Steve Jobs

Filed under iPhone, Mac
Tagged as ,

ちょっと、仕事を始める前に、と、トップニュースを見た後、頭が回らなくなった。
で、気持ちの整理と、頭の整理のためにブログを書くことにしました。
とりとめのないものになるとは思いますが、今日のブログエントリは、自分の区切りとしてのエントリです。
申し訳ないですが、今日は、1時間くらい仕事開始が遅れそうです。

Steve Jobs 1955-2011

そのニュースとは、スティーブ・ジョブズ逝去。
Let’s talk iPhoneというイベントで新CEOのティム・クックのステージが終わった、その翌日にあたる。
新CEOの仕事ぶりに安心できたのでしょうか。
体調不良をコントロールしながらの仕事ももちろん素晴らしいのですが、CEOをきちんと委譲できたのも素晴らしい仕事の一つですね。

Apple.comのトップページにシンプルな、そしてジョブズらしい写真と画像が表示されています。
このページ自体が、なんかいろいろと考えさせられて、最高の墓標なんじゃないかな、と思ったり。
と、こういうことを書きつつも、なかなか頭が回りません。
そうだ、自分とアップルの関わりはじめから思い出してみよう。

バイト先で

初めてMacに出会ったのは、大学2年のときはじめたDTP関連のバイト先です。
Macintosh LC630とかだったかな。IIsiとかもあったような。

モニタもモノクロのものとカラーのものが入り交じっていて、Illustratorも3.1とかで作業していたような気がします。
しかし、その当時大学で進められて買っていた(でもほとんど使っていなかった)DOS機とは雲泥の違いを既に感じていました。
いや、初めて触ったときに「えー!なんですかこれ!すごい!」とか口にしたような気もする。
当時、いろいろ教えてもらったリキタケさんとか、元気だろうか。彼のガジェットに対する熱さも自分のルーツの一つですね。

初アップル製品

で、その影響で、その後自分の初Mac(初Apple製品)を買うことになります。
Performa6210だったかそういう型番の。

買った日付は覚えていないけど、調べれば出てきます。
だって、あれはWindows95の発売日だったから!
大手電気店で人の流れに逆に歩いていたのを覚えています。
その後、いろいろなアプリを使って遊んだり、当時始まったばかりのインターネットサービスに繋げたりしていましたね。ピーヒャラヒャラヒャラガーって、モデム鳴らしながら。
そして、なけなしの金をはたいてCodeWarrior買って、友達にプログラムを教えてもらったりしました。まぁ、挫折するんですが。。C言語の基本すらわかってない自分に、Pascal由来のライブラリやToolboxは難しすぎた!今みたいにインターネットに情報とか無いし。いい思い出です。

Color Classicとデザイン

その後、大学で進む研究室を決めるために、いろいろな研究室の説明を聞きに回っていたある研究室でのこと。談話室みたいなところのテーブルの上においてあった「それ」に自分は目が釘付けになりました。
「え!なにこれ!もしかして、PCなの?っていうか、この色はもしかしてMacなんですか?」
と、一緒にいた友人らは次のところに歩いて行ってしまったが、自分は誰かにその物体について聞いていました。
それがColor Classicです。

当時既に古いものとなっていたはずのそれがここまでの存在感を持って迫ってくる。
「デザイン」という概念が心に突き刺さりました。
ここまでのデザインはこれには必要無いはず、でも、その机にチョコンと乗って、しかも動作していて、その佇まいに「未来」を感じました。

PC遍歴、趣味遍歴

Performaの後、何台かMacを買ったと思うけど、ちょっと思い出せない。
しばらく、Macから離れ、仕事でWindowsを使うこともあり、vaioやLet’s noteも買ったりします。
アルミのPowerbook G4を買って、Mac OS Xを使ったときに感動しました。Unix系列のCUIと、それまでMacintoshが培ってきたGUIが本当に素晴らしく一つになっていて、仕事にも使える!と毎日持って通勤していました。

他にも、Illustratorにハマったり、フォントにハマったり、あらゆるデジタルガジェットに興味を持ったり、3DCG、CGプログラム、動画編集、と本当にあれこれ刺激を受けまくった20代。Macが無かったらここまではまっていなかったのは間違いありません。

素晴らしい製品群

初めてMacを触った日から、いろいろとジョブズやアップルの話は雑誌やウェブでフォローしていました。
特にジョブズのアップル復帰後、iMacを出してきた辺りから、いろいろなことが神がかっているように見えてきました。
常に、未来に行って持って帰ってきたような製品を出す。
アップルがiPod、iPhoneと新製品を出す度に周りの製品がどんどん愚鈍なものに見えてくる。
本当に素晴らしいデザインを出し続けてくれました。
こんな素晴らしい製品が出てくるのを待ちわびていられるなんて、幸せでした。
そして、今、私はアップルが作ったスマートフォン市場からお金をいただいて生きています。
ありがとう、ジョブズ。
RIP

まとまらない

結局、チョットやそっと書いたからといって何かまとまったかといえば、特にまとまらない。
ただ、ニュースによって舞い上がった埃が静かにまた地面にもどった、というくらいの効果はあった。

もしジョブズに会えたら、一つ言いたいことがあった。
「iPodっていうネーミングはすごい秀逸だと思っている」。それだけだけど。

アップルのサイト、トップのジョブズの画像をクリックすると、次のようなページにジャンプします。

http://www.apple.com/stevejobs/
想い出、弔辞、などあればメールしてくれ、というもの。
rememberingsteve@apple.com
このアドレス、ジョブズのiPhoneに届きそうな気がする。


[AD]

↓もうすぐ発売されるジョブズの伝記。これは買います。

スティーブ・ジョブズ I

著者/訳者:ウォルター・アイザックソン

出版社:講談社( 2011-10-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 564

ハードカバー ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4062171260

ISBN-13 : 9784062171267



スティーブ・ジョブズ II

著者/訳者:ウォルター・アイザックソン

出版社:講談社( 2011-11-02 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,380

ハードカバー ( 431 ページ )

ISBN-10 : 4062171279

ISBN-13 : 9784062171274


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)