Monthly Archives: 11月 2009

iPhoneアプリで読む「決弾」

0
Filed under iPhone,
Tagged as ,

決弾

小飼弾氏のiPhoneアプリ版「決弾」Ketsudan by Dan Kogaiを購入し、読み終えました。
書籍としての内容ではなく電子リーダーとしての出来が気になって購入したので、そこについてのメモです。
IMG_0837

付箋機能がない

まず、付箋機能が欲しかった。
アプリを一度閉じた後、再び開いたときに、前回のページからスタートするのは良いのだが、それでも好きなページにいつでも戻れる付箋機能は欲しかった。小説と違ってこういう本は特に後で読み返したいことが多いので残念。
スクリーンショットで事足りるかと言えば、それはやっぱり違う気がする。

回転機能

ヘッダー部分のツールを左にフリックすると現れるメニュー内には本体の向きに応じてコンテンツが回転するという機能のボタンがあるのだが、私の環境では動作しなかった。結果的に自分には必要なかったが、動作するはずのオプションボタンが動作しないのは気持ちよくない。

typoは直るのか?

p.262の1行目「面白いもので、1度でも何からの〜」は、「面白いもので、1度でも何らかの〜」のtypoっぽい(もしくは「何かからの〜」?)。
こういうtypoって、アプリ形式であるから、もしかしたらアップデートされたりするのかな?
なんか、全ての電子書籍がいつの間にかアップデートされていったら、それはそれで1984!

検索機能も無し

無い機能で言えば、検索機能も見当たらなかったが、それはリファレンス系の本でない限り必要ないので、個人的にはなくても問題ないと思う。

読みやすいページ構成

と、ここまで気になったことを書いて来たが、15文字×14行という比較的さくさく読める文字サイズと行間はiPhone用電子リーダーとしてデファクトスタンダードにしてもいいかと思うほど読みやすかった
あと、フォントや文字サイズのデザインもきちんとしていて良かった。
IMG_0836

ちなみに、「雑学大全」雑学大全SELECT100というアプリの無料版も試してみたことがあるのだが、これは行間が詰まっており、1行も17文字あり、非常に読みにくい。
文字がメインのコンテンツはせめて読みやすい行数と文字数に調整してほしいですね。
その際にどういう文字詰めが分からない場合、この「決断」アプリを参考にすることを薦めます。

安い!

amazonで単行本を買うと1,500円だが、AppStoreで同アプリを買うと350円。

決弾 最適解を見つける思考の技術

著者/訳者:小飼 弾 山路 達也

出版社:アスペクト( 2009-03-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,836

単行本 ( 200 ページ )

ISBN-10 : 4757216564

ISBN-13 : 9784757216563



物理的に印刷費用がかからないから安いということは分かっていても、この価格差はすごいと思わざるを得ない。


[AD]

↓こちらは「空気本」と呼ばれる小飼氏の著作。

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)

著者/訳者:小飼 弾

出版社:イースト・プレス( 2009-10-22 )

定価:¥ 1,543

Amazon価格:¥ 1,543

単行本(ソフトカバー) ( 216 ページ )

ISBN-10 : 478160238X

ISBN-13 : 9784781602387


↓「決弾」の巻末で紹介されていた本のうちの1冊。

マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方 (新潮新書)

著者/訳者:トム佐藤

出版社:新潮社( 2009-01 )

定価:

新書 ( 254 ページ )

ISBN-10 : 4106102986

ISBN-13 : 9784106102981


生まれてから30万時間

0
Filed under JavaScript
Tagged as , ,

300 thousands hours old.

「JSTバーチャル科学館|life meter 私の時間、めぐる世界」というサイトで、自分が生まれてからの経過時間が出てきた。すると、あと1日くらいで自分が生まれてからちょうど30万時間であることが分かった。
とても切りがいいのだが、今日なのか明日のなのか?また、時間はいつぐらいなのか?をもうちょっと具体的にいつなのかを知りたくなり、JavaScriptで計算できるページを作ってみました。

TORQUES - TIME PASSED
技術的にすごいわけでもなんでもなく、どこかに計算できる何かがあればいいなぁー、とか思って作ってみただけです。

100万時間なら

30万時間とかよりも、100万時間までいくと区切りいいなぁ、と思って計算してみたら、大体114歳なんですね!生きてみたいなー、100万時間。
英語で言うと、”1 Million hours old”!
インパクトありますよね。
“I am One Million Hours Old!”

1年間<1万時間

ちなみに、1年間は24*365日として8760時間、約9000時間、1万時間はない、と覚えておくと、何かのスケール感を計るときなどに簡易計算で使えるかもしれません。
(8760時間でも十分覚えやすい数字ですが。)


[AD]
↓時間がそろうミステリィ。そして、森博嗣好きになってしまう1冊。

すべてがFになる (講談社文庫)

著者/訳者:森 博嗣

出版社:講談社( 1998-12-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 853

文庫 ( 524 ページ )

ISBN-10 : 4062639246

ISBN-13 : 9784062639248


↓気になる時間の本。

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

著者/訳者:本川 達雄

出版社:中央公論社( 1992-08-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 734

新書 ( 230 ページ )

ISBN-10 : 4121010876

ISBN-13 : 9784121010872


exerbふたたび

1
Filed under Ruby, Windows
Tagged as , ,

何年かぶりにexerbを使ってみたら、使いやすかったので、その使い方をメモしておきます。

exerb(イグザーブ)とは

exerbとは、rubyスクリプトを、exe形式に書き出すプログラムです。
ちょっとしたテキストコンバートとか、テキスト処理ツールを作りスタッフに配布するにはとても便利です。

