FlashDevelopでUTF-8

Filed under Flash, FlashDevelop
Tagged as ,

UTF-8のファイルがうまく開けない

FlashDevelopでUTF-8のファイルがうまく開けないことがある。
実際には、BOMが無かったりするのが原因ではないのかと思います。
しかし、こういう場合「このファイルはUnicodeであることは間違いないんだよ!いちいち文字化けして面倒…。」と思うことが多いのではないでしょうか。(自分の場合、このパターンです)

解決策

FlashDevelopでは文字コードをうまく判別できなかった場合、通常のテキストファイル(8bit)として開いてしまうのが文字化けの原因。
うまく判別できなかったらUTF-8で開いて欲しい、という設定は以下のようにしてできます。
[Tools]→[Program Settings…]で開くダイアログの”Fallback CodePage”を”UTF-8″にします。
FlashDevelop_FallbacCodepage
Flash関係では文字を扱う場合UTF-8が基本だし、たいていの場合これで問題ないのではないでしょうか。

[AD]

Unicode標準入門

著者/訳者:トニー グラハム

出版社:翔泳社( 2001-05-30 )

定価:¥ 4,104

大型本 ( 455 ページ )

ISBN-10 : 4798100307

ISBN-13 : 9784798100302


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)