Goを試してみた

Filed under プログラミング言語
Tagged as , ,

ちょっとした時間ができたので、前から気になっていたGo言語を試してみました。
まずは、インストール。
golang.jp – プログラミング言語Goの情報サイト
ここに、日本語情報があるけど若干が古いので、英語のオリジナルサイトの方を参考にしました。
The Go Programming Language
インストーラは下記ページからダウンロード出来ます。
Downloads – The Go Programming Language
Mac OS X用の「go1.3.darwin-amd64-osx10.8.pkg」をダウンロードしました。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストーラが起動するのでそのままインストールできます。

go gopher(←Goのマスコットで go gopherというらしい)

バージョンを確認してみる

インストール後はターミナルで作業できるようになりますので、まずはバージョンを確認してみます。

$ which go
/usr/local/go/bin/go
$ go version
go version go1.3 darwin/amd64

最初のビルド

次に、適当なエディタ(私の場合Sublime Text)で下記のようなソースを書いてみました。実行は、go runでできます。

$ subl main.go
$ cat main.go
// main.go
package main
 
import "fmt"
 
func main(){
	fmt.Printf("hello, world\nGO言語!\n")
}
$ go run main.o
hello, world
GO言語!

文法もそんなに変なクセはなさそうなので、パッケージの内容を覚えれば大丈夫そうですね。

もうちょっと

ついでに、関数とループを試してみました。

// second.go
package main
import "fmt"
 
func myCalc( a int, b int ) int{
	return a+b
}
 
var myVar = 1200
 
func main(){
	fmt.Println("いろいろやってみる!")
	for i:=0; i<10; i++ {
		fmt.Println( "計算:", myCalc(myVar,i) )
	}
}

上記コードを実行すると次のようになります。

$ go run second.go 
いろいろやってみる!
計算: 1200
計算: 1201
計算: 1202
計算: 1203
計算: 1204
計算: 1205
計算: 1206
計算: 1207
計算: 1208
計算: 1209

ビルドしてみる

あと、goの特徴の一つがコンパイルできる言語でもある、ということも試したかったので、コンパイルしてみました。
go runの代わりに、go buildを行うだけで実行ファイルが生成されます。

$ ls	// ビルド前
main.go
 
$ go build main.go	// ビルド
 
$ ls	// ビルド後
main		main.go
 
$ main	// 実行
hello, world
GO言語!

とりあえず今日のところはここまで。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)