Author Archives: yamada

Unity 2017.1 と Vuforia 6.2.10 の相性問題メモ

0
Filed under Unity
Tagged as ,

Unity 2017.1 conflicts Vuforia 6.2.10

Unity 2017.1 と、Vuforia 6.2.10 の組合せでMacでEditorで動かすとメモリ関係のエラーが出てクラッシュする問題が発生。

https://developer.vuforia.com/forum/unity/unity-201710f3-issue-checkdisalowallocation
によると、「Vuforiaチームは、Unity 2017.2のネイティブ統合対応に忙しいから対応出来ない」という話!!

で、「Vuforia 6.2.10は、Unity 5.6とか5.5で動かしてくれ」という公式回答!。。

Vuforiaは、古いSDKを公開していないし。。それしかないのかー。。

一度Unity 2017.1で作り始めてしまったから、、結構面倒。

戻すとバグが発生する

ちなみに、2017.1で作ったものを5.6.1で開いてみて進めてみると、複数のImage Targetを同時にうまく認識しない問題が発生しました。。いろいろいじってみても問題が多いので、結局5.6.1でゼロから作り直しました!!
これから同様の問題に当たったら、諦めて作り直しが方が良いですよ。というアドバイスメモ。

macOS El Capitanとcocoapods

0
Filed under iOS SDK, iPhoneアプリ, Mac

cocoapodsを再インストール

macOS El Capitanではルートに直接インストールできなくなったので、下記のような手順で、/usr/local/ 以下にインストールする必要があります。

$ sudo gem uninstall cocoapods // アンインストール.
$ sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods // ディレクトリを指定してインストール.
$ pod --version // 動作、バージョン確認.

macOS SierraのSSH-ADD問題対策メモ

0
Filed under Mac, トラブルシューティング
Tagged as , ,

macOS Sierra (10.12.x)にしてから特に問題ないと思ってたけど、SSHを覚えてくれない問題があったので、問題の背景と対応をまとめておきます。

ssh-addの基本

何か作業する場合、ssh認証する度に毎回パスフレーズを入力するのは大変です。
そこで、ターミナルでssh認証する際に秘密鍵を使う場合、次のように入力してパスフレーズを入れておくと、そのターミナルを閉じるまではその鍵が有効になります。

$ ssh-add /path/to/id_rsa

これまで

Mac OS X 10.11.xまでは、その「ターミナルを開く度にssh-addする」作業を簡略化するために、次のようにしてキーチェーンに登録しておくことが出来ました。

$ ssh-add -K /path/to/id_rsa

“-K”オプションです。

Sierraから

ところが、macOS 10.12.x 、通称Sierraからは、この”-K”オプションをやってもキーチェーンに登録できなくなりました。
対策は、次のように、~/.ssh/config を設定すると解決出来ました。

IdentityFile ~/.ssh/first_id_rsa
IdentityFile ~/.ssh/second_id_rsa
IdentityFile ~/.ssh/another_id_rsa
AddKeysToAgent yes

Unityで6面スカイボックスの継ぎ目が見える問題への対応方法

Filed under Unity
Tagged as ,

Unityであまり使ってなかった「6面のスカイボックス (Skybox/6 sided)」を使っているのですが、その継ぎ目が見えてしまう問題が出ていました。
調べたら簡単に対応できたので、対応方法をメモしておきます。

テクスチャの設定を直すだけ

スカイボックスに使っているテクスチャのWrap modeをClampにする。
これだけで解決しました!

unity skybox texture wrap mode clamp

下記URLが参考になりました。
・Custom Skybox Seams – Unity Answers