたい。

iPhoneゲーム開発ワークショップ

著者/訳者:PJ Cabrera

出版社:翔泳社( 2009-11-28 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,585

大型本 ( 272 ページ )

ISBN-10 : 4798121010

ISBN-13 : 9784798121017


↓最近発売されたFlash本。

Flash&ActionScript3.0 プロが教える“本当の使い方”

著者/訳者:MdN編集部 編

出版社:エムディエヌコーポレーション( 2010-05-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 4844361163

ISBN-13 : 9784844361169


↓ LEGO duploシリーズのFarmアイテム。

LEGO DUPLO: Farm (Lego Ville)

著者/訳者:DK Publishing

出版社:DK Children( 2009-04-20 )

定価:¥ 481

Amazon価格:¥ 11,232

ペーパーバック ( 20 ページ )

ISBN-10 : 0756651611

ISBN-13 : 9780756651619