インストール

下記公式サイトから最新版のzipパッケージをダウンロードして適当な場所に展開します。

その後、展開したディレクトリに入り、以下のコマンドを実行したらインストールは完了です。
$ ruby setup.rb

exeを作る方法(1)

exerbでrbファイルからexeを作るには基本的にはレシピファイルと呼ばれるコンフィグファイルを作る必要があります。
しかし、exerb 4.0からは、特殊なライブラリを使っていなければ、レシピファイルを作らなくても書き出すことが出来るようです。
$ exerb doSomething.rb -> doSomething.exeが生成されます

exeを作る方法(2)

レシピファイル(.exy)を使う方法は次のようになります。
$ mkexy doSomething.rb -> doSomething.exyが生成されます
$ exerb doSomething.exy

レシピファイルはYAMLフォーマットなので、簡単にいじることが出来ます。
私はまだ必要に迫られてないので、レシピファイルをいじってないのですが、例えば、バージョン情報を設定できたり、リソースデータなどを読み込むことが出来るようです。
exerb、最高に便利!


[AD]

↓第1版を持っていますが、あまり頻繁にRubyに触らない人にこそお勧め。

Rubyレシピブック 第2版 268の技

著者/訳者:青木 峰郎 後藤 裕蔵 高橋 征義

出版社:ソフトバンク クリエイティブ( 2007-02-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 11,255

単行本 ( 480 ページ )

ISBN-10 : 4797340045

ISBN-13 : 9784797340044


↓amazonの評価は低いけど、個人的には悪くないと思う。

Linkers & Loaders

著者/訳者:JohnR. Levine

出版社:オーム社( 2001-09-01 )

定価:¥ 3,456

Amazon価格:¥ 3,456

単行本 ( 239 ページ )

ISBN-10 : 4274064379

ISBN-13 : 9784274064371


facebookのニュースフィード

1
Filed under facebook
Tagged as , ,

facebookアプリ

facebook、以前から登録そのものはしていたのですが、周りにアクティブに使っている人もいないことから自分もほとんど使っていませんでした。
しかし今年の8月から始まったmixiアプリがなかなか面白く、Socialゲームについて考えるようになってから、facebookにはもっといろいろなゲームがあると聞き、久しぶりにfacebookにログインし、とりあえず目についたものからアプリを試してみることにしました。
すると、同じくらいのタイミングで、昔は一緒に働いていた方も同じようにfacebookアプリでゲームをやっていました。そのこともモチベーションになり、今ではfacebookはゲームプラットフォームだと思うぐらいになっています。
というわけで、facebookで気になったゲームや仕組みについてメモエントリを残していくことにします。

facebookアプリ市場規模は、mixiアプリの10倍以上

mixiアプリでもっとも人気があるサンシャイン牧場のユーザー数は265万人(2009年11月12日現在:mixiアプリwatcher調べ)ですが、一方、facebookアプリでもっとも人気がある(ツールをのぞく)アプリはFarmVilleでは、1日のユニークユーザー数が2400万人(2009年11月12日現在:Facebook Application Leaderboard調べ)と、mixiアプリの約10倍の規模なのです。
facebookアプリをやらないにしても、mixiアプリを作ったりするためにも非常に参考になることが多いので、積極的にfacebookを使っていきたいと思います。
もし、facebookアプリを楽しみたいが、friendが少ないから、ということで困っている人がいましたら手伝いますので、是非friend申請してください。ゲームでFriendが多い方が便利だから、というだけでもOKです。botっぽくなければ(facebookにbotアカウントがあるかどうか知りませんが)、無条件でFriendになりますよ。

Facebook-profile

facebookのHome画面

facebookの基本画面「ホーム」の見方についてちょっとだけ説明しておきます。
Facebook-home
「ホーム」画面の真ん中にある一番大きなエリアがあります。私は、「ニュースフィード」と呼ばれるこのエリアがfacebookの肝である、と考えています。
いまなら自分の最新状況を公開するツールとしてtwitterとかあるのですが、このエリアはfacebookのtwitterタイムラインと思っても問題ありません。
自分に関する情報(友達の更新情報とか、アプリの情報など)がこのエリアでどんどん更新されます(iPhoneのfacebookアプリからも更新できます)。
Twitterと違うところは、facebookではfacebookアプリも積極的にこのエリアに自分が使っているところです。
mixiでいうところの、「ボイス」「アプリ更新情報」「最新日記情報」が全て一緒の枠内で表示されているのです。
facebookでもmixiのように、それぞれの更新情報を別々に見ることは出来るのですが、正直facebook方式のごちゃまぜ方式に慣れると、こちらの方が使いやすい。mixiでは、「あっち見て、こっち見て」という視線移動や画面スクロールを必要としますが、それがないからだと思います。
一つにまとめてしまえ!というおおざっぱ感がいい方向に出ているのですが、こういうのは、開発者が属する文化の違いですね。
最近、GREEがPC版のデザインを大きく変えて、それがtwitterに似ているといわれているのですが、あれはどちらかというとtwitterというよりも、facebookの方向性にシフトしたのだと思います。

正直、facebookアプリをやってからは、mixiアプリが出る前にもっといろいろやっておけば良かったとちょっと後悔しています。


[AD]

facebook完全活用本

著者/訳者:田中康英 フェイスブック研究会

出版社:青志社( 2010-06-23 )

定価:¥ 1,296

Amazon価格:¥ 1,296

単行本 ( 256 ページ )

ISBN-10 : 4903853934

ISBN-13 : 9784903853932


ソーシャルストリーム・ビジネス Twitter、Facebook、iPhone時代の消費者を巻き込むビジネスの新ルール

著者/訳者:株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ

出版社:インプレス( 2010-07-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,980

単行本(ソフトカバー) ( 288 ページ )

ISBN-10 : 4844328956

ISBN-13 : 9784844328957