Swiftに注目すべきたった一つの理由

Filed under iOS SDK, Swift
Tagged as , , , ,

先日のWWDC14のキーノートの最後にSwiftが発表され、iOSアプリ開発のコミュニティは騒然としたまま10日が過ぎました。
Swift
Appleが即日で公式ドキュメントや開発環境(Xcode6beta)を提供したこともあり、ある人は早速勉強会を企画し、ある人はgithubにプロジェクトをアップし、またある人は2048をコピーし、発表されたのが先週頭とは思えないほど、既に世の中にはSwiftの情報があふれています!

飛びつくべき新言語なのか?

さて、そのSwiftですが、オフィシャル情報を見て、文法がモダンで普通に便利そうなのは分かります。
しかし、Objective-Cに置き換わる可能性はあるのか?
置き換わらないとしても、限りある学習コストを使ってまで習得すべき言語なのか?
ある程度経験のあるエンジニアなら強く感じる疑問かもしれません。
私も、基本的にあまり無駄に言語は習得すべきではない(出来ない)と考えているくらいで、Swiftを学習することについてはかなり懐疑的でした。

しかし、ある一つの情報を知り、かなりの確度でSwiftがiOS/Macアプリ開発においては主流になりうると考えるようになりました。

Chris Lattner

その情報とは、Swiftの「制作者」です。
Swiftの制作者 Chris Lattner は、WWDC14のキーノートでSwiftの説明をしたその人なのですが、実は、今ではXcodeの標準コンパイラ基盤となっているLLVMを設計した人なのです!
Chris Lattner
ウェブで公開されている情報によると、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でComputer ScienceのPh.D取得後、Apple Inc.のXcode/Instrumentsのプロジェクトに入ったのが2005年。
そんなChris Lattnerが、2010年から作り始めた言語がSwiftなのです!
私たちからするとSwiftは「突然出てきた新言語」なのですが、その背景を知ると「満を持して出てきた新言語」なのです。

最強の組み合わせ

LLVMには、様々な言語から一旦中間言語にする過程があリます。
ここをうまく活かして、Rubyを使ったRubyMotion, C#を使ったXamarinなどが出てきています。
もちろん、Swiftもここに乗っかるわけですが、SwiftはCocoa/Cocoa touchに特化して作られてきている言語です。しかもその基盤となるLLVMを誰よりも知っている作者が携わっているのです!
このような理由で、当面無視はできないし、iOS8以降を対応としたアプリならSwiftで書くくらいの興味は持ち続けておきたいと考えています。

情報源/ポッドキャスト

ところで、Swiftの作者であるChris Lattnerについては、Rebuild.fmの第46回「Worldwide Stockholm Syndrome (naan, hak)」で知りました。
Rebuild.fmは、最近聴いているポッドキャストの中でもテック系として、自分より高い視点だったり、サーバサイドの話が聞けるので、気に入っています。
ポッドキャスト繋がりで言うと、backspace.fmの第27回「モダシン総帥が語るWWDC2014の感想とスティーブジョブズについて」もWWDC14で発表された内容について言及されています。ゲストがモダシンさんで、iOS/Mac OS Xの融合が進んだことについてかなり面白い話が聞けます。そうか、そういうことか、と。

実は最近、自分もポッドキャストやりたい、とか考えていて、誰か一緒にやらないかなーー。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)