iOSアプリのドキュメントはOmniGraffleで解決!

Filed under Mac, 仕事ツール
Tagged as , , ,

先日、たまたま発見したのですが、XcodeのプロジェクトファイルをOmniGraffleで開くことが出来ます!
OmniGraffle
実は、たまたまファイルとアプリの関連付けがおかしく、意図せず開いてしまったので、開いている最中、なんでこんな関連付けになってしまったんだろー。と不思議に思っていました。

クラス図!

ですが、開いて驚いたのですが、OmniGraffleはxcodeprojファイルを開く機能をきちんと備えており、なんと、クラス図を作ってくれるのです!
OmniGraffle opens Xcode Project
もちろん、OmniGraffleのオブジェクトとして配置されているので、すべてを自由に編集可能です。
クラスの派生構造を階層構造として保持しているので、OmniGraffleの自由レイアウト機能にも対応しています!

使い道

使い道ですが、複雑化したプロジェクトのクラス構成を一覧するにはとても良いと思います。
もちろん、クラス図として使わなくても、画面遷移のメモを作るのとかにも下地としてあると便利ですよね。
※今どきドキュメントなんて書かない!という人もいるかと思いますが、個人的にはエンジニアだろうが作図くらいサクッと出来てあたりまえだと考えています。

OmniGraffle最新版でも!

ちなみに、私の環境は、OmniGraffle Pro 5.4.4です。
アップグレードでも$99.99する上に、特段困っていないので、バージョンを上げていませんが、最新版は6.xとなります。
OmniGraffle6のマニュアルは英語ですが、iBooksで無料で取得出来ます。

このマニュアルで調べた所、Pro版だけですが、どうやら問題なく使えるようで、Xcodeプロジェクトや.pbproj、.framework、さらには.nibファイルも開けるようです!

OmniGraffle、ヤバい!

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)