Converseen:大量の画像をリサイズ、変換するツール

Filed under Windows, 仕事ツール
Tagged as ,

「大量のTIFFをPNGに変換しつつ、ある決まったサイズに変換したい」と思ってツールを探しまた。
今回は作業環境がWindows 7なので、と、見つけたのがConverseenというアプリ。

Windowsでも、Linuxでも

オープンソースアプリで、GUIにQtを使っており、WindowsのみならずLinux用のバイナリも配布されています。
ダウンロードページにいろいろありますが、Windows用にはきちんとインストーラ形式で配布されているので、特に困ることはないでしょう。
converseen installer

簡単!

インターフェイスは英語ですが、特に困ることはないでしょう。
「Open Images」で画像ファイルを選ぶと、右のリストに画像が追加されます。
リストにあるもののうち、チェックが入っているファイルが処理対象となるわけですが「Check All」で全部にチェックを入れてみましょう。
右下にある「Convert To」プルダウンで、書き出したい画像フォーマットを選びます。
書き出し先は、デフォルトで左側にあるAction Panel内に、フォルダを指定する項目がありますので、そこで設定します。
これで上部にある「Convert」を押せば、一括で変換できます。
簡単!

「Remove images」「Remove All」とあるのは「リストからの削除」で、実際にファイルが削除されるわけではありません。
Action Panelの設定で、”Mantain aspect ratio”(スペルミスw)にチェックを入れておくと、任意の画像サイズに収まるように縦横比率を保ったままリサイズしてくれるのは超便利です!
Windows7でしか試していないのですが、ファイル名が日本語でも特に問題ありませんでした。

PNGのcompression設定

PNGは可逆圧縮フォーマットなのですが、その出来上がりファイルサイズと変換時間のトレードオフを設定するのが、このcompression設定です。

0(ファイルサイズ:大、変換時間:短)


100(ファイルサイズ:小、変換時間:長)

と言っても、変換スピードは速いので、相当大量で大きなサイズでない限り、100でよさそうな気がします。

不満点

フォルダ内にあるファイルをがっつりと変換してくれるのは助かりますが、フォルダ選択で再帰的にサブフォルダを辿って変換、とかはしてくれないのが唯一の不満点。


[AD]

↓そろそろ年賀状デザイン。早すぎる?

懐かしくて新しい レトロモダン素材集 (京のたくみ )

著者/訳者:成願 義夫

出版社:技術評論社( 2011-09-09 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,678

単行本(ソフトカバー) ( 128 ページ )

ISBN-10 : 4774148105

ISBN-13 : 9784774148106


↓Class10の32GBのSDカードがこの値段!安い!(ってか他のところで買って失敗したorz..)

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

Amazonベーシック SDHCカード 32GB class10

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2011-11-08


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)