iPhone 6と6 Plusは全然違う!(開発者視点で)

Filed under iOS SDK, iPhone
Tagged as ,

iPhone 6、6 Plus の解像度と、デザインの話。
当初、ざっくり調べた感じで、だいたい、iPhone5と同じアスペクト比だから特に問題ないかな?と軽く考えていたのですが、実際は、ちょっと様子が違うようです。。
しかも、6とPlusの間で!

PaintCodeブログより

PaintCodeというアプリのブログによると、iPhone 6と、iPhone 6 Plusの間には大きな差があるようです!

http://www.paintcodeapp.com/news/iphone-6-screens-demystified
iPhone 6と6 Plus

iPhone 6は、スケールファクタがx2のまま画面サイズが大きくなったのですが、iPhone 6 Plusは、スケールファクタがx3でレンダリングし、実際のデバイスサイズに縮小しているようです。。
要は、iPhone 6 Plusは、ドットバイドットで画像を指定することが不可能なのです!
まぁ、6 Plusは、Appleデバイスで最大密度の解像度なのでそれはわからないであろう、というか、ドットバイドットで画像を用意する時代じゃないんだよ、ということかな。。。(SVGを使うべきかな、という気もしてくる)

まとめ

まとめると次のようになる。

iPhone 5 では、320×568にレイアウトし、スケールファクタはx2。
iPhone 6 では、375×667にレイアウトし、スケールファクタはx2。
iPhone 6 Plus では、414×736にレイアウトし、スケールファクタはx3、デバイスレンダリング時に縮小処理がかかる。

テストにも使えるよう、今回は端末を購入するのですが、開発のことを考えると、iPhone 6 Plusなんだけど、、実際に持つには大きそうだなー、と悩みが復活。。

とりあえず、iPhone 6かiPhone 6 PlusサイズのiPod touchが出て欲しい。

プロトタイピング実践ガイド スマホアプリの効率的なデザイン手法

著者/訳者:深津 貴之 荻野 博章

出版社:インプレス( 2014-07-11 )

定価:¥ 2,970

Amazon価格:¥ 2,970

単行本(ソフトカバー) ( 240 ページ )

ISBN-10 : 484433624X

ISBN-13 : 9784844336242



UIKit徹底解説 iOSユーザーインターフェイスの開発

著者/訳者:西方 夏子

出版社:インプレスジャパン( 2014-06-13 )

定価:¥ 4,104

Amazon価格:¥ 4,104

単行本(ソフトカバー) ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4844336088

ISBN-13 : 9784844336082




PaintCodeは超オススメアプリ!→

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)