Objective-Cで一番簡単なプロパティ設定(w/ ARC)

Filed under Objective-C
Tagged as , ,

なんか、最近のObjective-Cでは、次のような宣言で使えるようなので、まとめておきます。

ARCで楽々プロパティ!

iOS 5以降で、ARCを使っている前提ですが、次のようなコードでプロパティ宣言出来て、問題なく動作するのです。

1
2
3
4
5
6
7
8
// Foo.h
#import <UIKit/UIKit.h>
@interface Foo : NSObject
 
// 外部から見えるように、ヘッダーに宣言.
@property	NSDictionary* dicInfo;
 
@end

これだけで使えるようなのです!
実装側には何も記述する必要はなく、使用する場合には(実装側(Foo.m)で使う場合にも) self.dicInfo としアクセスします。

これはObjective-C 2.0の仕様なのかな。
それともARCの恩恵?
よく分からなくなってきたけど、2013年、今はこれで出来ます!

retainとか、なんだとかもう書かなくていいんですよ!
ソー、シンプぅ!!

敢えて内部用変数名を定義する

「内部では、直接アクセスしたいよー」という時には、
実装側(Foo.m)で下記のように記述します。

1
2
3
4
5
6
@implementation Foo
 
@synthesize dicInfo=_dicInfo;
 
// ..
@end

上記のように記述しておけば、実装側(Foo.m)内では、 _dicInfo でアクセスできます。
でもねー、もう、あんまりメリットないし、これはやらなくてもいいかな。

ハードルが下がった!

初心者向けとかだったら、このブログのようにウダウダと説明するんじゃなくて、「ヘッダーで宣言(w/定義)すれば使える」と断言しても殆どの場合問題無いんじゃないかと。

ということで、
いつの間にか、かなりiOSアプリ制作のハードルが下がっている!!というお話でした。


[AD]

↓オープンソースライブラリが盛り沢山!とりあえず手元に1冊必須!

iOSオープンソースライブラリ徹底活用

著者/訳者:菊田 剛

出版社:秀和システム( 2012-12-17 )

定価:

単行本 ( 259 ページ )

ISBN-10 : 4798036277

ISBN-13 : 9784798036274


↓Unityやるならこの一冊!実際に購入し、読みました。良書です!

Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~

著者/訳者:高橋 啓治郎

出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2011-10-01 )

定価:

大型本 ( 332 ページ )

ISBN-10 : 4797365331

ISBN-13 : 9784797365337


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)