Unityでアプリ内HTMLを表示:unity-easywebview

Filed under Unity
Tagged as , , , ,

先月Githubに公開していたUnityのiOS向けウェブ表示ライブラリ unity-easywebview ですが、ブログにコメントを頂きました。

「こちらのライブラリで、リソースにhtmlファイルを置いてそれを参照することはできるのでしょうか?」という質問に対し、「リソース内のhtmlファイルも表示できるはず」などと書きましたが、現状ではできませんでしたので、機能を追加しました。
以下はその使い方となります。

Unityのアセット内にファイルを追加

アプリ内にHTML(と関連ファイル)を含める方法ですが、【Unityでは /Assets/StreamingAssets/というディレクトリ内にあるファイルはそのままiOSのアプリから使えるようにバンドルされる】という仕組みを使います。
ということで、表示したいHTMLを /Assets/StreamingAssets/ 以下に配置します。
githubに上げているサンプルプロジェクトでは次のようになっています。
unity-easywebview bundle 1

呼び出しコードを変更

元々の機能の復習となりますが、unity-easywebviewを使い、インターネットのHTMLを呼ぶコードは次のようになります。

1
2
// Set AD : 320x50
EasyWebview.AddWebRect("http://www.torques.jp/banner/bannerTorquesPics.html", 0, 200, 320, 50, "Banner0");

今回追加した機能で、/Assets/StreamingAssets/myhtml/mybanner.html を読み込むコードとは次のようになります。

1
2
// Set AD : 320x50 from Bundle.
EasyWebview.AddBundleWebRect("myhtml", "mybanner", "html", 0, 200, 320, 50, "Banner0");

これで表示されました!
↓(画面中央に表示されているのがアプリ内HTMLです)
unity-easywebview bundle 2


[AD]

↓チュートリアルをいろいろやるのが上達への近道かな。

Unity 4マスターブック―3Dゲームエンジンを使いこなす

著者/訳者:和泉 信生

出版社:カットシステム( 2013-03 )

定価:¥ 3,240

Amazon価格:¥ 3,240

単行本 ( 326 ページ )

ISBN-10 : 4877832742

ISBN-13 : 9784877832742


↓バンダイナムコ現役開発者によるUnity本!

ゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

著者/訳者:加藤 政樹

出版社:SBクリエイティブ( 2013-02-28 )

定価:¥ 3,888

Amazon価格:¥ 3,888

単行本 ( 460 ページ )

ISBN-10 : 4797370084

ISBN-13 : 9784797370089


5 Comments

  1. yousuke haruguchi より:

    こんちは 
    スゴい簡単に内部のhtmlアドが表示できました。
    スゴい便利な使いやすいプラグインありがとうございます。

  2. yamada より:

    お役に立てたようで嬉しいです!

  3. Secimo より:

    こんにちは。

    一点問題が発生しておりまして、unity-easywebviewページ内に
    function OnGUI() 指示でApplication.LoadLevel(“Hogepage”)
    を設置し、他のページに移動すると「webview」の表示部分が、移動したページ内に残ってしまいます。
    別ページに移動する際、「webview」の削除など回避する方法はございますでしょうか?

    何卒よろしくお願いいたします。

  4. njm_t より:

    こんにちは。
    質問なのですが、easywebviewで表示した「A.html」から「B.html」にリンクを張ると、ブラウザ起動して「B.html」が表示される訳ですが、これをブラウザ起動させずにeasywebview内だけで「A.html」から「B.html」に移動させる方法はありませんでしょうか?

    何卒よろしくお願いいたします。

  5. yamada より:

    njm_tさん、
    可能です。
    UIBannerWebView.mの、
    if ( inType == UIWebViewNavigationTypeLinkClicked ){
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:[inRequest URL]];
    return NO;
    }
    の部分をコメントアウト(削除)すると大丈夫だと思います。
    そのうち、時間が取れましたら、githubに公開しているライブラリにも該当機能を追加したいと思います。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)